今日の試合速報

FUJI XEROX SUPER CUP 2019川崎勝者!
FUJI XEROX SUPER CUP 2019川崎勝者!

J’s GOALニュース

一覧へ

【J2:第17節】湘南 vs 水戸:前田秀樹監督(水戸)記者会見コメント(06.05.20)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5月20日(土) 2006 J2リーグ戦 第17節
湘南 1 - 3 水戸 (14:04/平塚/3,504人)
得点者:'3 小椋祥平(水戸)、'34 金基洙(水戸)、'73 アンデルソン(水戸)、'75 加藤望(湘南)
----------

●前田秀樹監督(水戸):

「この過酷な中2日、一週間で3試合というなかで、戦術云々よりも走れたほうが勝ちだと思っていた。そういう意味では、うちはメンバーを少しいじって、2シャドーで椎原と権東を攻撃のポジションにし、小椋を1ボランチにした。センターバックが故障続きで悩んだが、時崎もあまり足の状態はよくなくて試合もやっていないが、吉本や大和田、平松と3枚が怪我をしていていないので、急きょ時崎に無理をいってやらせた。彼の経験からラインコントロールをよくやってくれた。そういう気持ちが選手ひとりひとりに伝わったんじゃないかなと思う。セカンドボールをみんながしっかり集中して取り、取ったあとで走り負けない、裏へ飛び出すといったことができ、点が取れたと思う。

また、この競技場は風が回るので風をどうするか、もし取れれば前半風上を取ろうと思っていた。それで小椋のスーパーゴール、金もそうだが、ロングシュートが2本入った。うちが入れられていれば逆の展開になっただろうと思うが、暑さと疲労との戦いがこのゲームを左右すると思っていた。

もうひとつ、システム的にはニヴァウドをフリーにさせるといい展開になってしまうので、そこを抑えるために権東のところでプレスをかけようとした。そこが機能したのかなと思う。向こうもあまりいいボールを出せなかった。ワイドのところはしっかりとプレスをかけようと話していたが、なんとかいいかたちで点を取れたことがこういう結果に繋がったと思う。」

Q:権東選手はボランチより前のほうがいいのかなという印象を受けましたが?

「攻撃になったときのセンスはあるほうではないが、運動量と守備ではしっかりと、前での守備はできるので、ニヴァウドをマークすることは機能したのかなと思う。今日はポジション的には攻撃型なんだけど、そこを守備にしたことでうちが安定したということ。もうひとつは1ボランチの小椋が加藤や佐藤、また今回は坂本が出ましたけど、あそこで中に入ってくる部分をよく消してくれた。ここが小椋の守備で光ったところだ。それとシュートは本当にびっくりした。すばらしいシュートだった。」

Q:愛媛戦のあと、2日間で選手たちに言ったことは?

「体力的な問題があるので、走り勝つことがひとつの大きな要素になると言った。もうひとつは、前節は負けたが、秋田が半分だし、小椋は一試合やったが、椎原も途中からと、(90分の)半分(出場)の選手が多い。そういう意味では、湘南さんのほうが一試合続けて出場している選手が多い。この差は大きいと思う。

眞行寺も半分だから、ワイドの選手もそんなに疲れていない。こういう部分もちょっと計算した。やはり中2日が続くので体力的なことを考えて、もちろん捨てるわけではなく、できるだけローテーションを組んだ。うちは(メンバーが入れ替わっても)そんなに変わらない。誰が出ても変わらないから取り替えてやれたので、中2日でもよく走れたんじゃないかと思う。」

以上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第1節
2019年2月23日(土)14:00 Kick off

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2019/02/13(水) 15:55 田中 隼磨が選ぶ2018シーズンの最高の11人は?!【マイベストチーム】