今日の試合速報

2024シーズン開幕 合計17,000万名様無料ご招待
2024シーズン開幕 合計17,000万名様無料ご招待

川崎Fが3大会ぶり2度目の優勝!柏とのPK戦にもつれ込む激闘を制す【サマリー:天皇杯 決勝】

一覧へ

2023年12月9日(土) 17:20

川崎Fが3大会ぶり2度目の優勝!柏とのPK戦にもつれ込む激闘を制す【サマリー:天皇杯 決勝】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
川崎Fが3大会ぶり2度目の優勝!柏とのPK戦にもつれ込む激闘を制す【サマリー:天皇杯 決勝】
壮絶なPK戦をモノにした川崎Fが2020年以来二度目の天皇杯のタイトルを獲得した

天皇杯は9日に決勝が行われ、川崎Fが柏を下し、優勝を成し遂げた。

国立競技場で行われた一戦は前半、柏の勢いが上回った。前線からの守備で川崎Fのビルドアップを寸断し、縦に速い攻撃で相手ゴールに迫っていく。細谷 真大、マテウス サヴィオらが積極的にシュートを放つなど、川崎Fを自陣へと押し込んだ。

しかしゴールは生まれずスコアレスで試合を折り返すと、後半は川崎Fが盛り返し、両者譲らない緊迫した展開が続く。お互いにチャンスを作りながらも決定打は生まれず、0-0のまま90分間が終了した。

延長戦に入っても一進一退の攻防が続くなか、延長前半の100分、柏にビッグチャンスが到来。フィードに抜け出した細谷がGKと1対1の場面を迎えたが、川崎Fの守護神チョン ソンリョンに阻まれゴールを奪うことはできなかった。結局試合は120分を終えてもスコアは動かず、勝負はPK戦へと委ねられた。

PK戦では5人が蹴って1人ずつが外し、サドンデスに突入。決着がついたのは10人目だった。先攻の川崎Fはチョン ソンリョンが決めると、後攻の柏はGKの松本 健太のシュートがチョン ソンリョンにストップされてしまう。壮絶なPK戦をモノにした川崎Fが2020年以来二度目の天皇杯のタイトルを獲得した。

■試合データ
川崎Fvs柏

トーナメント表

天皇杯 JFA 第103回全日本サッカー選手権大会 特集

 

一覧へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サッカーのポジション解説
サッカーの試合時間・タイムルール
インテンシティ
オフサイド
ビルドアップ

テレビ放送

一覧へ

明治安田J1リーグ 第3節
2024年3月9日(土)14:00 Kick off

旬のキーワード