今日の試合速報

もうひとつのルヴァンカップ:2021JリーグYBCルヴァンカップ
もうひとつのルヴァンカップ:2021JリーグYBCルヴァンカップ

2015/11/27(金)11:17

データから見るJ1昇格プレーオフ準決勝【福岡vs長崎】

※画像をクリックして拡大

データ

J1昇格をかけた最終決戦「J1昇格プレーオフ」準決勝の見どころを今シーズンのリーグ戦のデータから紹介する。

惜しくも得失点差で自動昇格を逃したアビスパ福岡はJ2で3位のゴール数を記録。得点パターンを見るとセットプレー絡みの得点が30点と総得点(63点)のほぼ半数を占める。またクロス数は1試合平均12.6本とJ2の中でもかなり少ないが、クロスから9点決めていることから重要な武器の一つになっていると言える。一方、V・ファーレン長崎はリーグ最少失点(33点)。特にインターセプト数がリーグで2位と多い。引き分けでは決勝に進めない長崎としては、前線からの連動したプレスでボールを奪い取り、攻撃に転じたいところだ。

※画像をクリックして拡大

データ

次に、両チームのセットプレーの出し手と受け手を見ると、福岡は鈴木 惇⇒中原 貴之、長崎は梶川諒太⇒黒木 聖仁が「ホットライン」となっている。前述の通り福岡はセットプレーからの得点が多いので、長崎はこのコンビを特に注意する必要があるだろう。

なお、図には無いが福岡のGK中村 航輔のセーブ率は2010年以降最高の記録(※1)である87.3%。福岡にとっては頼もしく、長崎にとっては嫌なデータもある。

※1:J2出場時間1,000分以上のGKを対象。2位は中林 洋次の82.0%(2012年に記録)

※データは11月25日時点
(文章/データ提供:データスタジアム株式会社)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020Jリーグ年間総括レポートリ