今日の試合速報

決勝は10.26土 川崎Fvs札幌 左
決勝は10.26土 川崎Fvs札幌 右

J’s GOALニュース

一覧へ

【J1:第28節 清水 vs F東京】試合終了後の各選手コメント(10.10.30)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
10月30日(土) 2010 J1リーグ戦 第28節
清水 1 - 2 F東京 (13:04/アウスタ/7,117人)
得点者:32' 平山相太(F東京)、65' 大黒将志(F東京)、78' 大前元紀(清水)
スカパー!再放送 Ch308 11/1(月)後10:00〜
試合速報一覧 | クラブサポーター対抗totoリーグ
★JリーグヤマザキナビスコカップFINALチケット発売中!
----------

●廣井友信選手(清水):
「守備は、2点やられてしまいましたけど、(個人的には)うまくやれたと思っています。ただ、押し込んでいる時間が多かったから、ビルドアップという部分で、僕のところでちょっと止まっちゃっている感じもあったので。もうちょっとシンプルに預けたり、スムーズにできたら良かったなと思います」

Q:この天気でのやりづらさは?
「それは相手も一緒だし、こういう中で試合したことも小さい頃からあるし、何とか勝ちたかったけど、勝てなくて残念ですね」

Q:風が巻いていて難しい部分はあった?
「そうですね。ロングボールは精度が落ちると思うので、なるべくグラウンダーのパスでつないでいこうと言っていて、けっこううまく回せていたと思うけど、最後の決めるか決められないかというところだったと思います。チームとしても個人としても、絶対に勝ちを取りたかったので、残念ですね」

●大前元紀選手(清水):
Q:ゴールシーンで切り返したところは、冷静に相手の動きが見えていた?
「見えてましたね。自分としては冷静になれたかなと思います。ディフェンダーも食いついてくれていたから、かわしてうまく決められたという感じですね」

Q:左足で股を抜いていますしね。
「それはたまたまです。でも、2点目が取れれば良かったけど」

Q:やっとアウスタでの初ゴールですね。
「いろんなことを経験できているし、結果的に点も取れて良かったです。ACLには出たいので、これからも頑張りたいです」

●兵働昭弘選手(清水):
Q:序盤は少し主導権を握れなかったと思うますが、やりながらの感触は?
「そこまで悪い感じでもなかったけど、1点目の失点も結局自分たちのミスでCKを与えちゃってというところがあったので……。あの時もそんなに無理していかなくても良かったと思うから、GKを使って逆サイドに変えても良かったと思うし。とくにこういうピッチ状況の場合は、自分たちが保持しているときに、そういう判断をもっとしっかりしないといけないと思います。そういうミス絡みで失点してしまうと、なかなかリズムも上がってこないところもあるので」

Q:今シーズンの残り試合に向けては?
「前向きにチャレンジするしかないと思うし、チームとして頑張るのもそうだし、個人の能力を上げるという意味でも、どの試合もひたむきにチャレンジしてやっていくことが大事だと思います。そうすれば個人の能力も上がると思うし、チーム力も上がると思うから、今なかなか乗りきれない状況だけど、もっともっと思い切っていろんなことにチャレンジして、活路を見出すしかないのかなと思います」

Q:そのチャレンジするという意味では、今日もやれてはいたと思いますが
「そうですね。でも、最後の詰めのところで、ゴール前とかフィニッシュの精度だとか、そういう部分を上げていかないと。それはずっと言っていることだけど、やっぱりそれを求めていかないといけないと思います」

●岡崎慎司選手(清水):
「足(の痛み)は問題なかったです。(交代で)出て、前に引っ張ってやろうと思ってプレーして、流れは変えられたと思います。永井さんや元紀が周りをサポートしてくれたので、ゴール前に集中できました。クロスに対しても良い入りができていたので、点を取りたかった。試合勘に関しては、まだまだ足りないところはあります。悔しいし、勝たなければいけない試合だった。チームは良くなってきているので、決めるところを決めないといけない。次で勝てるように点を決めたいです。チームのやりたいことはできているので、あとは前を向くだけだと思います」


●大黒将志選手(F東京):
Q:米本選手が入って変わったことは?
「アグレッシブに長い距離をアプローチしてボールを取ったりできるので。終盤はちょっと下がったけど、今日も(全体的に)あんまり下がらずに前から結構プレスができたと思うので、それは良かったかなと思います。夏場だったらけっこうきついけど、天気も涼しくなってきているので、ああいうのができるとね」

Q:最後の6試合に向けて勢いに乗れそうですか?
「そうですね。僕自身はとりあえずもっとゴールを取れるようにやっていきたいです」

Q:清水のDFラインをうまく裏に引っ張れていたと思いますが、手応えはどうですか?
「そうですね。でも、もっと決定的なチャンスがあったので、それを決めたかったし、いつも狙っているけど、とにかくチャンスがあったらそれを決められるようにやっていきたいです」

●中村北斗選手(F東京):
まずは勝てて、一番良い結果で終われて良かったと思います。早めの時間帯で点が取れたし、前半の最後にピンチはあったけど0で守れて、後半も2点目が結構早かったので、はっきりした戦い方ができたんじゃないかと思います」

Q:守備のほうで意識していたことは?
「サイドバックとしては、右も左も中に絞ることを意識していて、ヨンセンに当ててきたところに入ってくる選手に対してぼかさないように。マンツーマンになってもシャドーについていけるようなことを意識してやってました。そんなにやられるところもなかったけど、クロスのときに一歩前で触られていたので、そのへんは反省して。でも、しゃべりながらうまく守れていた部分も多かったと思います」

Q:今後に向けて自信になるような試合内容でしたか?
「そうですね。この間仙台戦で逆転負けしたので、その反省を生かせた部分もあったと思うし、うまく最後まで守りきるということもできていたと思うので。残り試合もこういう厳しい試合になると思うけど、今日みたいな試合ができればいいと思います」

●石川直宏選手(F東京):
「ヨネが復帰してきたり、この雨の中でたくさんのサポーターが来てくれたりして、試合が始まる前から非常に集中していたし、気合も入っていたので、みんなで戦って勝ったという手応えを非常に感じます」

Q:悪天候でしたが、試合の入り方はどんなことを気をつけてましたか?
「いつも通りなんですけど、良い位置でプレスをかけに行って、攻守の切りかえを早くする。縦にボールを入れられても、その後でプレスバックするとか、そういう基本的なところを90分やり続けられた結果だと思います」

Q:攻撃で意識していた部分は?
「今日は前でボールが収まることが多くて、そうなるとチームとしてリズムもできるので、そこに入っていくことも考えたんですけど、少しワイドに開いて、相手のボランチの横のスペースをうまくFWの選手に使ってもらおうかなと。(平山)相太もオグリさん(大黒)も、そういう場所や前でも起点になって、僕らも動きやすかったですね」

Q:CKの時は、ファーサイドを狙った?
「そうですね。ヨンセンがニアにいるので、まずはそこを越えることを考えて。ゴールに向かって巻いていくボールは、僕の中では苦手としている方向なんですけど、ヨンセンのところを越えれば、相太の高さもあるし、中での迫力が最近あるので、ニアで引っかからないボールを蹴ろうと思ってました」

Q:米本選手が戻ってきたのは大きいですか?
「ヨネは見ての通り、自分の身体を犠牲にしてもボールを取りに行く力というか勇気もあるし。ケガ明けであれだけプレーできるというのは考えられないですね。同じケガをした仲間としては(笑)。もちろんプレーの面で、ボールを取る力とか実際にボールを奪う機会が多くてチームは助かっているんですが、ああいうひたむきな動きを見ていると、やっぱり勇気をもらうというか、やっていてもすごいなと思いましたね。あそこでボールを高い位置で取れて、また攻撃につなげられるというのは、チームとしても本当に大きな武器だと思います」

Q:次は味スタに戻ってガンバ戦ですが
「味スタの雰囲気は素晴らしいと思うし、ホームでこれだけのゲームができれば、たぶん相当な雰囲気でスタジアムをあとにすることができるし、その後の戦いにも非常に良いつながりができると思うので、今日のような試合を90分やり続けることが大事だと思います。サポーターにお礼するためにも、味スタでまず勝ちたいです」

以上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

JリーグYBCルヴァンカップ 決勝
2019年10月26日(土)13:05 Kick off

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2019/10/21(月) 11:06 日常生活で起こる出来事にVARを入れてみると・・・「もしもVARが日常にあったら・・」【ルヴァンカップ 決勝】