今日の試合速報

FUJI XEROX SUPER CUP 2019川崎勝者!
FUJI XEROX SUPER CUP 2019川崎勝者!

オフィシャルニュース

一覧へ

【J1:第1節 F東京 vs 新潟】試合終了後の各選手コメント(09.03.07)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3月7日(土) 2009 J1リーグ戦 第1節
F東京 1 - 4 新潟 (13:04/味スタ/27,568人)
得点者:44' ジウトン(新潟)、51' 近藤祐介(F東京)、53' ペドロジュニオール(新潟)、68' 大島秀夫(新潟)、72' ペドロジュニオール(新潟)
顔写真クイズ勝敗予想ゲーム

----------

●赤嶺真吾選手(F東京):
「ホームで開幕戦でしたけど、結果だけを見ると残念ですね。試合の流れの中で今年やろうとしてきたサッカーができている時間帯もあったし、できていない時間帯もあった。できていても前半のようにセットプレー1本でああいう結果になってしまう。そういう意味でも集中しなければいけなかった。前半はこちらのほうが、決定機もあったし、そこで決め切れていれば、違った展開になったのかもしれない。サイドから攻めるシーンが少なかったかもしれないので修正していかなければならない。個人的には初の開幕戦出場で楽しかったですが、結果を残せればよかった。これをステップにして次に繋げていきたい」

●権田修一選手(F東京):
「緊張は特別なかった。後ろのサポーターの声が力になった。試合後、監督からは個人というよりも、チームに対して言葉があった。『これから6月まで試合が詰まっている。ここでへこんでいてはいけない。次に切り替えよう』という話だった。結果は結果として受け止めたい。収穫という収穫はない。2点目のセットプレーからの失点で、雰囲気が変わってしまった。自分から声を出して高めることができればよかった。セカンドボールへの対応が自分も含めて遅くなってしまった。4失点の中で、僕が1本でも止められればよかった。その辺はまだ自分に力がない」

●近藤祐介選手(F東京):
「コンディションは良かったし、開幕戦で結果を残せたことは大きい。ただ、負けたことが残念。セットプレーが課題として残ったし、そこで取られたらいけないという時間帯での失点だった。攻撃はクロスに関してきれいに上げようという意識が強かったのかもしれない。中で、僕もシンゴくん(赤嶺)も動いてボールをもらえるポジションにいたのに、そこでボールが出てこないことが多かった。中に人数がいたのでもっとシンプルに上げてもよかった。また、長いボールも多すぎた。向こうのセンターバックには高さがあったので、足元で繋ぐことも必要だった。
ゴールシーンは左足をあそこまで溜めていた。ボールをもらったとき、コンちゃんも見えたけど、イメージしていたとおりのシュートができた。この結果は次に繋がると思う」

●平松大志選手(F東京):
「サポーターの声は力になった。そういう中でできるという緊張感もあったが、冷静にゲームに入れたと思う。失点はセットプレーと細かいミスからだったので意識次第で修正できると思う。一番大切なのは切り替えることが大切だと思っている。ミスが失点に繋がるということが教訓になった。点を取りにいったときのリスク管理もやってきたが、少しバランスが崩れてしまった。点を取りにいくときほど、もっと意識しないといけない。今日の結果でやることは変わらないと思います。しっかりと切り替えてやっていきたい」

●羽生直剛選手(F東京):
「内容うんぬんというより当たり前のことが当たり前にできなかった。集中しなければいけない時間帯のセットプレーで一番やられてはいけないやられ方をしてしまった。後半は修正したけど、2点目も同じ形だった。サッカーにはいいミスと悪いミスがあって失点に繋がる悪いミスを今日は繰り返してしまった。1点目、2点目を繰り返しているようでは上を目指せない。個人的にはもっと絡めたと思います。アシストはついたけど、もっといい位置で絡めたり、ボールを引き出すことはできたと思う。
スコアが1−1のとき、2点目を取りにいこうとしてバランスを崩したのが悔やまれる。そういう経験をしてきたのに、それを一つにできない悔しさ、もどかしさを感じる。僕みたいな選手がもっと言わなければいけないし、一人ひとりがもっと意識しなければいけない。ここで切り替えられるかで次も変わってくる」

●大島秀夫選手(新潟):
「(3トップの真ん中は)役割タイプ的にもあうし、やりやすいと思う。こういう試合は、次に繋がると思う。相手GKを揺さ振っていこうという話をミーティングでもしていた。ただ、意識していたけど、なかなかいい形を作り出せなかった。監督からは、試合前、思い切ってプレーしようと。まだ1試合が終わっただけですし、新潟のチームとサポーターにこれから恩返ししていきたい」

●本間勲選手(新潟):
「キャンプでそれなりにいい成績を残してきて、ここでいい結果を出せたのでいい自信になると思います。最初は、どうしてもセーフティに、嫌な位置でボールを奪われたくないというのがあった。確かにもうちょっとサイドを変えたり、厚みのある攻撃をできればよかったのかもしれない。前線に能力の高い選手がいるので、そこで相手のサイドバックと1対1になったら仕掛けることができるところがこの4-3-3の強みでもある。今日はそこで1対1を仕掛けて突破できていた。そこで上手くいかなかった時にサイドを変えることもやっていければもっとよくなると思います。
いつもは開幕が終わると、落ち込んでシュンとなってしまっていた。今日の結果で、凄くいい雰囲気で次のホーム開幕戦に臨めると思う。4-3-3という新しいことをやってきて今日はいい結果を残せた。それをもう一回試すという意味でも鹿島はいい相手だと思う。思い切っていい勝負をしたいと思います」

以上


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第1節
2019年2月23日(土)14:00 Kick off

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2019/02/17(日) 10:20 新加入レアンドロ ダミアンが決勝弾! 川崎Fが浦和を下し、初優勝!【ハイライト:FUJI XEROX SUPER CUP 2019 川崎Fvs浦和】