今日の試合速報

JリーグYBCルヴァンカップ2022 決勝
JリーグYBCルヴァンカップ2022 決勝

J’s GOALニュース

一覧へ

【J2:第20節 神戸 vs 柏 プレビュー】今季2度目の“J1降格組”対決。神戸は勝点差を縮められるか?!(06.06.07)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
6月7日(水)J2 第20節 神戸 vs 柏(19:00KICK OFF/神戸ウイ)
-ゲームサマリーはこちら-
-スターティングメンバーは、試合開始約2時間前に各試合のスコアボード「試合詳細」に掲載されます-
-J2試合予想ゲーム!6/7(水)19:00締め切り!お忘れなく!-
----------

今季から戦いの舞台をJ2にして戦っている神戸と柏の対決。ホーム・神戸は今季2度目の2連勝中、柏は7戦負けなし、と勢いをあげてきているチーム同士がJ1復帰に向けての熾烈な戦いを繰り広げる。

残念ながら、現時点で首位・柏と5位・神戸との勝点差は12と大きな開きがあるが、過去の戦いを見ての通り、「何が起きるか分からない」というのはJ2の常。第2クールもまだ半ばにさしかかったばかりだという状況を踏まえても、1つ1つ白星を積み上げていった先にしか答えはないと考えれば、神戸としてはまず、自分たちの上を走るチームからは確実に白星を奪い取り、勝点の積み上げを図りたいところ。第1クールでの柏戦ではアウェイながら立ち上がりの早い段階でFW栗原が先制し、最後までそれを守りきって白星を奪ったが、今節でも早い時間で先制点を取り、優位に試合を運べる状況を作ることで先にペースを握りたい。

注目は両者の攻撃の鍵を握るキーマン。神戸ならMF朴康造、柏ならMFディエゴ・ソウザか。この2人は、昨季、MFディエゴが神戸に在籍していたため『元チームメイト』だが、第1クールでの戦いを見ての通り、ピッチの上ではそうした感慨にふけることは決してない。お互いに、ただ、チームの勝利のために献身的な働きを示すだろう。
 
MF朴は、前節の湘南戦でFW平瀬のゴールをドンピシャのクロスでアシスト。このシーン以外にも、疲れ知らずの運動量で中盤を、前線を駆け回り、幾度となく攻撃の形を作りだしている。「常に素晴らしい走りと、加えて、精度の高いテクニックを示してくれている。とてもハードにプレーしてくれる貴重な存在」とはバクスター監督の評価だが、その言葉通り。MF朴の存在なくして神戸・攻撃陣の加速は考えられないといってもいいほど安定したパフォーマンスでチームを鼓舞。4ゴール6アシスト(うち、札幌戦では自身初のハットトリックも達成)という数字は、彼の存在感を示すものだと言えるだろう。

だが、本人にしてみれば「もっと、精度もあげたいし、もっと得点にも絡みたい」とのこと。この柏戦に向けても「ディエゴをしっかりと抑えながら、前はチャンスを活かして点を取りたい」と意欲を見せており、活躍が期待できそう。もちろん、それは「相手は首位のチーム。しっかり勝点を奪ってその差を少しでも縮めなければいけない」という思いがあってこそ。チームのために、そして自身のために、今節でも柏守備網をかきまわしてくれるはずだ。

対するMFディエゴは、ここまでチーム最多の7ゴールを挙げて好調ぶりをアピール。しかも、彼が挙げた7試合すべてが白星となるなど、チームを勢いづける存在であることも証明ずみだ。彼の武器は、身体能力の高さと戦術眼をベースに中盤を組み立てるだけではなく、驚異的なスピードとテクニックでゴールを陥れること。
ケガから復帰したFWフランサ、MFリカルジーニョと共に、前線でトライアングルを築く中で個人技を駆使し、あるいはコンビネーションで神戸ゴールに襲いかかってくることは必至だけに、神戸としてはそこにボールを供給させない守備ということもテーマになるだろう。また、第18節ではボランチのMF山根が欠場となっていたが、攻守の軸としての彼の存在感は大きい。彼に対するしっかりとしたケアも必要だ。

第1クールと同様『1点』がものをいうゲームになることが予測されるこの一戦。先に名前を挙げた2人の攻撃の軸を中心に、両者がいかに『1点』を奪うのか。それをいかにチームの勢いにして戦い抜くのか。激しい戦いの中でも『勝ち』への意識をより強く抱き、それを結果へと繋げたチームに勝利の女神は微笑んでくれる。

以上

2006.06.06 Reported by 高村美砂
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オフサイド
ビルドアップ
2021Jリーグ年間総括レポートリ

テレビ放送

一覧へ

天皇杯 準決勝
2022年10月5日(水) 17:30 Kick off

/

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2022/10/03(月) 10:00 J2第39節の全ゴールまとめ!【ALL GOALS】