今日の試合速報

JリーグID限定 2019シーズン開幕プレミアムキャンペーン
JリーグID限定 2019シーズン開幕プレミアムキャンペーン

J’s GOALニュース

一覧へ

【 プレシーズンマッチ:F東京 vs FCバイエルンミュンヘン(ドイツ) プレビュー 】ドイツ王者・バイエルンミュンヘンを新加入選手「ササ」などフレッシュなメンバー迎え撃つF東京(05.07.28)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7月28日(木)19:30キックオフ/味の素スタジアム
FC BAYERN MUNCHEN JAPAN TOUR 2005
F東京 vs FCバイエルンミュンヘン(ドイツ)
-速報スコアボードはこちら-
-インターネット中継はこちら-
----------

HOT6を終えたのもつかの間・・・連日、J1のクラブと海外クラブとの親善マッチが組まれる中、7月28日、FC東京はドイツの強豪、ブンデスリーガ優勝チームであるFCバイエルンミュンヘンを味の素スタジアムにむかえる。

ドイツ国内だけでなく、ヨーロッパの強豪チームでもあるFCバイエルンミュンヘン。欧州チャンピオンズカップ(現欧州チャンピオンズリーグ)4回をはじめに、ドイツブンデスリーガ19回の優勝を誇る。04/05シーズンはリーグを制し、ドイツFAカップも優勝と、実力はブンデスリーガでも抜きん出ている。所属選手の顔ぶれも、ドイツ、ブラジル、フランス、イングランドを始めとする、強豪国の代表プレーヤーがずらりと顔をそろえる豪華さでFCハリウッドとも呼ばれるほど。カーン、バラック、マカーイ、リザラズ、ダイスラー・・・挙げたらキリがない豪華メンバー。そのバイエルンが、およそ1週間後に開幕を控えフルメンバーで来日した。

土肥、加地、茂庭、今野のレギュラー4人を代表招集で欠いた上に、戸田、ルーカス、金沢、ジャーンのレギュラーメンバーが故障により出場できない・・・といった状況で強豪のバイエルンミュンヘンとの試合をむかえることとなったFC東京。しかし、ここまで試合出場を心待ちにしていた選手たちの「フレッシュさ」が、この試合の大きな見どころとなりそうだ。原監督は「代表やけが人、それに6連戦を戦った後で疲れが見えるメンバーもいるし、いろんな可能性をさぐりながらやりたい」としたが、そんな中、予想されるスタメンはGK遠藤、DF尾亦、増嶋、藤山、藤田、MFボランチに宮沢、浅利、右に石川、左に鈴木、トップ下の馬場とトップにササ・サルセード。

「バイエルンミュンヘンをたたくとしたら明日だなって思うんですよ」

原監督は力強く語った。バイエルンは、リーグカップの準決勝でシュトゥットガルトとの試合を前日(日本時間の夜中、1−2の敗戦)に終え、そのまま来日、そして来日翌日の試合となり「疲れ」は否めないだろう。しかし「相手が疲れている中でも本気になるような戦いをしたい。うちは前半、チャンスを欲しくて待っていたフレッシュな選手でフレッシュに戦って、消耗戦に持ち込み、後半勝負をかけたい」と狙いを話した原監督。勝負どころでの梶山選手、三浦選手、栗澤選手などの投入も見どころのひとつになってきそうだ。

さて、F東京で注目したいのが、ササ選手の日本デビューだ。「明日はゴール?そうだね」と練習後に笑顔をみせ「電話でもしようと思ってる」と、パラグアイ代表のチームメイトのロケ・サンタクルス選手との対戦も楽しみにしている様子。ササ選手のプレーについて、石川選手は「ササはボールをキープできるし、あそこでタメが出来るから両サイドが出て行きやすい。逆にササにはいいボールを入れてアシストしたいですね」と話したが、このあたりもリーグ再開後のF東京の戦いを展望する上でもチェックしたいポイントだ。

F東京サポーターにとってのもうひとつの見どころは、99年(当時J2)の天皇杯(途中出場)以来のトップチームの公式戦に出場となるGK遠藤大志選手だろう。社員だった昨年までと違いプロ契約をした今年、シーズン前には「自分が本当にチームに必要な選手なのかプロになって勝負したい」という思いを語った。「味スタでやるのも初めてだし、サポーターの人の応援もあるし、相手もバイエルン・・・自分の力以上のものを引き出してもらうことが出来ると思う」とし、JFLの東京ガスに高校を卒業して入団、今年で8年目を迎える遠藤選手は「7年間続けてこれたことに感謝して、それを支えてきてくれた人やスタッフの人たちのためにもがんばりたい。もちろん応援し続けてくれてるサポーターの人たちにも感謝の気持ちを込めたプレーをしたい」と思いを語り、今後にむけて「自信がもてるプレーをしたい」と目を輝かせた。「やっとやってきた舞台」だ。

そして、遠藤選手だけではなく、なかなかチャンスを得られずに悔しい思いを胸に秘めている選手たちの「フレッシュ」な活躍にも注目したい。原監督は「チャンスをいかして思いっきりやれ」と彼らに声をかけた。DFの増嶋選手は「死ぬ気で頑張る。フジさん(藤山)との連携は話しあったし、しっかり止めたい」。そして「こういう相手とやれるなんて、東京に来て良かった」とおどけて見せた藤田選手。「バラックとやるのは楽しみ、いっぱい触っておきますよ」と周囲を笑わせた浅利選手は「最近試合をやっていないし、思いっきり自分のプレーをみせたい」と表情を引き締めた。それぞれの思いがピッチで思いっきり表現されることが楽しみだ。

「見に来てくれてたお客さんに楽しんでもらえるように、我々が全開でプレーして、相手を本気にさせる」と原監督は選手たちへの期待を込め、「勝ちにいきますよ」と笑顔ながらも力強い口調、少し長めの前日練習を終え、いつものように自転車でクラブハウスを後にした。

超豪華メンバーのFCバイエルンミュンヘンを相手に、FC東京のフレッシュな力がぶつかる・・・7月28日夜7時半キックオフ、味の素スタジアムは熱い夜になりそうだ。

以上

2005.07.28 Reported by 日々野真理
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第2節
2019年3月2日(土)15:00 Kick off

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2019/02/23(土) 21:00 ゴール:広島vs清水 巧みな動き出しで最終ラインの裏に抜け出した北川 航也(清水)が後方からのスルーパスをゴール右隅に流し込み、アウェイの清水がエースの一撃でリードを奪う!【明治安田J1 第1節】