今日の試合速報

FUJI XEROX SUPER CUP 2019 fxsc2019 FXSC 1月13日(日)10時〜 一般発売開始!!
FUJI XEROX SUPER CUP 2019 fxsc2019 FXSC 1月13日(日)10時〜 一般発売開始!!

J’s GOALニュース

一覧へ

【第26回全日本女子選手権決勝 レイナス vs ベレーザ レポート】日テレ・ベレーザの優勝で幕を開けた2005年(05.01.01)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1月1日(祝)第26回全日本女子サッカー選手権大会 決勝
さいたまレイナスFC 1-3 日テレ・ベレーザ(10:04KICK OFF/国立/ 14,499人)
得点者:2' 荒川恵理子(ベレーザ)、16' 大野忍(ベレーザ)、23' 大野忍(ベレーザ)、
51' 木原梢(レイナス)
----------

1月1日の国立競技場…2004年シーズンの締めくくりでもあり、2005年のスタートでもある「全日本女子サッカー選手権大会・決勝」。快晴の空…いよいよこの日を迎えた。スタジアムでは「あけましておめでとうございます」の挨拶があらゆるところで交わされている。

会場に到着した選手たちはキリッとした表情でアップを始める。4大会ぶりの優勝、そして今シーズンのリーグ戦2位の悔しさをこの日にぶつけたい日テレ・ベレーザと、初優勝と今シーズンの三冠を狙うさいたまレイナスFCの対戦。朝早くには若干ピッチに氷がうすく張っている部分もあったが、キックオフが近づくにつれ太陽に照らされて美しい緑が輝いた。
両チームの選手たちは眩しい太陽に照らされたピッチへ、大きな拍手と大音量の音楽にのり誇らしげな表情で入場していく。さいたまレイナスFCはGK山郷、DF田代、笠嶋、西口、永留、MF木原、高橋(彩)、岩倉、トップ下の安藤に高橋(唯)と北本のツートップで臨む。一方の日テレ・ベレーザはGK小野寺、DF中地、四方、須藤、豊田、MF近賀、酒井、伊藤、トップ下の澤、大野と荒川でのスタート。

多くのサポーターの声が響き渡る中、試合は早々に動いた。開始わずか2分、GK小野寺選手の蹴ったボールを澤選手が頭で落とし、そこから荒川選手がドリブルで持ち込み右足で見事にゴール! 先制点はチームの支柱である3人が絡んでの得点、ガンちゃん(荒川選手)のゴールで一気に勢いがついた。そんなベレーザに対し、少し堅さが取れないまま試合を進めてしまうさいたまレイナスFC。続いて16分、混戦の中からのこぼれ球を酒井選手が奪い大野選手がドリブルで持ち込み2点目を決める。そしてさらにその7分後、同じく大野選手が追加点、3−0で前半を終える。

後半に入り田口監督から声をかけられたレイナスの選手たち、前半の堅さは姿を消した。6分にはスローインからパスをつなぎ木原選手のゴールで1点を返し、本来の力を見せ始める。しかしベレーザも途中投入の小林選手がゲームを落ちつかせ、3−1のまま試合は終了。その瞬間、4大会ぶりの優勝を手にしたベレーザの選手たちは歓喜の輪を作りいっせいに涙を流しながら飛びつきあい喜びを爆発させた。

表彰台に上がるため整列したベレーザの選手たちは達成感あふれる表情を見せる。そんな中、シーズン終盤には故障に苦しんだ小林選手が再び涙を流し始めた。「ここまで今シーズンを振り返ると、苦しく悔しい思いをしてきた」という思いと、この優勝を手にした喜びが一気にあふれた。そして一歩一歩階段を踏みしめながら表彰台に上がった選手たち。受け取ったカップと賞状を正面に、さらにサポーターのいるゴール裏に向かって大きく掲げて笑顔を輝かせた。
「有言実行!」と白い歯を輝かせた澤選手、やっと笑顔がはじけたチームのキャプテン小野寺選手、「どうしてもゴールが欲しかった」と2得点で代表に続きラッキーガールぶりを発揮した大野選手、「最後にいいのがきました!」と酒井選手、そしてチームを率いる宮村監督は「ほっとしました」とそれぞれに一年分の喜びをかみ締めた。

一方、歓喜に沸くピッチから離れ、一人ポツンと座り込んで肩を落とすレイナスの田口監督の姿があった。「ここまで無敗で来たことは出来過ぎの部分もある。今日の敗戦で、選手たちは新たな課題を見つけることができたはずで、それをステップにしていきたい」と話し、2005年シーズンに向けての気持ちを新たにした。2004年シーズンは安定した強さを見せつけ、その力を確実なものにしてきたレイナス。この悔しさから更なる強さを身につけた姿を新シーズンに見られることを楽しみにしていたい。

14,499人の観衆の見守る中、初めて「元日の国立競技場」で行われた第26回全日本女子サッカー選手権大会の決勝、日テレ・ベレーザの優勝で2004年シーズンが幕を閉じ、2005年が始まった。2005年の女子サッカーは「なでしこジャパン」にとっては東アジア選手権制覇という大きな目標がある。そしてLリーグではより高いレベル、より人気の集まるリーグへと…輝かしいものであって欲しいと願う。今年も彼女たちの笑顔がたくさん見られる一年でありますように。

以上

2005.01.01 Reported by 日々野真理
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

アジアカップ 決勝トーナメント
2019年1月21日(月)20:00 Kick off

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2019/01/18(金) 15:00 スペシャルムービー~プロになるという夢を抱えた選手たちの想い~【Jリーグインターナショナルユースカップ】