今日の試合速報

FUJI XEROX SUPER CUP 2019 fxsc2019 FXSC 1月13日(日)10時〜 一般発売開始!!
FUJI XEROX SUPER CUP 2019 fxsc2019 FXSC 1月13日(日)10時〜 一般発売開始!!

J’s GOALニュース

一覧へ

【Jユースカップ2010:準々決勝 F東京vs柏/東京Vvs神戸】プレビュー:2試合とも実力伯仲の好カード!難関を打ち破って勢いづくのは!?(10.12.18)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
12月19日(日)Jユースカップ2010:準々決勝
F東京vs柏(11:00 KICK OFF@刈谷
東京Vvs神戸(14:00 KICK OFF@刈谷
Jユースカップ2010特集サイト
Jユースカップ2010出場チーム紹介
------

初戦の関門を突破したものたちが激しくぶつ合う準々決勝。愛知県刈谷市で開催される2試合はどれも実力を持ったクラブが激突する好カードそろいとなった。

◆F東京vs柏
優勝候補同士の激突だが、初戦の勝ち上がりを見ると非常に対照的だ。圧倒的な攻撃力にものを言わせ、新潟相手に大量22本のシュートを浴びせて、3−0で完勝したF東京に対し、大宮の精度の高いサイド攻撃に苦しみながらも、虎の子の1点を守り抜き、薄氷の勝利を掴んだ柏。
だが、柏は「ここまで出来の悪い試合はここ数ヶ月の中で見たことが無い」と下平隆宏監督が語ったように、初戦の硬さからか、思うようなサッカーを展開できない中で、「選手たちが自分たちで試合の流れを読み取って、コミュニケーションをとりながら戦い方を選択した」(下平監督)ことで、難局を全員で乗り切ったことは、少なからずチームに自信と勢いを与えており、この試合が前の試合の状態以上に仕上がっているのは明白だ。
ただ、F東京はどの試合でも安定した力を発揮できることが強み。秋岡活哉と前岡信吾の強烈2トップを軸に、攻撃の急先鋒であるMF武藤嘉紀、正確なキックを操るMF江口貴俊らがバリエーションのある攻撃を展開。守備面でも要のDF松藤正伸を中心に、全員がハードワークをし、ボールの奪いどころもサイドに追い込んで、うまく起点を作って、相手の薄くなったサイドを巧みに突いて攻め切るサッカーの完成度は非常に高い。新潟戦でも攻撃力の裏側には、相手のシュートを3本で抑える抜群の安定感があった。
「相手は前から来る。相手の前からの圧力に屈してしまったら、そのまま押し切られてしまうので、押し込まれたときにどう対処するのか、しっかりと考えたい」と柏のワンボランチ・相馬大士が語ったように、全体が前への圧力を強め、攻めきろうとするF東京に対し、柏が【4-1-4-1】の布陣の中で、いかに4ラインが連動して、距離感を保ちながら、守備をはめ込んですばやくパスを繋いでショートカウンターを繰り出せるか。ここの攻防が大きなポイントとなりそうだ。

◆東京Vvs神戸
夏の王者が初戦で高円宮杯全日本ユースベスト4の三菱養和をPK戦の末に振り切った。常に先行される苦しい試合展開だったが、2度追いついてのPK戦勝利。これはチームに大きな勢いをもたらしてくれるだろう。
初戦を乗り切って、次なる相手・神戸においてポイントとなるのがアタッカー陣だ。FW南秀仁がいかに前線でいい状態でボールを受けることが出来るか。そして彼にボールが渡った際に、MF小林祐希や杉本竜士といった2列目が果敢に絡んで、2次、3次攻撃を仕掛けられるかがポイントになる。
神戸はエースで大黒柱のFW小川慶治朗が復帰したのが大きい。トップチームですでに定位置を確保している彼は、J1リーグ最終戦においてチームの残留劇を締めくくる4点目のゴールを挙げるなど、終盤戦において大活躍を見せた。その男が、「ユースの仲間たちと一緒にサッカーが出来るのはこれで最後。絶対に優勝して終わりたい」と満を持して今大会に参戦。初戦の札幌戦は相手のスピードを生かした攻撃に手を焼きながらも、0−0で迎えた57分に小川が投入されるとチームは一気に波に乗り、65分にDF秋山貴嗣が、76分にMF堀江修平が決めて、2−0の勝利を飾った。
チームの攻撃を司るMF和田篤紀も今年は、好不調の波が激しく、彼本来のクリエイティブなプレーは影を潜め、黒田和生監督の信頼をなかなか得ることが出来なかったが、ここに来て信頼を取り戻し、ピッチに帰ってきた。彼を中心に高見啓太、片岡爽、峯崎聖久、そして小川が絡んだ中盤は安定感抜群で、ようやく神戸本来のチーム力が取り戻されたと言っていい。夏の王者を打ち破って、一気に頂点まで駆け上がるのか。白熱の展開が予想される一戦だ。

以上


2010.12.18 Reported by 安藤隆人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

アジアカップ 決勝トーナメント
2019年1月21日(月)20:00 Kick off

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2019/01/13(日) 13:00 ♯1 アリアンツ・シュタディオン(オーストリア/ウィーン)