今日の試合速報

FNJ0823鳥栖vs神戸左
FNJ0801神戸vsG大阪右

J’s GOALニュース

一覧へ

【J1:第27節 F東京 vs 新潟】試合終了後の各選手コメント(10.10.23)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
10月23日(土) 2010 J1リーグ戦 第27節
F東京 1 - 1 新潟 (15:05/味スタ/23,074人)
得点者:45' マルシオリシャルデス(新潟)、61' 梶山陽平(F東京)
スカパー!再放送 Ch181 10/26(火)後09:00〜
試合速報一覧 | クラブサポーター対抗totoリーグ
★JリーグヤマザキナビスコカップFINALチケット発売中!
----------

●石川直宏選手(F東京):
「高い位置でボールを取りにいくことができなかった。相手の戦い方がうまかったという印象があります。プレッシャーにいきたいんですが、いける場所が限られていない。守備でも攻撃でも僕らがアクションを起こしていく形が、僕たちの形。相手に合わせる時間が少し多くなってしまった。低くてもやられてはいなかったが、ボールを奪っても攻撃の時間がどうしてもかかってしまうのでもう少し高い位置でプレスにいきたかった。それでも、サイドからチャンスも作れたし、シュートのチャンスもあったので・・・。FK一本でやられてしまったのは自分にも責任がある。先にとられると苦しくなるので反省しないといけない。今日は僕のところで決めていれば、勝っていた。最後はゴンちゃん(権田)に助けられたゲームだった」

●森重真人選手(F東京):
「FKの失点だけだったし、しっかり守れたのでそれはよかったと思います。まだ最後も含めて不安定な場面が何度かあったのでそこはもっとチームとして高めていかないと。一つ二つ隙があれば、それが失点に繋がってしまうので。パスミスを奪われて速攻を食らっている。ただ、だからといって前に向かって蹴るという風にはしたくない。それを恐れずにやったほうがいいし、精度を上げていけば、問題はない。後は、エリアをしっかりと判断してプレーできればいいと思う」

●権田修一選手(F東京):
「失点したFKは壁を立てて誘ったコースだったので、止めないといけなかった。PKは点を取りにいって長いボールを蹴ったんですが、それがひっかかってカウンターを食らったことが原因。自分のミスが招いたPKだったので、絶対に止めたかった。マルシオはキックが上手いので、感覚で飛びました。止めてやるという気持ちで止めたPKでした。あのPKを止めていなかったら、負けていたのでこの1−1は大きい。ただ、これを意味のあるものにするかどうかは次の試合にかかっている。これで次の試合に負けてしまっては意味がない。残留するためには勝点を奪ったことは大きい。反省も多いが、ポジティブに捉えていきたい」

●梶山陽平選手(F東京):
「チームとしての全体の流れは悪くなかったと思う。しっかりと守って、奪ってからしっかりと繋ぐこともできていた。勝点3を狙っていたので、1でいいというわけではない。コンディションも上がっているし、感覚は決して悪くない。攻守両面でまずは自分のプレーをできるようにしたいと思います。PKは相太に『蹴る?』と聞いたら『蹴らない』と答えたので僕が蹴りました。GKは蹴ってから飛んだので、大丈夫だと思っていました。監督からゴール前にどんどん出て行けと言われているので、もっとそのプレーの量を多くしていきたいと思います」

●今野泰幸選手(F東京):
「あのFKは仕方ない部分があるが、最後の笛が鳴るまで、リスクマネジメントは必要だと思う。チャンスも作っていたので、いけるという雰囲気もあった。CB、SB、そしてボランチである程度、リスクマネジメントは続けていかないといけない。最後は、チャンスだと思ってフワッと攻めあがってしまっていた。そういった部分を詰めていかないといけない。反省するところはあると思う」

●マルシオ・リシャルデス選手(新潟):
「状況を考えても、凄く難しい試合だったと思います。F東京にとってみても。前半はよくボールを動かせたし、しっかりと走れた。やっぱり1点取って後半1点取られたあたりから少しリズムが崩れてしまった。チーム全体としてはよく走れたと思う。最後のPKを外してしまったのは残念です。全体としてはよかったと思います。交代した大島選手はボールを収められる選手ですし、ペナルティエリアでも仕事ができる。あそこのポジションから走るということを考えた時、みんなのスイッチも入って走り出すこともできる。ただ、交代した時間帯は、F東京の選手のほうがランニングの量も多かったし、新潟よりも走っていた。あそこで僕たちがもう少し落ち着いてうまくボールを回せていたら、ゲームの流れは違っていた。でも、サッカーはそういうものだと思う。
(先制点のFKは)チームの300点目ということはうれしいです。前半の終わりで、非常にきれいなゴールでしたし、それに300ゴールという結果がついてきた。でも、300点目だったとは知らなかった。PKは真ん中にチョンッと落とすつもりだった。だけれども、GKが先に動かなかったし、少し難しかった。次のチャンスでは決めたいと思います」

●本間勲選手(新潟):
「うちのペースだったと思いますが、後半セカンドボールが拾えなくなって少し向こうのペースになってしまった。ああいう形で失点してその後も何度か厳しい場面を作られた。そこを何とか踏ん張れて最後にチャンスもあった。残念ながらそれは入らなかった。悪い時は後半、リズムが悪くなって失点してそのままズルズルいってしまうこともある。そこは、踏ん張れているので悪い時よりはよくなってきたのかなと思います。最後のPKは少しもったいないと思いますが。前半もうちのいいところを消そうとしてきた。最終ラインからの長いボールを蹴らされていたと思うし、真ん中にボールを出させてそこで奪って速く攻めるということを狙っていたと思う。後ろではボールを回せたんですが、なかなか前にボールを出すことができず、前半からやりづらさはあった。その後、うまくファールをとって点には繋がった。後半は、向こうも点が欲しいというところで前からきた。そこでボールを保持できなくなって向こうのペースになってしまったのかなと思います。
負けたわけではないので、しっかりといい準備をして名古屋戦のように自信を持って戦えればいい勝負はできる。この引き分けを引きずらないようにしたい。サイドにボールがいったときにもう少し仕掛けてもよかった。結局、そこで後ろに下げてという形が多かった。サイドバックを使ったり、もっと思い切った勝負が少なかった。少しボールを失いたくないというところで大事にしすぎた。思い切っていくところはいかないとなかなか点には繋がらないと思う」

以上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第24節
2019年8月24日(土)19:00 Kick off

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2019/08/22(木) 16:07 衝撃的なヒールでのプレー編【TOP10 GOALS】