今日の試合速報

2019 明治安田生命Jリーグ終盤戦特集
2019 明治安田生命Jリーグ終盤戦特集

J’s GOALニュース

一覧へ

【J1:第28節 清水 vs F東京】長谷川健太監督(清水)記者会見コメント(10.10.30)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
10月30日(土) 2010 J1リーグ戦 第28節
清水 1 - 2 F東京 (13:04/アウスタ/7,117人)
得点者:32' 平山相太(F東京)、65' 大黒将志(F東京)、78' 大前元紀(清水)
スカパー!再放送 Ch308 11/1(月)後10:00〜
試合速報一覧 | クラブサポーター対抗totoリーグ
★JリーグヤマザキナビスコカップFINALチケット発売中!
----------

●長谷川健太監督(清水):

「台風の中、熱い声援を送っていただいたサポーターには本当に感謝しています。ホームで勝てなかったということは、本当に悔しい結果だと思っていますし、何とかあと残り6戦、ホームで勝てるようなゲームを続けていきたいと思っています。
今日のゲームは、1点取られてから非常にボールがよく動き出したんじゃないかなと思っています。1点取られる前までは、今日のピッチコンディションということもあったと思いますが、なかなか(相手の)ブロック間を崩しきるようなボール回しができなかったのかなと。1点取られて、取りにいかなければいけないということで、非常にボールが動くようになって、チャンスも作れたのかなと。セットプレーで先制点を取られたということは、非常に痛かったですが、その後の戦い方に関しては、非常にチャンスも多く作って、あともうひとつ決めきることができなかったのかなと。その差が、今日の結果につながってしまったと思っています。次節はセレッソ大阪戦、アウェーのゲームですが、あと6試合……昨年は、この6試合でなかなか勝星を積み上げることができなかったので、今シーズンこそ良い形で終われるように、また1週間きちっと準備はしていきたいなと思っています」

Q:試合前に、チャレンジの姿勢を忘れないで攻守にアグレッシブにということをおっしゃってました。難しいコンディションもあったと思いますが、そのへんの評価はいかがでしたか?
「チャンスの数では、自分たちが意図して崩した数というのは、間違いなくエスパルスのほうが多かったと思っていますし、もちろんカウンターから危ない場面も何回かありましたが、そういう意味ではチャレンジという部分に関しては、攻撃的な姿勢を最後まで持って戦ってくれたんじゃないかと思っています」

Q:少しDFラインを上げきれずに、中盤との距離が空いてしまったような時間帯があったと思いますが。
「それは、ハーフタイムで指示はしました。前半途中ぐらいから、少し長いボールを恐がって間延びした部分があったので、ハーフタイムにもう少しDFラインを上げていこうということで、後半は相手が1点、途中で2点になりましたがリードしているということで、あまり攻めに出てくるような状態ではなかったですが、よくセカンドボールを拾って、自分たちの2次攻撃につなげるというシーンは作れたんじゃないかと思っています」

以上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第34節
2019年12月7日(土)14:00 Kick off

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2019/12/06(金) 19:03 今年もまた最後の死闘が始まる!【J1参入プレーオフ】