今日の試合速報

JリーグID限定 2019シーズン開幕プレミアムキャンペーン
JリーグID限定 2019シーズン開幕プレミアムキャンペーン

J’s GOALニュース

一覧へ

【J2:第9節 東京V vs 山形】試合終了後の各選手コメント(13.04.17)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
●常盤聡選手(東京V):
「(側転、バック転、バック宙のパフォーマンスは)今日は平日なのに多くのサポーターが見に来てくれたんで、自分のパフォーマンスを披露できるタイミングかなと思ってやりました。でもそれより90分通して、自分がもっとチームのためにしっかりボールをつないだり、ゴールを決めるべきところで決めたりすることができなかった。そういうところに目を向けて次の試合の臨んでいけるようにしたい。(チームとしては)チャンスが自分に転がってくる数が増えたり、前線の選手のシュートが増えているということは連係の部分がとれてきている証拠。ウチの形をどんどん90分の間で出せるように練習からやっていきたい。
(仲間からもっと決めろとか言われたか?)もちろん言われましたし、自分でも分かっていることなので、修正点の方が多いゲームでした。(先制点のところは)ちょっと人数が少なかったので、時間をかけようかなと思っていたらボールを奪われてしまって。でもたまたま目の前にこぼれてきたんで、詰めるだけでした。もっと細かいところの精度を上げていきたい。(高原とは)練習の時からどういう関係で入っていくかというのは話し合っています。そういう中で自分がつぶれ役になることもありますし。そういう練習の中で生まれたシーンだと思います」

●飯尾一慶選手(東京V):
「先に2点取ってしまうと、どうしてもその後緩んでしまう。そこのところを修正していかないといけない。特に後半、攻撃が単発になってしまうので、相手も人数かけてきて、カウンターを食らってしうまう場面が少なくなかった。
ただ、人数は全然足りてるから、あとは1対1で見れるか見れないか。人に対してしっかり行けるようになっているし、センタリングの時とかもボカすこともないので、マンツーマンで1人余ってっていう形を練習からずっとやってきているから、失点していないと思う。守備はすごく良いと思います。
攻撃も、練習している中で徐々に合ってきていると思う。最初に比べたら全然いいイメージというか、最初は合わないこともあったけど、今はだいぶいて欲しいところにいてくれたりとか、ポジショニングもみんながしっかりできるようになってきました。
課題は、もうちょっと自分たちがボールを持っている時間帯を増やしたいと特に思います。やっぱり、今日も後半、押し込まれる時間はキツかった。戻らなくてはいけないし、出ていかないといけないし、どっちも優先にしなければいけないけど、でもやっぱり点を取られたくないから戻る方を優先してしまう。だから逆に、前に人数をかけられないから、相手も取りに来てボールを取られてしまうというのが長かった。なので、前でボールをつなげるようになれればいいと思います。
まだ引き分けの方が多いので、勝ちを多くできるように頑張ります」

●高原直泰選手(東京V):
「良い形で2点入った。後は後半に入って、常盤に(決定的なシュートが)2本あったし、あれを1つでも決めていれば勝負は決定していた。そういうところはシビアにしていかないといけない。今日の場合は常盤にボールが集まっていたので、毎試合毎試合そういうのは違ってくると思いますが、そういうのが今、必ず誰かには来ているので、そこをしっかりみんなが決めて試合を終わらせるということをしないと、無駄に自分たちが体力を消耗してしまう。特にこうやって連戦の時は、自分たちがボールを決められるチャンスはあるわけだから、そういうところは『勝ったから良かった』というのではなくて、勝ったからこそこういうことが言えるわけだから、もっともっとシビアにやっていければなと思います」

Q:8戦負けていないとうことで、手応えや成熟度を感じることはありますか?
「まだまだやることはたくさんある。ただ、最低限の仕事というのはチームとしてできるようになってきていると思うので、まだまだやらないといけないし、まだまだ序盤戦なので、とにかく簡単に自分たちが負けているようではいけないと思うし、簡単に負けているようでは上にはいけないので、全体が自分たちを一人一人で管理して、しっかりとした規律を持って試合に臨めればと思います。
順位的に中途半端なところにいるので、その順位を少しでも上にもっていくためには、連戦はちょうどいい。自分たちは勝つ自信があるし、もっともっと上のポジションにいることでモチベーションもさらに変わってくると思うので、チームの良い状態をキープするためにも、上にいることは大事だと思うので、しっかり結果を残せるように、明日からも準備したい」

●小池純輝選手(東京V):
「今日は、自分の中でつなぎの部分でミスがあって、上手く試合に入れていなかった感じがしたのですが、ゴールをとってからは落ち着いてやれたかなと思います。
山形に対しては、サイドバックとかも高い位置とってきますし、向こうもサイドから攻めたいと思ってるだろうから、そこのかけひきというのを意識していたんですけど、早い段階で点がとれてよかったです。
後半も、このまま終わらないで、受け身にならないっていう形ではいったのですが、どうしても引いてしまいがちな部分はあったと思います。そこは次からに向けて修正していかなければいけない。せっかく奪ったボールを簡単にクリアしたりとか、僕自身もあったのですが、つなぎのところで、奪ったボールをまた相手に与えてしまったりとかいうのが結構多くて、それでセカンド攻撃を受けてしまって、こちらもためる時間ができないので上がっていけない。自分たちのミスから、そういう(押し込まれる)後半を迎えてしまったなというのは、やっていて思いました。まずは、失点0で最低でも2−0のまま終わるということをベースにおいて、その2を3、4(点)に増やしていこうというのがハーフタイムの指示でした。実際にチャンスはあったので、それが決まればきちんと3点、4点にできた。ただ、今日も失点0で終われたことはよかったと思います。DFを中心に、チームみんなが最後のところで体を投げ出してボールに当たることができているので、そういうのがチームに良い影響をもたらせていると思います。
ただ、今日も全てを圧倒できたわけではないので、まだまだ改善してもっと良くなっていきたいです」

●秋葉勝選手(山形):
「(ヴェルディの攻撃は)高原選手がすごくボールが収まるので、失うことがあまりないので、そこを信じて後ろの選手はサポート入りますし、前向かれてこちらがズルズル下がってしまって、イヤでした」

Q:後半、萬代選手と林選手が入って、パワープレーという意識はあったのですか?
「そういうはっきりとしたものはなかったです。そのまま、最初からの戦い方を続けていこうということでした。ボールも前まで運べていて、相手のゾーンでやれていることが多かったので、あとはそこのフィニッシュ、センタリングへの入り方だったりのところでタイミングが合えば、というところだった思います」

Q:連敗が続いてしまっていますが、特に改善すべきところは?
「みんなが戦う意識を持ったりだとか、思い切ったプレー。縮こまらずというところだと思います。どうしても、神戸、G大阪が相手の時は相手を見てしまったりしていたので、そういうのがクセになってしまっているのはあるかもしれません。なので、どんな相手にしても戦っていければ、いいサッカーをして自分たちの時間もあると思うので、自信をもってやれば問題はないと思うので、自分のプレーを100%出すことを心がければいいと思います」

●山崎雅人選手(山形):
「けっこう取られ方も悪くて、ああいう強引なプレーをこっちもできたらよかったなと思います。
ヴェルディには、球際強いし、ボールにもしっかり来られて、人にも来られて、やりにくかったです。でも、もうちょっと僕ら前線が上手いことボールを引き出せれば、単独ではなくコンビネーションとか、2トップだけのコンビネーションとかできたらよかったなとは思いました。
1点取れれば、こっちに流れがきていたと思います。すごく気持ちも入っていたので、本当に決めるべきところを決めきれずに、最後のコンビネーションというか、質というか、シュートではなくて、体勢の良い選手にパスを出して、周りがしっかり動いて、周りを生かす方が大事かなと思いました。
ヴェルディは、個の強いタレントが多いですし、その個にやられた部分もあった。守備でもボールにしっかり当たりにいくという印象を受けました」

●ロメロフランク選手(山形):
「内容が悪くなくても、勝たなければ意味がないですね。シュートも多かったし、最初の失点が大きかったですね。あの失点がなければ勝てたんじゃないかなと思います。クリアミスを拾われて、それを決められてしまった。それ以外は、あまり危ないシーンは作られてないと思う。崩されてないので、本当に最初の失点が悔やまれます。連戦も続いて、特に前節はG大阪戦だったので、個人個人がどこかで疲れがあったのかもしれないですね。
ヴェルディは、いつも対戦すると、個人個人が上手くて、すごくボールを回すチームだと思っていました。けれど、今日は少し違った。もっとつなぐのかな、と思ってたけど、こっちの方がつないでた気がします。今日に関していえば、すごくやりやすかったです。いつものヴェルディと違うなと思いました。それでも2失点というのは、やはり最初の入りですね。たった1つのクリアミスでやられる。クリアが短く、相手に与えたことが全てでした。ヴェルディも最後は体を張っていて良いチームだなと思いました」

●中島裕希選手(山形):
「相手というよりも、自分たちのミスが招いた結果。チャンスも作れていたので、そこで1点でも決められていれば結果は違ったと思います。この2試合、試合の入り方がよくないので、後半のサッカーを前半からやっていければと思います。
相手は、前の高原さんのところでボールが収まっていたので、もう少しそこでやらせないようにしてれば、自分たちでセカンドを狙えたりできたと思うので、そこでつぶすことが大事だったのかなと思います。そこから良い攻撃につなげられてしまいました。ヴェルディは3バックだったので、サイドのスペースをついていきたかった。そこがプラン通りできず、つなぎの面でもミスが目立ったと思います」

以上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第2節
2019年3月2日(土)15:00 Kick off

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2019/02/23(土) 21:00 ゴール:広島vs清水 巧みな動き出しで最終ラインの裏に抜け出した北川 航也(清水)が後方からのスルーパスをゴール右隅に流し込み、アウェイの清水がエースの一撃でリードを奪う!【明治安田J1 第1節】