今日の試合速報

FUJI XEROX SUPER CUP 2019 fxsc2019 FXSC 1月13日(日)10時〜 一般発売開始!!
FUJI XEROX SUPER CUP 2019 fxsc2019 FXSC 1月13日(日)10時〜 一般発売開始!!

J’s GOALニュース

一覧へ

【J1:第6節 F東京 vs 鳥栖】試合終了後の各選手コメント(14.04.06)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
●河野広貴選手(F東京)
「前半は蹴り合いになってしまったが、後半は2トップのサポートに行くことができた。ゴールの場面は、後ろに(平山)相太君が見えていたので、スルーしたら相太君もスルーした。さすがにエドゥーまでは見えていなかった。相太君はいつも必ずいてくれるので、打ちたい気持ちを我慢してスルーした。結果的に得点できて良かった。やっと監督のサッカーをみんながわかってきたと思う。今日もギリギリだったし、足がつっていた。誰が出ても力が出せるし、誰が次のスタメンかもわからない。メンバーが固定されていないから、結果を残せば使ってもらえる。だから、みんな必死。1試合1試合出し切っているし、練習から常に100%でやり続けている」

●平山相太選手(F東京)
「ケガをした後、初めての先発だった。緊張感を持ちつつ、戦う気持ちを大切にした。そういった気持ちを持ってプレーすれば、自然と相手を上回れる。結果よりも、調子の良い選手が今は出ている。普段とは違う一面を見せられたと思う。セットプレーの守備は自分の仕事だととらえている。得点は自分のところにボールがこぼれてきた。鳥栖もそうだが、ああいった場面では調子の良い選手のところに必ず来ると信じていた」

●米本拓司選手(F東京)
「こういう試合になると予想していた。見ている方はおもしろくなかったかもしれないけど、勝てて良かった。今日は(東)慶悟とヒデ(野澤英之)と僕でセカンドボールを拾おうと話していた。鳥栖の特長はそこまで出させなかったと思う。拾って攻撃にも繋げることができた。この2連勝は大きい。自分の100試合出場どうこうよりも、勝点3のほうが大切。もっともっとできるし、個人もそうだが、チームとしてももっと成熟できるはず」

●豊田陽平選手(鳥栖)
「(得点は)押し込むだけだった。今日は、なかなかチャンスに絡めなかった。うまく相手に対策を練られてしまった。もっとゴール前で勝負したかったが。毎試合、うまくいくわけではないので我慢も必要。チャンスが来たときに、モノにする意識は強かった。ゴールへのこだわりは常にある。代表に選ばれるためには結果を出さないといけない。例年よりも得点を取らなきゃいけない気持ちは強いかもしれない」

●安田理大選手(鳥栖)
「今日は試合をやっていて空気がピリッとしてなくて、両方ともFWに蹴ってみたいな感じだったので、時間がタラタラ過ぎていった感じでした。先制点を食らった後は時間もまだたくさんあって、取り返せるチャンスは何回もあった。チャンスはあったが、守備でゼロに抑えて数少ないチャンスで点を取って勝つのが鳥栖のサッカーだと思うし、そういう展開に持っていければよかった。先制されて試合全体の空気がダランとしてしまって、俺自身もそういう空気になってしまった部分もあった。俺的には今日は全然ダメでしたよ。ミスも多かったし、もっと決定的なパスを出せる場面もあったけど、テンポが遅れてしまった。次の試合まで1週間あるし、代表もあるのでしっかりアピールして、連敗は避けたい。前向きにポジティブにやっていきたい」

以上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

アジアカップ 決勝トーナメント
2019年1月24日(木)22:00 Kick off

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2019/01/18(金) 15:00 スペシャルムービー~プロになるという夢を抱えた選手たちの想い~【Jリーグインターナショナルユースカップ】