今日の試合速報

J’s GOALニュース

一覧へ

【J1:第12節 磐田 vs 福岡】篠田善之監督(福岡)記者会見コメント(11.05.21)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5月21日(土) 2011 J1リーグ戦 第12節
磐田 4 - 1 福岡 (14:03/ヤマハ/12,372人)
得点者:5' 山崎亮平(磐田)、32' 前田遼一(磐田)、35' 山本康裕(磐田)、49' 前田遼一(磐田)、86' 岡本英也(福岡)
スカパー!再放送 Ch183 5/22(日)前05:00〜
totoリーグに投票しよう!
----------

●篠田善之監督(福岡):

「本当に失点が多く、1-4という結果を全員で受け止めなければいけないと思っています。ゲームの方がですが、やはり立ち上がりの失点、それから特に前半は背後への動きがほとんどなかったように思います。そういったことから失点を重ねてしまいましたし、技術的な部分でもジュビロはミスが少なく、長いボールであっても前線でしっかり収まり、そこから2人目、3人目という動きがあると。そのあたりがジュビロの脅威であることはわかっていましたが、ボールへの最初のプレッシャーとプレスバックのところで少し距離が空いてしまい、失点を重ねたのかなと思っています。後半に入ってからの背後への動きとゴールを奪えたことは次に向けてプラスだと思いますが、この負けをチーム全員、自分達スタッフも含めてしっかり受け止めなければいけません。選手達を次に向けていかに準備させるかというところに全力を注ぎたいと思っています」

Q:ジュビロと差を感じた部分は?
「ビルドアップも含めてジュビロはほとんどミスがないと。(ジュビロのミスは)後半、一度左サイドで呼吸が合わずにボールに流れたぐらいで。また、ボールも収まり、動き出しも非常によく、そこがジュビロとの違いとして一つあったのではないかと思います。ただ、自分達がそこにプレッシャーをかけに行けなかったことが今日の課題の一つだと思いますし、そこに行ければもっと相手のミスを誘えたと思いますし、ボールを奪う位置、というものができたと思います。今日、試合の入り方が少し浮足立っていたということと、ジュビロの差としては彼らの方が落ち着いてシンプルにボールも動かしていましたし、背後、あるいはボールの収まりという点ではうちと差があったと思います」

Q:重松健太郎選手を投入しましたが、前後半の戦い方の違いは?
「前半、城後が少し負傷してしまい、ボールにプレッシャーに行けなかったということもありますが、ボールホルダーへの最初のアプローチが緩かったと。そのあたり、後半、そこを重松にハードに連続的に追わせました。さらにそこからボールの収まりと背後への飛び出しというプレーを岡本、重松にはやってほしいと。それを供給するのは鈴木でした。そこが前半と後半の違いかなと思います」

Q:開幕から7試合を終え、勝点がない状況となりましたが?
「開幕戦は今日のゲームと同様3点差で負けてしまいましたが、それ以降は、内容的には中断明けからは非常にいいサッカーをできていました。ただ、現時点で勝点がないということは私も非常に責任を感じていますし、接戦をものにできない選手達のもどかしさだったり、我々ももどかしさを感じながらやっています。ただ、何も諦めていませんし、もちろん勝点はほしいのですが、またこのサッカーをもう一度きっちりやるだけだと思いますし、下を向いている暇もありません。今いる選手達と戦っていくしかないわけですから。どんどん試合がやって来るので気持ちを切り替え、今日のゲームは終わったので、次の名古屋戦という目の前のゲームに向けて取り組みたいと思っています」

以上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2019/07/20(土) 23:16 Inside J.League:上位対決となった多摩川クラシコの舞台裏!明治安田生命J1リーグ第19節 FC東京 0-3 川崎フロンターレ 2019年7月13日