今日の試合速報

J’s GOALニュース

一覧へ

【第86回天皇杯決勝 浦和 vs G大阪:浦和レポート】光った都築の好セーブ。流れを変えた岡野投入。浦和、苦しみながらもG大阪を下し、天皇杯連覇を達成!(07.01.01)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
●第86回天皇杯 決勝
2007/1/1(月・祝)14:02キックオフ/国立/46,880人
浦和 1-0 G大阪
得点者:87'永井雄一郎(浦和)
----------

浦和が1対0とG大阪を下し、天皇杯連覇を決めるとともに、リーグとの二冠を達成した。

「今日のゲームを振り返ると本当にツイていたと思う」。
試合後のブッフバルト監督の言葉が表しているように、この日の浦和は幸運に恵まれた。ケガの影響で出場が心配された山田(急性腰痛)と鈴木(左太腿裏痛)は無事に先発したものの、やはりワシントン、闘莉王、三都主、坪井、田中達らの主力不在は痛い。ほぼベストの布陣で臨んできたG大阪に序盤から押し込まれると、苦しい時間は長く続いた。

「前半はガンバが非常に攻撃的で多くの得点チャンスがあるなど、我々にとっては助かったといえるシーンが何回もあった。結果的に無失点で終われたがGK都築に感謝しなければならない。彼は本当にすばらしいプレーでチームを救ってくれた」(ブッフバルト監督)。
シュート数6対21という数字を見れば、その苦しさが窺える。とくに後半はGK都築の好セーブが光った。46分、エリア内でこぼれ球を拾われ宮本にボレーシュートを許すも懸命の横っ飛びでこれを凌ぐ。さらに59分、遠藤のFKをゴール手前で山口に逸らされるもファンブルすることなくしっかり胸に収めると、82分にはディフェンスラインの裏を突かれ相手FW播戸と一対一となる最大のピンチを迎えたが、素早い飛び出しでゴールへの角度を奪うと体を張った懸命な守りでシュートをブロックした。
闘莉王、坪井、堀之内とリーグ優勝を支えた3バックが不在のなか、天皇杯では内舘、ネネ、細貝の急増DFラインの働きが光った。しかし、この日ばかりは都築なしでは無失点で終えることはできなかっただろう。

攻撃面に関していえば、終盤の選手交代が流れを変えることになった。この日、ブッフバルト監督は出場停止の解けた長谷部をベンチに置き、天皇杯に入り尻上がりに調子を上げてきた小野をトップ下で起用。準々決勝、準決勝の2試合で3ゴール1アシストと気を吐いた小野に期待をかけた。しかし、この日は中盤をG大阪に完全に制圧されてしまったこともあってか、小野も思うような仕事はさせてもらえない。
そんななか、60分を過ぎるとベンチが動きを見せ、62分に平川に代えて長谷部、76分に小野に代えて岡野を投入。この交代で、長谷部がボランチに入ると、山田がボランチから右サイドにずれ、岡野はいつもの右サイドではなく1トップの永井をフォローする形で前線に入った。すると、これが功を奏してか、徐々に浦和にもチャンスが生まれはじめ、終盤の決勝弾につながった。

「岡野の交代はうまくいった。しっかり決勝点のアシストをしてくれたし、彼が入ったことによってチームに新たな風が吹き込まれた」。
ブッフバルト監督が振り返ったとおり、岡野の前線への投入が流れを大きく変え、ゴールへのキッカケとなった。87分、その岡野は右サイドに流れて長谷部のパスを引き出すと、中央への折り返しで永井のゴールを演出した。

内容ではG大阪に圧倒されながらも、少ないチャンスを確実に活かし、1対0と勝利を収めた浦和。主力の不在は響いたが、急増のDFラインはもちろん、リーグではベンチを温めることの多かった相馬、小野、永井、岡野らがキッチリと個々の役割を果たし、新たな栄冠を掴むことになった。

この試合を最後に退任するブッフバルト監督は改めていった。「今日の勝利は確かにツキがあった。ただ、1年を通してみれば、二冠を取れたのは妥当だったのではないか」
ブッフバルト体制は、今後に大きな期待を抱かせつつ、最高の形で幕を閉じることになった。

以上

2007.01.01 Reported by 栗原正夫

※G大阪レポートは【こちら】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第9節
2019年4月27日(土)14:00 Kick off

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2019/04/23(火) 16:35 田中 亜土夢選手(C大阪)出演「Jのヒケツ」【朝日放送Jフットニスタ:4/22放送分】