今日の試合速報

FUJI XEROX SUPER CUP 2019川崎勝者!
FUJI XEROX SUPER CUP 2019川崎勝者!

J’s GOALニュース

一覧へ

【J2:第25節 栃木 vs 熊本】池谷友良監督代行(熊本)記者会見コメント(13.07.20)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
●池谷友良監督代行(熊本):
「全体を見ると良く耐えたなと。ロングボールを入れるかなと思ったけど、前半はかなり前へ前へと(栃木の)圧力がありました。そこを耐えたことが後半の勝因に繋がったのかなと。ハーフタイムに指示をしたのは、必ず緩くなるので後半必ずチャンスが来るでしょうと。その中でパワーを持って出られるかどうかだと言いました。そういう中でワンチャンスをものにできた。DFラインは、後半は特に栃木さんが単調だったので、中から外へ流れるシーンがなく、外からのクロス、それと縦への攻撃に陥ったので守りやすくなったんですかね。選手は後半、ボールに対しての執着心を持って戦ってくれたと思います」

Q:就任後初勝利の感想を。
「就任後初めてというか、まだ2週しか指揮をとっていないが、今週はやれることは全部やりました。その中で守備のところは全部出せたのかなと思います。こういうクラブが危機的な状況の中で、自分自身が指揮を執らないといけない状況で数多くのファン・サポーターの方、クラブ、チームが一つになって戦っている、そういうことが嬉しいし、それに報いたい。今、選手に問うているのは、胸を張れるかどうか、責任を持ってプレーしているか。今まで負けた中で下を向いて帰ってくるシーンが多かったので、負けても胸を張れる試合をしようと言って取り組んでいる。それはある程度、皆が実践してくれていると思う」

Q:今日スタートポジションが変わったように見えたが、その意図は?
「システム自体は今まで4バックでやってきて、前節の途中から3バックにしました。今日は立ち上がりから3バックにしました。今まで良かった試合は、前から行ってハマっている試合は勝てていて、それが前後半続かない時にカウンターを食らうことが多かったけど、そのへんの修正も含めて、分からなくなったら、ごちゃごちゃしたらポジションに戻りましょうと言っています。5−4−1になって一度ポジションを埋めることからスタートしましょうと。システムも含めてちょっとラインが低いかな、ちょっと守備的なポジショニングかなとは思います」

Q:橋本選手は中盤で起用されることが多かったが、DFラインで起用した意図は?
「本人とも話してFC東京でも少しセンターバックはやっていたということで、ひとつビルドアップする中でボールをもっと動かしたかったんですけど。彼にはそこの能力があるので球際の強さ、ビルドアップする所、持ち上がる所など、最終ラインでボールをもう少し動かして優位性を持ちたかったのが本音です。前半は(栃木の)圧力の中では皆が出来なかった感じだったが、後半になると必ず緩くなると思っていました。そんな意図で橋本を使いました」

Q:前半にボールが動かなかった理由は?
「栃木さんが前へ来たのと、取った後に同サイドに寄っていた。そこでサイドチェンジができなかった。うちもボールを取った後に同サイドに入っていっていた。あそこで1つかわせてサイドに展開できると、ちょっと違うのかなと。後半はサイドを使おうと指示しました。ボランチに関しては、ちょっと窮屈だったかなと思います」

以上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第1節
2019年2月23日(土)14:00 Kick off

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2019/02/19(火) 13:58 J初心者必見!あの人が2019シーズンの明治安田J1リーグの見どころを紹介!今シーズンはどこが優勝するのか?!