今日の試合速報

FUJI XEROX SUPER CUP 2019川崎勝者!
FUJI XEROX SUPER CUP 2019川崎勝者!

J’s GOALニュース

一覧へ

【J1:第18節 磐田 vs 札幌】石崎信弘監督(札幌)記者会見コメント(12.07.14)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
●石崎信弘監督(札幌):

「後半戦の第一試合目ということで十分集中して入っていこうというところで試合に入りましたし、立ち上がりはすごくいい形でボールを奪えていましたし、いいところまでは持っていけていました。ただ、シュートを打つ判断のところや相手のゴール前でのイージーなミスがあり、なかなかゴールに結びつかないというところでCK2本でやられてしまいました。本当に残念な失点だったのではないかと思います。ただ、前半はセットプレーだけの失点でしたし、後半の立ち上がりに十分集中していこうというところで開始1分で失点してしまい、そういった試合の入り方の甘さがまだまだあるのではないかと思います。やはりジュビロと比べてボールを奪った後のイージーなミス、ボールつなぎのところでのイージーなミスといった個人的な技術というところも改善していかなければ厳しいと思います。次のゲームへ向けて気持ちをしっかりと切り替え、今回1週間空きますので、2週間という中でしっかり改善できればと思っています」

Q:セットプレーからの失点のうち、最初の2点は同じ相手・サイドから失点しましたが、CKの守備の問題点は?
「うちのCKはマンツーマンで”責任マーク“という形ですし、チョ選手に対してマークが甘かったのではないかと。ただ、そこからマークをジェイドに代えてチョ選手は収まったと思いますが、今度は違うところのロドリゴ選手にセットプレーを決められたと。うちはジェイド一人しかいませんし、マークする選手が責任を持って対応していかなければいけないと思います」

Q:相手にボールを回された時に引いて相手のボランチがフリーとなる場面もありましたが?
「今、守り方のところを改善しているところですが、相手のボランチ、特に小林選手とロドリゴ選手のところが前半あまりにもフリーになりすぎたのではないかと思います。ただ、真ん中を崩されているシーンは少なかったのではないかと思います。ただ、クロスを上げられた時にCKになってしまうと。まだまだ相手のボランチに対するプレッシャーのかけ方はまだまだ改善していかなければいけないと思います」

Q:古田選手の評価と途中交代させた理由は?
「立ち上がりにいい位置で取り、あそこで岡本に出して岡本がシュートを打ちましたが、時に立ち上がりですし、得意の左足でいい形で持ち込みましたし、そういったところで積極的に特にシュートを打った方が自分としての流れも、チームとしての勢いもよかったのではないかと。ただ、ディフェンスにしても攻撃にしても中途半端なプレーが多かったと思いますし、そういったところで生きのいい榊に代えました」

Q:けが人が多いですが、後半戦へ向けて改善策は?
「肉離れが多かったのですが、筋肉系のところはいっぺんに改善できるものではありませんし、やはり継続的に筋肉をしっかりと刺激していかなければいけません。J1とJ2とでは運動量も違いますし、特にJ1だと自分たちはディフェンスに回る時間、リアクションの時間が長くなると思いますし、そういったところでしっかり筋肉を鍛えていかなければいけないのと、リアクションの部分をアクションの時間に持ってこれればいらない負荷はかかってこないのではないかと思います」

以上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第1節
2019年2月23日(土)14:00 Kick off

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2019/02/17(日) 10:20 新加入レアンドロ ダミアンが決勝弾! 川崎Fが浦和を下し、初優勝!【ハイライト:FUJI XEROX SUPER CUP 2019 川崎Fvs浦和】