今日の試合速報

折りたたみ傘(晴雨兼用)プレゼントキャンペーン
折りたたみ傘(晴雨兼用)プレゼントキャンペーン

J’s GOALニュース

一覧へ

【J2:第11節 徳島 vs 京都】試合終了後の各選手コメント(11.05.08)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5月8日(日) 2011 J2リーグ戦 第11節
徳島 2 - 1 京都 (13:05/鳴門大塚/4,694人)
得点者:23' エリゼウ(徳島)、47' 久保裕也(京都)、64' 西嶋弘之(徳島)
スカパー!再放送 Ch185 5/9(月)前05:00〜
totoリーグ
----------


●島田裕介選手(徳島):
「シュートが少ないという課題がチームとしてあったので、立ち上がりからシュートを意識して打ってペースを握れたというところはあると思います。前からの守備も何回かハメることが出来ていたので、特に前半はいい感じで試合を進めることが出来たと思います。
失点後の京都は結構前に出てきたので、受けて立ってしまったのが逆にペースを取られた原因だと思います。ただ前半はゼロで抑えようと言っていたので、戦いながらそんなに悪い感じではなかったです。
後半すぐの失点は痛かったですけれど、流れの中でもセットプレーでもチャンスは作れていましたし、実際にいい時間帯に突き放すことができたので最後まで集中を維持したまま闘うことができました。
特に今季はセットプレーでチャンスを作れています。空中戦に強い選手が数人いるので、キッカーとしても蹴りやすいです」

●西嶋弘之選手(徳島):
「前節の失点場面でも全員集中していましたし声も出ていました。結果だけを見れば集中力の話になりますが、チームは勝つことに集中していました。今節も前節と変わらず集中してプレー出来ていましたが、どうしても悪いイメージが少し残っていたかもしれません。ハーフタイムに監督から『ネガティブなイメージは捨てよう。自信を持て。今日は絶対に大丈夫だ』と声を掛けられて一丸となりしっかりと勝利を目指して戦えたことがよかったのではないかと思います」

●三木隆司選手(徳島):
「多少風もあり、後半は押し込まれるかも知れないと思っていました。しかし立ち上がりすぐの失点は考えないといけませんね。
前節の失点も結果的にあの時間帯になってしまっただけで、特別に意識しているということはありません。メンバーも90分最後まで集中しなければいけないことは分かっていますし、局面でしっかりと対応できていると思います。失点場面の寄せは多少甘かったかもしれませんが、それ以外は決定的なピンチを迎えることなく送れていたと思います」


●中村太亮選手(京都):
「今季取り組んでいる攻撃の形とはそんなに変わりませんが、中盤の4枚がひし形ではなくワイドに張るように並ぶので、その位置にいる僕や逆サイドがもっと積極的に上がっていかなければいけなかったと思います。そこに起点ができると中央からの攻撃もしやすかったと思います。今日も何回もいい形は作れましたが、突破した後のパスの質を上げて得点につながるチャンスを作れるようにしたいです。あと、3バックの両サイドからもっとボールを引き出せるように、前の僕らが動かないといけませんでした」

以上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020Jリーグ年間総括レポートリ

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第13節
2021年5月9日(日)17:00 Kick off

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2021/05/07(金) 12:00 岡本選手のゴールはなぜオフサイドになったのか?【Jリーグジャッジリプレイ2021 #9-1】