今日の試合速報

AFC CHAMPIONS LEAGUE (ACL)2020グループリーグ日程
AFC CHAMPIONS LEAGUE (ACL)2020グループリーグ日程

J’s GOALニュース

一覧へ

【J1:第24節 浦和 vs 大宮】試合終了後の各選手コメント(12.09.01)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
●原口元気選手(浦和)
「ダービーだったので必ず勝ちたかったので勝てずに残念。前回負けていたし、もったいない失点をして、勝てる試合を無駄にしてしまった。自分のゴールよりもチームの勝利が欲しかったし、ゴールそのものは冷静に決められたけど、勝ちたかったので」

●柏木陽介選手(浦和)
「(交代は)自分からダメを出した。腰を痛めた」

Q:もったいない引き分けになったが?
「もう少し何かできなかったかなと思う。勝てる試合だったし、もう1、2点取れるチャンスはあったし、決められなかったからこうなった。でも、終わったことをあれこれ言っても仕方ない。ダービーで勝てなかったことは謝るしかない」

Q:優勝してサポーターに報いるしかない?
「それが一番の形だと思う。ダービーがダメだったことを忘れさせるくらいの結果を残す」

●ポポ選手(浦和)
「常に開いて、ボールを持ったら中に入っていくことと、チャンスがあったら積極的にシュートを打つように監督から言われたが、相手の守備がタイトで難しかった」

Q:ゴール前を固められて苦戦した?
「大宮は元々そういうスタンスのチームなので、僕らがうまく対応できなかったと思う」

Q:引き分けの結果だが?
「ダービーで僕らより勝ちたい気持ちの人はいなかったと思うくらい今回の勝点3は大事に考えていた。いろんなチームに勝ってきて、これまでレッズが勝てなかったチームにも勝ってきたし、そのなかでダービーでも勝てるだろうと思っていた」

Q:監督から右サイドでのプレーを指示された時はびっくりした?
「びっくりはしなかった。監督から言われた役目で全力をつくすのが自分の仕事。チャンスをもらったら生かすことしか考えていないし、ポジションにこだわりもない。うまくいっていたと思うし、チャンスはあった」

●加藤順大選手(浦和)
「2点目が早くほしかった。ずっとDF陣には声をかけていたし、一瞬の隙を突かれた。前半の最後の最後でやられたのは僕の責任でもあるし、DF陣も集中を切っていたかもしれない」

Q:引き分けの結果には?
「悔しい。相手のシュートも2本だったし、僕らが守れなかった責任を感じている。ボールへの執着心をもっと持ってやらないといけない。失点シーンのリプレーを早く見たい。何で入ってしまったのか見たい」

Q:試合後にはサポーターからブーイングを受けたが?
「今日はブーイングに値する試合だったと思う」

●梅崎司選手(浦和)
「グラウンドを広く使って、中に行って相手が絞ってきたら外を使うという、相手が嫌がる選択肢を持ってプレーできていたと思うし、そこからの崩しが何回もできた。前半にあと2、3点決めていれば、試合を決められていたと思う」

Q:バー直撃の惜しいシュートがあったが?
「いいリズムで狙い通り蹴ることができたけど、コースが少しズレていた」

Q:ダービーで引き分けの結果については?
「内容で圧倒していたし、相手にほぼ何もやらせなかったので引き分けはもったいない。後半は自分にチャンスもあったし、申し訳ない気持ち」

Q:後半はミスも目立ったが?
「ミスが何回か出てボールを奪われて、カウンターにまではならなかったけど、ボールを前に運ばれてしまった。イージーなミスをなくしていけば、もっとチャンスは作れたと思う」

●小島秀仁選手(浦和)
「前への焦りがちょっとあったので、後ろでボールを引き出してサイドに散らすように監督から言われていた。それはある程度できたけど、点を取らないといけなかったので、もっと危険なプレーをやりたかった。ミドルシュートも必要だったと思う」

Q:ダービーで引き分けの結果については?
「ブーイングが出る結果になってしまってふがいない。この前負けていたので絶対に勝ちたかったけど、その気持ちが空回りして、急ぎすぎてしまった。ブーイングは受け止めないといけない」

●永田充選手(浦和)
「勝たなければいけない試合だったし、悔しい。でも敗けたわけじゃないし、次も試合はある。これからもっと練習して、34試合が終わった時に一番上にいられればいい。ダービーの借りは来年でも返せるし、気持ちを切り替えていきたい」

Q:後半、攻めあぐねていたが?
「少し落ち着きすぎていた。余裕が出すぎて、攻めにいっていないわけじゃないけど、アグレッシブさがなくなっていた」

Q:失点の場面は?
「枚数はいたので、人にもっといけばよかった。相手のチャンスはあれだけだったし、最終的にそれが響いてしまった。しっかりゼロで抑えないといけない」

●槙野智章選手(浦和)
「いい形で入れていたし、攻撃でも守備でもうまくやれていた。前半の最後の失点が痛かった。人はいたし、まさか入るとは思わなかった」

Q:後半は攻めあぐねていたが?
「やることは精一杯やっていたけど、相手を引き出したり、ミドルを打ったり、もう一工夫が必要だったかもしれない」

●東慶悟選手(大宮)
「11人で戦えばまた違った展開になったかもしれないけど、10人になったことで逆にやることがはっきりした。ボールを奪って手数をかけずに攻めるということで、それは何回かできたと思う。今シーズンはまだゴールがなくて、不甲斐ない気持ちもあって、試合前から思い切ってシュートを撃とうと決めていた。ボールが来たとき、かわしてシュートに行こうとしたけど、密集していて『一人じゃ無理だ』と思ったらハセ君(長谷川)が見えたので、当てて飛び出そうと思ったら相手がついてこなくてフリーになれた。シュートはイメージ通り。芝でうまくバウンドしてくれた。これからも、もっともっとゴールやアシストで、怖い選手になっていきたい」

●金澤慎選手(大宮)
「一人退場になって、これからズルズル行ってしまうんじゃないかと思ったけど、慶悟がよく決めてくれた。あれで気持ちを新たに戦える気持ちになった。後半は守備を修正して、ボランチのうち1枚が下がりすぎずに相手のボランチにプレッシャーをかけようとした。できてる時間帯もあれば、できてないときもあって、すべてが良かったわけじゃない。自分たちの守備が良くなったというのもあるけど、僕らが引いて守っていたので相手もなかなか飛び出すスペースがなくて、僕らのブロックの前でのパス交換が多かったのかなと思う。まあ結果として後半ゼロで抑えられたことは良かった」

●長谷川悠選手(大宮)
「もったいない試合展開になったけど、チームとして切れずに戦って勝点1を取れたことは前向きにとらえていいと思う。後半は、守備では前に残って相手DFを上げさせないようにして、攻撃ではボールをキープして時間を作ることができた。駆け引きしてスペースを作ったり。永田にイエローを出させたような、ああいうシーンをもっと作れれば良かった。シュートチャンスはなかったけど、後ろの選手を休ませる時間を作れるように心がけてプレーした。もちろん勝てればベストだったけど、10人で上手くやれたと思う」

以上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2020/11/30(月) 14:01 ACL Diary DAY9:FC東京は蔚山戦前日。横浜FMと神戸はリカバリー。【ACL 】