今日の試合速報

先着30000名様に「金J限定 ベースボールユニ」をプレゼント!
シャウエッセン入りスープ45,000食無料提供! NMB48がハーフタイムライブに出演!

J’s GOALニュース

一覧へ

【J2:第37節 山形 vs 鳥栖】試合終了後の各選手コメント(08.09.23)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
9月23日(火) 2008 J2リーグ戦 第37節
山形 0 - 1 鳥栖 (16:04/NDスタ/6,838人)
得点者:28' 藤田祥史(鳥栖)
携帯でこの試合のダイジェスト動画を見るなら - ライブサッカーJ -
20日(土) 〜28(日) はFIFA フェアプレーデー!

----------
●長谷川 悠選手(山形):
Q:攻撃がうまくいかなかった原因は?
「うまくサイドが崩せたらいい形にはなっていたと思います。でも、奥まで行って小さいミスとか、触らなかったりとかすごいしたので、そこは問題かなと思います。ミスは相手のプレスも早かったんですけど、自分たちにイージーなミスが多かったのでダメでした。簡単なミスが多かったので、しっかりつないで。前半から急いで攻めすぎたのかなあと思うので、もうちょっとゆっくり、つなげるところをつないだほうがよかったかなあと思います」

Q:イエローカードが累積4枚目になりましたが、あのプレーはものすごい気迫のスライディングでした。
「空回りでしたね。しっかり休みたいと思います」

Q:下のチームとの差がまた詰まってきましたが、昇格に関してはどう考えていますか?
「やっぱり、1試合1試合勝っていかないと、相手のチームも勝ったら順位が変わっちゃうぐらい、今は混戦なので、1試合1試合勝てるように頑張らないといけないですけど、空回っちゃうのであまり気負いすぎないように、頑張れたらいいかなと思います」

●石川竜也選手(山形):
「前半の攻撃はあまり印象に残ってないですね。相手のプレスは全然感じてないです。もうちょっとサイドチェンジとかでうまくボールが回ってきてればよかったかなと思います。そこでミスしたりとかあったから、ちょっと流れがうまくいかなかったところはあると思います。パスだったり、トラップだったり、基本的なところでミスが多かったと思いますよ、今日は。これは(昇格の)プレッシャーとかじゃないと思うし、そういう意識はもっと持たないといけないと思いますね」

Q;後半の立ち上がりはいい形でしたが、それを前半からということはできませんでしたか?
「それはゲームの流れとかあるので。前半からああいうふうに行きたいのは僕らも思ってるので、結果的なことだと思うんですけど。どっちもそんなに悪くなかったと思うし、あの失点場面も一瞬だったので、そんなに僕らがやられたという感じじゃないんだけど、ちょっとしたミスなんだけど、ああいうのは失点になる。前回のセレッソ戦もそうだし、そういうところはチームとしてのところも当然あるんだけど、個人個人で危機管理を意識しないと、いくらみんなが意識しても、やっちゃいけないミスはやっちゃいけないし、そこのところは個人個人が責任を持ってやることが必要だと思います。ひとりひとりが何が足りないかというところもあるだろうし、そういうところを少しでもレベルを上げていくことと、あとは終盤なのでコンディションをしっかり整えること。次はしっかり100パーセントできるようにすることはすごく大事だと思います。僕らに昇格する力がある、ということは昇格して初めて言えることだと思うので、一所懸命やらなきゃいけない。しっかり100パーセント出さないと絶対に勝てないですよ。100パーセント出せばいい試合ができると思います」

●馬場憂太選手(山形):
「ポジションがボランチだったので、ボランチでしっかり受けて前でプレーするということでした」

Q:深い位置からスペースへいいボールが出ていましたが、あれは有効だと考えていましたか?
「負けていたし、あとは間延びしていたし。みんな焦っちゃって前へ、前へと急いでいた感じがあったので、そこを焦らないでボールを持って、前に出してくれと言われました。結果的に、今日は0−1で負けちゃったんですけど、ベンチから観ていても相手のほうが気迫が上回ってたかなと思いました。なので、球際のところは僕は思いっきり行ってたんですけど、ああいうところで行かないと、相手もどんどん気持ちよくプレーしちゃうので、そういうところで行っていれば、あとからビビッてプレーするとか、ファーストタッチがズレるとかというところが出てくるので、そういうところをもっともっとやっていかないと厳しいんじゃないかなと思います。あまり大差はないと思うし、あとはそういうところ、球際とか向こうは体張ってたし、そういうちっちゃなところだと思います」

Q:どのように立ち直しますか?
「ちょっと(次の試合まで)空くのでわかんないですけど、自分的にはコンディションがよくなってきてるので、もっと絡めるようにしていきたいなと思います」

●廣瀬浩二選手(鳥栖):
「今日はみんな出足がよくて、球際も強く行けてたので、やっぱりそこが今までの試合と違って、球際とか行けてることでセカンドを拾って攻撃に行く回数が多かったので、前半はいい流れでいけました。後半は押し込まれてこっちは蹴るだけだったので、前半やってたサッカーを後半も出せたらいいと思います」

Q:1得点後は攻撃でいい形ができましたが、気持ち的にラクになったんでしょうか?
「そうですね。みんな大胆というか、セーフティやけど1個飛ばして狙おうというパスが多くなったと思うので、そういうのでボールがよく回ったと思います」

Q:個人的にも、前節の悔しい思いを勝利に結びつけることができましたね。
「前節は会社がすごい力を入れて、観客を入れてくれた試合だったので、どうしても勝ちたくてやって、ああいう大きな試合ではひとつのミスが命取りになるので、そのミスを自分がしてしまったというので、情けない気持ちで、自分に腹立たしい気持ちがすごい大きくて、あの試合を取り返すことはできないんですけど、いいプレーを続けていったら、『あいつ、ああいうことで変わったな』と思われると思うので、今日みたいに走って、裏取って、味方との連携をうまくしていく試合を、この1試合で終わったら意味がないので。続けていかないとダメなので。直接対決で勝っていけるとまだまだわからないので、『しぶとい鳥栖』と言われているので(笑)、しぶとさ出していきたいです」

以上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第1節
2019年2月23日(土)14:00 Kick off

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2019/02/19(火) 18:02 ナイツがJリーグをネタに漫才を披露!イケメンJリーグ選手編【Jリーグ漫才】