今日の試合速報

FUJI XEROX SUPER CUP 2019 fxsc2019 FXSC 1月13日(日)10時〜 一般発売開始!!
FUJI XEROX SUPER CUP 2019 fxsc2019 FXSC 1月13日(日)10時〜 一般発売開始!!

J’s GOALニュース

一覧へ

【第94回天皇杯 3回戦 F東京 vs 松本】試合終了後の各選手コメント(14.08.20)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
●河野広貴選手(F東京)
「本当によかった。こぼれてきたけど、くると思っていた。後半はもっと落ち着かせようと思っていたが、そこで交代してしまった。体力的にも余裕があったので、まだいけた。この間、出ていなかったらもっとつかってほしかった。早い時間で点を取れないとキツイ。早く取れば、自分たちのペースで進める。取れない時間が続くとまだ難しい。前半は、攻撃にいけるようにセカンドを拾おうと思っていた。前半は五分。思うように回せなかったし、後半はうちのペースだった。週末の浦和戦は、もっと点を取りたいし、上に勝たないと上にいけない。誰が出るか分からない。練習も良い感じ。みんな走るし、戦える自信はある。代表のことは考えていない。今は、何よりこのクラブで勝ちたい。週末、きょう残した体力をつかいきります」

●米本拓司選手(F東京)
「松本はJ2で2位につけるので、難しい相手でしたが、良いメンタルで入ってしっかり勝つことができてよかった。まず守備をしっかりと固めて前半先に1点取れれば良いと思っていました。良い時間帯で河野君が点をとってくれたので。そのあとは自分たちの攻撃ができて追加点もとることができた。ゲームプラン的にはよかったと思います。相手が引いていたので、僕や、秀君(高橋秀人)やタマ(三田啓貴)がしっかりとシュートを狙っていけば、相手を引き出せると思った。前半のはじめはミドルを打とうと考えていた。前半の終盤、ミドルが相手に当たってたまたま良いところに転がってくれた。それが得点につながって良かったです。個人的には周りの声は気にせず、チームが勝つことだけを考えていた。代表どうこうではなく、いまは結果を残すことが第一なので。守備の部分は良いと言われ続けてきた。それをスタンダードにして、それにプラスアルファして攻撃がないと。そこは永遠の課題なので。もっともっと突き詰めていって、もうワンランク上にいけるようにしっかりと準備していきたいと思います。負けがないので、ひとつ油断すると、チームは崩れてしまう。2日しかありませんが良い準備をしたいと思います」

●三田啓貴選手(F東京)
「今日は中盤が空いていたので、ドリブルで運べるイメージがあった。選択肢があった中で、迷わなかった。いつも通りの戦いができた。リーグ戦に向けてこの流れを崩したくない。きょうはバランスを取るところと、行くところを意識した。ニュウさん(羽生直剛)のプレーを見ていて参考にした。バランスを意識しないと、得点という結果だけではいけない。(試合に出るためには)何よりもチームの勝利を優先しなければいけないし、監督の選考基準を意識しないと」

●平山相太選手(F東京)
「代表は意識していない。F東京が勝つことだけに集中しているので。ゴールシーンはコースケ(太田宏介)からいつも入ってきてほしいと言われているので、タイミングは意識していたし、狙い通りだった。与えられた時間でしっかりやるだけ。監督の判断はリスペクトしているので、監督のチョイスにしっかりと応えたい」

●多々良敦斗選手(松本)
「今日は愛媛の試合よりも暑くて汗をかいたが、それで動けなかったわけではない。何ができて何ができないかが分かったことはよかった。もっと収めるところは収めて、自分たちの時間帯を作らないといけないとは感じた。(チームはJ1昇格を目指しているが?)今のままではJ1に昇格してもやられてしまうので、しっかり戦えるように、まずはJ2で頑張りたい。残り試合はまだまだ多いので、少しずつでも力をつけていきたい」

●村山智彦選手(松本)
「失点は2つとも残念な形で、与えてはいけない時間帯に与えてしまったことはチームとしても自分としても残念。もっとコーチングでディフェンダーの選手を動かしたかった。一方で自分の中で自信になった部分もあり、そこはもっともっと伸ばしていければと思う。F東京はJ1の中でも現在調子が良く、アタッカー陣はかなり強烈だった。あとはリーグ戦しかないので、この経験を無駄にしないようにまずは山形戦に勝ちたい」

以上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

アジアカップ 決勝トーナメント
2019年1月24日(木)22:00 Kick off

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2019/01/18(金) 15:00 スペシャルムービー~プロになるという夢を抱えた選手たちの想い~【Jリーグインターナショナルユースカップ】