今日の試合速報

FUJI XEROX SUPER CUP 2019川崎勝者!
FUJI XEROX SUPER CUP 2019川崎勝者!

J’s GOALニュース

一覧へ

【2011シーズン始動!ニューカマー・レコメンド】ルーツは「安間塾」。経験豊富なユーティリティプレーヤー:大西容平(甲府→富山)(11.02.11)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011シーズン始動!ニューカマー・レコメンド
----------
大西容平は阪南大学卒業後、05年に甲府に入った選手だがそのきっかけはセレクション。甲府で行われたセレクションゲームで大西が上げたクロスを秋本倫孝(今年から京都)がヘディングで決めて2人とも甲府入りを果たした。富山の安間貴義監督(当時は甲府のコーチ)が「大西はキックがいいから獲得して欲しい」とチームに話して加入が決まった。そして、この年は大西、秋本、保坂一成の3人の大卒選手がチームに新しい流れを生み出した。それが、甲府名物の居残り練習。それまでは全体練習が終わると残って練習する選手は少なかったが、この3人は安間コーチのもとでプロの世界に食らいくために練習をして伸びていった。この練習に加わる選手も増えてきていつしか居残り練習が「安間塾」と呼ばれるまでになり、パス回しの甲府の基礎を作るまでに居たる。05年の試合出場は少なかったが、入れ替え戦を経ての昇格を経験し、06年、07年はJ1で通算34試合に出場するなど大西は05年からの3年間で昇格、残留、降格とJリーグで起こる大抵のこと(J1での優勝争いは除く)を経験している。

性格は穏やかで、プレーでは豊富な運動量で攻守にわたってチームに貢献できる選手。技術面も高いレベル。ポジションはFWからMFまでこなすユーティリティなプレーヤー。ただ、よく言えばなんでも出来る選手だが、それゆえに特徴を出しにくい面もある。しかし、セットプレーではその正確性が生きるといえるだろう。そして、なにより若い選手が多い富山がこれから選手を育てていく上で、大西が経験してきたことは心の持ちようとして役立つはず。

そして、大西に興味を持つ人なら誰もが実現したい夢がある。それはJFLの松本山雅などでプレーした双子の弟・康平と同じチームでプレーして欲しいというもの。この2人は本当に似ているからハーフタイムに入れ替わっても分からないかもしれない。そういう目的で同じチームになってほしいわけではないが、一緒にピッチに立てばちょっと面白い。これが実現するかどうかは別として、大きな可能性を秘める富山の成長と躍進に大西が貢献し、富山のサポーターに愛されることを願っています。

以上

-----------
<2011シーズンの幕開け!>
■FUJI XEROX SUPER CUP 2011
2月26日(土)13:35/日産ス
名古屋 vs 鹿島

■NEXT GENERATION MATCH
2月26日(土)10:40キックオフ(予定)/日産ス
U−18Jリーグ選抜 vs 日本高校サッカー選抜
※この試合はFUJI XEROX SUPER CUP 2011のチケットで観戦できます。
チケット好評発売中!


2011.02.11 Reported by 松尾潤
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第1節
2019年2月23日(土)14:00 Kick off

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2019/02/17(日) 10:20 新加入レアンドロ ダミアンが決勝弾! 川崎Fが浦和を下し、初優勝!【ハイライト:FUJI XEROX SUPER CUP 2019 川崎Fvs浦和】