今日の試合速報

FUJI XEROX SUPER CUP 2019川崎勝者!
FUJI XEROX SUPER CUP 2019川崎勝者!

J’s GOALニュース

一覧へ

【J1:第24節 F東京 vs 横浜FM】ランコポポヴィッチ監督(F東京)記者会見コメント(12.09.01)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
●ランコポポヴィッチ監督(F東京):
「コンバンハ。すばらしい試合ができたと思います。今日の試合に関しては、結果だけでなく内容も満足できる試合だったと思います。前回、日産スタジアムで対戦したときは、ああいう形で敗戦してしまい、来ていただいたサポーターの皆さんに申し訳ない気持ちでした。今回の試合でその分のお返しができたと思います。マリノスもすばらしいチームですし、いいサッカーをするチームです。そのチームを相手に崩されたのは、シュートを決められた1点だけでした。そういう形に抑えられたということは評価できる。しっかりと決めるべきところを決めて結果を出した。内容とともに結果も満足できる試合でした。この前の大宮戦は0−1で負けましたが、内容的にはうちが上回っていたと思いますし、いいサッカーをしていたと思います。でも、結果は0−1でした。皆さんにも考えていただきたいのは、いいサッカーで結果を得ることは簡単ではない。皆さんも結果だけを見ず、どういう志でどういう質のサッカーをやっているのかを見る目を養って欲しい。大宮戦の試合後、『この試合に負けてしまいましたが』という質問や話が多かったんですが、試合の内容をどういう評価をしていただけたのか、正当な評価でサッカーを見ているのか少し疑問に思いました。今日は、そういう意味でも内容的にもいいサッカーをして勝利を奪うことができた。まさにそういう試合だったと思います。2ヵ月半、けが人が出て選手の半分がいない状態が続いていました。それが病気だったり、けがだったり、そして代表に招集されてチームの半分がいなかった。私たちは、それに悲観的にならずに、自分たちのサッカーをやることをやめずに貫いてきました。そして、その積み上げが今出ていると思います。出場機会の少ない選手たちにはこの機会にチャンスを得て欲しいと思っています。シーズン前からチャンスは全員に平等に回ってくる、チャンスを得たときにそのチャンスを逃がさないようにとも言い続けてきました。だから選手が半分になっても、代わりに出た選手がその穴を埋めてくれました。日々、ぶれずにやってきた成果が今出ている。サポーターの皆さんも苦しい時期も応援を止めることなく、私たちの背中を押し続けてくれたことに感謝したいと思っています。前節の遠い広島という土地にもあれだけ多くのサポーターにきていただき、勇気付けられました。この場をかりてサポーターの皆さんに感謝の気持ちを述べたいと思います」

Q:これまでチームを活かしきれず個人としてのプレーが多かったように感じる梶山選手が、今年に入ってチームのためにプレーしている印象を持っていますが
「昨季、一昨季のカジとは一緒にトレーニングしていないので、その前のカジにコメントすることはできない。でも、今シーズンのカジについては言えることがある。一ついえることは年齢を重ねることで成熟し、ミスを改善してきたことが影響しているのかもしれません。私にとっては今シーズン、彼が変わったということはもちろんうれしいんですが、まだまだ今の彼が持っているすべての能力を出し切っているとは思いません。彼はもっともっとやれると思っています。これからも変え続けていきたいと思います」

Q:コンセプトは一貫していることは理解した上で聞きますが、3バックにした意図と、3バックの中央で起用している高橋選手の適正は、中盤とどちらがよいと思っていますか?
「システム変更はけが人が予想以上に出て必要に迫られたことも影響しています。形を変えることで新しい考えも生まれてきます。そして、変えることによって集中力を上げる効果を得られることもある。4バックのときに、我々が悪いプレーをしていたわけじゃないが、自信を持って戦えるようになってきた。新しいことに挑戦するときは、今まで以上のモチベーションや、集中力がでるでしょうし、それがメンタル面でいい影響を及ぼしているのかもしれません。ただし、システムを変えてもコレクティブで攻撃的で魅力的なサッカーを継続できている。私たちのスタイルを継続できているかを重要視しています。それができていることが一番大切ですから。もちろんほかのクラブに対しても敬意を示していますが、ほかのチームがやっている3バックよりもうちがやっている3バックはよりオフェンシブなチームだと思っています。ヒデに関してはこれからの自分のプランの中にあるんですが、4バックをやったときでも、3バックでやったときでも、フォアリベロというポジションが彼に一番あっていると思います。まだチーム作りの段階でそれを試せていないんですが、私の頭の中では彼の能力を考えたときにそのポジションが一番あっていると思います。自分も現役時代にそのポジションをやっていて大好きなポジションでしたし、森重にもその適正があります。ヒデにとっても一番あっているポジションです。今日は我慢強く戦えた。相手が高い位置からプレッシャーをかけてきても冷静に動かせた。必要なときに、前に人数をかけて仕留められた。これは日本代表の方々にとっても一つのクオリティを示せた試合だったと思います」

以上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第1節
2019年2月23日(土)14:00 Kick off

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2019/02/18(月) 12:58 J.LEAGUE開幕【明治安田生命Jリーグ】