今日の試合速報

FUJI XEROX SUPER CUP 2019川崎勝者!
FUJI XEROX SUPER CUP 2019川崎勝者!

J’s GOALニュース

一覧へ

【J2:第1節 岡山 vs 富山】影山雅永監督(岡山)記者会見コメント(14.03.02)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
●影山雅永監督(岡山):
「まず3ヶ月ぶりにこのカンスタ、そしてJリーグに戻ってきて、すばらしい雰囲気だったと改めて思いました。ウォーミングアップを始める時のGATE10の雰囲気、全体のスタジアムの盛り上がりなどを見た時、ここはやはりすばらしい。ゲームの後にこのみんなと一緒に喜ぼう、がんばろうと始めたゲームでしたが、開幕戦特有の難しいゲームになったと思います。ペースが行ったり来たりした前半、後半は何本かチャレンジングしたプレーからミスが続いて、そこから何となく出足が鈍ってきたところで相手にペースが移ってしまった。そこから自分たちも相手に順応して、攻撃に出ようか出るまいか、お互いにやり合ってるうちにゲームが終わってしまった印象です。もっともっと出来るのに、やらせてあげられなかったという僕の反省と、固くなっていた選手が多かったなというのと、引き分けを減らそうとスタートしたシーズンの最初が引き分けで、またじゃないかとサポーターの皆さんもここにおられる皆さんも思っておられるんじゃないかと思いますが、まだまだ1試合目ですので、次のアウェイ・千葉戦ではもっと勇敢にプレーできるよう、トレーニングに励みたいと思います」

Q:これまで点を取って勝ちきることに重点を置いてトレーニングをしてきて、今日の試合で感じた手応え、レベルアップすべき点を教えてください。
「その両方が混在した90分間でした。前半、自分たちのペースになっている時は、勇敢にボールを動かし、勇敢に走ることも出来て、決定的チャンスを何回か作ることが出来た。でもミスが続いたり、相手のペースの時間が増えてくると、勇敢な動き出し、サポートがちょっと減ってしまったかなと思います。出来た部分、出来なくなった時間帯というものが非常に混在していますので、チームに『完成』はないので、本来できるものを、もっと長い時間、苦しい時間にこそ出せるトレーニングを続けなければいけないと思います」

Q:新加入選手3人が出場。それぞれの印象は。
「先発の2人(林容平と鎌田翔雅)は、それぞれのポジションに求められているものをよく意識しながらやってくれたと思います。難しいポジションの2人だったんですが、この7週間弱の準備の間で、熱心に理解した結果が今日につながったんじゃないかと思います。片山瑛一は交代で出て、スピードとパワー、それからロングスローを持った選手なんですが、短い時間でしたが、彼らしさは十分出してくれたと思います。もっともっとチームに馴染んで、ゲームをこなしていくうちに彼らのパフォーマンスは上向きになって、頻度も増えてくると思います。磨いてゲームで出せることを期待しています」

Q:林容平選手についてもう少し詳しくお願いします。
「もともとFWなので、点を取りたい気持ちがあると思うんですが、うちのシャドーはいったん中盤で絡みながら前に出て行きます。前半は彼のところでドリブルでかわしてから、引きはがしてから展開するという形を何回か出してくれていました。あそこからシュートまで持っていくことが出来てくると、もっともっと危険な選手になるかと思います」

Q:「力を出させてあげられなかった」というのはどのような点でしょうか。
「並びがまったく違うんですよね。後半押し込まれた時間、しのがなければ難しいかなという思いで、選手に指示を出した部分があったんですが、そこは僕のエゴだったか、そのままでいれば彼らはもっと出来ていたのか、勝点2をプラスできたのか、という思いがあるので。あそこで我慢していたらトレーニングでやっていたプレーが出せていたんじゃないかという思いです。とくに後半ですね。選手たちもやろうとしていましたが、相手のプレッシャーもきつかった、ハードワークが効いてきた。そこを上回るものを見せられたらよかったんですが、ああいうプレッシャーをかわして逆に相手ゴール前に持っていけるようにそんなチームに成長していきたいです」

Q:3枚の交代カードに込めた思い。
「やはり勝点3を取りたいですから、相手の状況を見ながら、自分たちのペースに持っていくには、ということを考えていました。コンディションを考えた選手もいましたが、最後まで勝点3を取るためになんとかしたいという思いでこの順番の交代となりました」

Q:今季が始まって7週間やって来て、思った以上に手応えを感じている部分があれば。
「戦術的なことに関しては『こういったところを狙っている』とは言いづらいですが、人がボールに対してどんどん絡んでいくことが、その人数を多くすることが、勝点2をプラスすることに必要なんですね。そこが勇敢に出来ていた時間帯とそうでなかった時間帯がありますから、そこのところを高めるトレーニングを続けていきたいと思います」

Q:後半、選手の配置を変えながらやったことの狙いを教えていただける範囲で。
「初戦で次の対戦相手が映像や言葉を見て想像したり対策をするので詳しく言っても、というところがありますが、お互い相手の良さを消すんじゃなく、自分の良さを出して勝てればいいんですが、ほとんどない。今日は富山さんもうちの良さを消しにきたと思いますし、僕もそういう時間帯に対策をしたということで、よろしいですか」

Q:次戦に向けての意気込み。
「開幕戦でこれだけの雰囲気を作っていただいて、富山という相手から勝点3を取るための準備をしてきましたので、勝点1で終わったことは非常に悔しいと思っています。もう勝点2、取れたと思っています。そういうところをもっと強気に、次の試合からパフォーマンスとして、結果として出せるように、サポーターの皆さんによく戦ったと思ってもらえるような戦いを今後続けていきたいと思っています」

以上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第1節
2019年2月23日(土)14:00 Kick off

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2019/02/17(日) 10:20 新加入レアンドロ ダミアンが決勝弾! 川崎Fが浦和を下し、初優勝!【ハイライト:FUJI XEROX SUPER CUP 2019 川崎Fvs浦和】