プロ入り前

小野伸二選手は1979年9月27日、サッカー王国こと静岡県に生まれました。

10人兄弟で育ち、地元の今沢サッカースポーツ少年団、今沢中でプレーしました。

高校は名門・清水商業高へ進学。全国高校サッカー選手権大会に出場することはできませんでしたが、卒業後は浦和レッズへ加入します。

センセーショナルな浦和でのデビュー

加入した浦和では28番を着用し、デビュー2試合目、1998年3月25日の横浜フリューゲルス戦でプロ初ゴール。ルーキーイヤーはJ1リーグで27試合に出場し9ゴールを決め、新人王とベストイレブンを受賞しました。

2年目には背番号を8に変更。J2リーグ降格を経験するも、3年目の2000年にチームはJ1へ昇格。小野選手自身も21歳の若さでキャプテンを務めチームをけん引しました。

2001年、J1リーグ1stステージ終了とともに、オランダのフェイエノールトへ旅立っていきました。

オランダの強豪・フェイエノールトへ

2001年から加入したフェイエノールトでは、14番を背負い、主に中盤センターでプレー。攻撃を組み立てる役割として活躍し、多くのタイトルに貢献しました。

数々のチームメイトからその実力は折り紙付きでしたが、ひざや足首の数々のけがに悩まされ、不安定なシーズンを送ることもありました。

2005年にはけがの影響で大きく出場機会が減少し、2006年1月13日に浦和への復帰が発表されました。

再びの浦和加入と苦悩

復帰した浦和では18番を着用し、さすがのテクニックやコンビネーションで浦和の天皇杯優勝に貢献しましたが、リーグ戦は28試合5ゴールの結果となりました。

復帰2年目となる2007年には過去に着用していた8番をまといシーズンに臨みますが、チーム事情から途中出場も増え、25試合3ゴール。

2008年1月に、二度目の海外挑戦となるドイツのボーフムへの移籍を決断しました。

二度目の海外挑戦、ドイツのボーフムへ

ドイツ1年目の2008年はデビュー戦で2アシストを見せましたが、主に途中出場。

2年目以降は主に中盤センター、トップ下でプレーしますが、けがの影響もあり思うような結果は残せず、ドイツの3年間ではリーグ戦29試合0ゴールの結果となりました。

2010年の1月に地元静岡の清水エスパルスへの加入が決定しました。

地元静岡の清水へ

当時30歳の小野選手。清水では30番を着用し、長谷川健太監督の下、中盤主にインサイドハーフとして活躍。天皇杯準優勝にも貢献しました。

清水加入2年目の2011年にはキャプテンにも就任。

2012年途中に、三度目の海外挑戦となるオーストラリアのウェスタンシドニーワンダラーズFCへ移籍しました。

三度目の海外、オーストラリアのウェスタンシドニーワンダラーズFCへ

ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFCではリーグ戦24試合7ゴールの結果を残し、チームをリーグ参入初年度でのレギュラーシーズン優勝の快挙へと導きました。

2年目はAFCチャンピオンズリーグに出場しベスト8に貢献し、2014年1月にコンサドーレ札幌(現北海道コンサドーレ札幌)との仮契約と6月からの加入が発表されました。

札幌で盟友・稲本潤一選手と共演

札幌では44番を着用し、同い年の盟友・稲本潤一選手と共演。2016年のJ2リーグ優勝に貢献しました。

2017年4月2日 第5節のヴァンフォーレ甲府戦では途中出場からJ1リーグに1709日ぶりに出場。札幌では主に途中出場から流れを変える存在として活躍しました。

最北端から最南端へ。琉球に移籍

2019年8月5日、Jリーグのチームの最北端である札幌から、最南端のFC琉球への移籍が発表。古巣である浦和との一戦を最後にJ2リーグへ旅立っていきました。

琉球では7番を着用し、シーズン途中加入ながら9試合に出場しました。

2020年はけがに悩まされ、14試合に出場するも12月25日に退団が発表されました。

再び北の大地へ。二度目の札幌加入

復活を期す2021年に選んだ新天地は、再びの札幌。

かつての44番を背負い復帰を果たしています。

6月9日の天皇杯2回戦のソニー仙台戦では、4年ぶりの公式戦でのゴールとなる直接フリーキックを沈めています。この得点は天皇杯での最年長ゴール記録(41歳255日)であり、まだまだ衰えを感じさせない活躍を見せています。

憧れの選手と愛される人柄

そんな小野選手の憧れは、”神様”マラドーナ氏。2020年11月にマラドーナ氏が亡くなられた際には、思いをInstagramで語っています。

小野選手のInstagramでは他にも、愛犬や家族、意外な交友関係まで見ることができます。

さすがの技術は衰え知らず!

42歳を迎えた小野選手ですが、さすがのテクニックは健在。

ここからは衰え知らずの妙技をご覧ください!

日本サッカー界の生ける伝説から目が離せない!

42歳を迎え、日本サッカー界を象徴するような存在となっている小野伸二選手。

これからもその一挙手一投足から目が離せません!