本文へ移動

今日の試合速報

町田vs神戸
町田vs神戸

日本代表が苦しみながらも北朝鮮代表を下す!田中 碧が開始2分の決勝点【サマリー:FIFAワールドカップ26アジア2次予選 日本vs北朝鮮】

一覧へ

2024年3月21日(木) 22:50

日本代表が苦しみながらも北朝鮮代表を下す!田中 碧が開始2分の決勝点【サマリー:FIFAワールドカップ26アジア2次予選 日本vs北朝鮮】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本代表が苦しみながらも北朝鮮代表を下す!田中 碧が開始2分の決勝点【サマリー:FIFAワールドカップ26アジア2次予選 日本vs北朝鮮】
北朝鮮代表と対戦した日本代表は、田中 碧のゴールを守り抜き1-0で勝利を収めた

日本代表は21日、FIFAワールドカップ・アジア2次予選で北朝鮮代表と対戦し、1-0で勝利した。

国立競技場に北朝鮮を迎えた日本は、4-2-3-1の布陣を採用。GKには鈴木 彩艶が入り、4バックは右から菅原 由勢、板倉 滉、町田 浩樹、伊藤 洋輝が形成。2ボランチには守田 英正と田中 碧が並び、2列目は右から堂安 律、南野 拓実、前田 大然を配置。1トップは上田 綺世が務めた。

試合はいきなり動いた。開始2分、右サイドからの堂安のグラウンダークロスに反応した田中が右足を振り抜き、先制ゴールをマークした。幸先の良いスタートを切った日本は、その後もボールを支配する。12分には守田が角度のない位置からゴールを狙い、13分には堂安があわやというミドルを放つ。さらに43分には再び堂安が決定的なチャンスを迎えたが、なかなか追加点を奪えなかった。

1点リードで試合を折り返した日本だったが、後半に入ると戦況は一転。前への圧力を強めてきた北朝鮮に対し、後手を踏んでしまう。後半立ち上がりには決定的な場面を作られ、その後も自陣での戦いを余儀なくされた。

悪い流れを断ち切るべく、日本は58分に遠藤 航を投入。さらに74分には3枚代えで布陣を3バックに変更。相手の勢いを削いだものの、最後まで流れを取り戻すことはできなかった。虎の子の1点を守り抜いた日本は2次予選で3連勝を達成。しかし、26日にアウェイで行われる一戦に向けて課題の残るゲームとなった。

■試合データ
日本vs北朝鮮

 

一覧へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サッカーのポジション解説
サッカーの試合時間・タイムルール
インテンシティ
オフサイド
ビルドアップ

テレビ放送

一覧へ

明治安田J1リーグ 第8節
2024年4月13日(土)16:00 Kick off

旬のキーワード