今日の試合速報

FUJI XEROX SUPER CUP 2019川崎勝者!
FUJI XEROX SUPER CUP 2019川崎勝者!

J’s GOALニュース

一覧へ

【J2:第34節 大分 vs 千葉】田坂和昭監督(大分)記者会見コメント(11.11.06)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
11月6日(日) 2011 J2リーグ戦 第34節
大分 1 - 1 千葉 (16:05/大銀ド/9,589人)
得点者:23' 久保裕一(千葉)、42' 前田俊介(大分)
スカパー!再放送 Ch182 11/7(月)前11:30〜
☆totoリーグ第4ターン開催中!
----------

●田坂和昭監督(大分):

「自分たちの良かったところは、間違いなく相手よりも運動量が多かったところ。特に後半はよく走りよくボールに触って、相手選手が倒れ込むなかで、最後まで戦うことができた。しかし全力でやったが点は奪えなかった。悪かったところは、技術的、身体的にまだまだだというところ。ボールコントロールやドリブル、パス、どれをとっても相手の方が技量が高い。これはすぐに改善されるものでもないので、今シーズンも残り少ないが、1日1日のトレーニングを重ねていきたい」

Q:小手川選手が久しぶりにピッチに戻ってきましたが、評価は。
「久しぶりというか、自分にとっては初めて(公式戦での)プレーを見た。怪我から戻り数週間トレーニングするなかで、彼の良さはわかっていた。身体能力が高く、体も強く、無理ができる選手。今日も短い時間で彼の良さを出せていた」

Q:序盤から相手は最終ラインの裏を狙ってきましたが、対策は。
「最終ラインに関しては、久保あるいはオーロイのところを作田につかせ、姜と土岐田にしぼらせ、1人がチャレンジしたら残りの2人がカバーしろということを言った。またボランチはセカンドボールを拾うように、両ワイドはしっかり張ってこぼれ球を狙うように、ハーフタイムに指示を出した」

Q:シャドーに幸野志有人と為田大貴という若い選手を起用しましたが、評価は。
「志有人はフル出場し、ボールキープや2列目からの飛び出しなど、また守備の面でも良さを出した。タメ(為田)はよく走ったし、佐藤勇人の横でボールを受けるなど頭を使ってプレーしていたと思う」

以上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第1節
2019年2月23日(土)14:00 Kick off

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2019/02/19(火) 13:58 J初心者必見!あの人が2019シーズンの明治安田J1リーグの見どころを紹介!今シーズンはどこが優勝するのか?!