今日の試合速報

新型コロナウイルスの影響による開催延期試合のチケットの取り扱いについて

J’s GOALニュース

一覧へ

【J1:第21節 広島 vs C大阪】試合終了後の各選手コメント(14.08.23)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
●森崎浩司選手(広島):
「広島で大変なことが起こった後の試合だったので、絶対に勝ちたい気持ちでやっていました。得点を取らないと勝てないと、試合前にいい聞かせながら試合に入りました。ただ今日のようなシュート3本しか撃てないようなサッカーだと、もどかしさの残る試合になってしまいました」

Q:監督がメンタル的に厳しかったのではと言っていましたが?
「僕的には、勝つことで被災された方々が少しでも明るくなれればという気持ちでやっていました。メンタルが難しいとかはなかった。僕らは試合ができるだけでも幸せなこと。その思いをもう少しピッチの上で出し切らないといけないかなと思います」

●水本裕貴選手(広島):
「今日は、勝ちにつなげたい試合でしたね。シュートも少なかったですし。僕たちDF陣としては、最低限の仕事ができたと思います。相手のプレスに対して、早くボールを動かして、パスコースをつくることが後半は全然できませんでした。相手を押し込むために、もっとやらなければいけません。守備に関しては前線の選手たちが流動的なので、しっかり捕まえるところ・受け渡しのところをうまくコミュニケーションをとりながらやろうとしていました」

Q:カカウ選手について
「技術もあるし、経験も豊富で、1チャンスを仕留められる選手なので、90分集中して守備をしていました。特にゴール前は厳しくいこうとしました」

Q:あとは攻撃ですね
「その通りです。守備がある程度やれることはわかったので、ここから攻撃で得点をとることをやりたいです。もう少しみんなで動くこと。最近ボールロストが多いので、修正したいです」

●柏好文選手(広島):
Q:サイドで崩せたと思いますか?
「うーん、難しいところですね。何度かカウンターのシーンもあって、スペースが空いた時には、クロスやシュートまでやりきれることはできていましたが、回数がそんなに多くなかった。もっともっと、増やさないといけないと思います」

Q:皆川佑介選手にクサビが入った時に、周囲との距離感が開いていた感じがしたのですが
「ミナ(皆川)にボールが入った時はおさまるけど、トラップだけでなくダイレクトに合わせてくれてもいい。それができれば、もっとテンポよく厚みのある攻撃ができてきて、外も空いてもくるだろうし、いいリズムも出てくると思います」

●平野甲斐選手(C大阪):
「先発は、試合前に言われました。初めてやったポジションだったから、試行錯誤しながら試合に入りました。前の2人が足下で受けるのがうまいから、僕が裏に引き出したスペースにディエゴ(フォルラン)とカカウがうまく受けてくれるように、空走りでもいいと思いながらやっていました。うまくいったかどうかは自分ではわからないけど…」

Q:2列目は3人が並んでいるのでしょうか?
「4-3-2-1かな。僕が1つ前です。ただプレスをかける時は、前に前にというイメージです」

Q:カカウ選手とやってみていかがでしたか?
「失礼な言い方ですが、思っていた以上に起点になってくれました。アグレッシブに守備もしてくれたから、僕らはすごく助かっていました。これからもっともっと面白くなると思います」

Q:次への感触は?
「今日はプレーしていて、得点の匂いがした試合でした。中央から崩す形も見られていましたし、2人だけでなく3人・4人とパスを回して、パスを出して前に、パスを出して前に行くことでチャンスがつくれていました。たった1週間しか練習しなかった割には、コンビネーションは合っていたと思います。手応えも感じた試合でした」

以上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2020/02/28(金) 12:04 2020シーズン開幕 リーグ戦初のVAR判定!【Jリーグジャッジリプレイ2020 #1-1】