今日の試合速報

2019 明治安田生命Jリーグ終盤戦特集
2019 明治安田生命Jリーグ終盤戦特集

コメントをする

ニュース

一覧へ

2018年4月3日(火) 20:00

3連勝を狙う広島は指揮官交代の浦和と対戦。好調の甲府は磐田の本拠地に乗り込む【プレビュー:ルヴァンカップ GS 第3節】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3連勝を狙う広島は指揮官交代の浦和と対戦。好調の甲府は磐田の本拠地に乗り込む【プレビュー:ルヴァンカップ GS 第3節】
前節ゴールを決めた16歳の久保(FC東京)に昨季のルヴァンカップニューヒーロー賞の西村(仙台)が立ち塞がるか

JリーグYBCルヴァンカップは4日にグループステージの第3節が行われる。プレーオフステージ進出に向けてカギを握る折り返しの一戦は、各試合ともに勝点3を目指した激しい戦いが繰り広げられそうだ。

【Aグループ】

ハイプレス・ハイラインの超攻撃的スタイルを貫く横浜FM。その中でもGK飯倉のパフォーマンスは必見だ
ハイプレス・ハイラインの超攻撃的スタイルを貫く横浜FM。その中でもGK飯倉のパフォーマンスは必見だ

勝点4で首位に立つ横浜FMはアウェイで新潟と対戦。リーグ戦では2連勝と調子を上げており、アンジェ ポステコグルー監督が求める攻撃スタイルが徐々に形となっている。その勢いをルヴァンカップの戦いにも持ち込みたいところだ。新潟は1分1敗とまだ勝利がない。リーグ戦では前節、熊本に完敗を喫しており、状態は良いとは言えない。原 輝綺、渡邊 泰基ら21歳以下の若いタレントが流れを変えるパフォーマンスを示したい。

前節、新潟に競り勝ったFC東京はアウェイで仙台と激突。横浜FM同様にリーグ戦で調子を上げるなかで迎える一戦だけに、良い形で試合に入れそうだ。注目は久保 建英。前節ゴールを決めた16歳が、再び歓喜を生み出せるか。仙台は2試合連続ドローと勝利がない。得点力に課題を抱えるなか、直近のリーグ戦でゴールを奪った西村 拓真にかかる期待は大きい。

【グループB】
2連勝で首位に立つ甲府は、磐田の本拠地に乗り込む。3連勝も達成し、プレーオフステージ進出に前進できるか。2試合連続ゴール中の森 晃太が注目選手となる。対する磐田は前節、札幌に競り勝ち、初勝利を挙げた。怪我人が続出する苦しい状況にあるなか、スタメン起用が濃厚な小川 航基が重要な役割を担いそうだ。

清水はホームに札幌を迎える。前節は決定力を欠き、甲府に0-1と敗戦。直近のリーグ戦でも横浜FMに完封負けを喫している。いかに得点を奪うのか。北川 航也ら前線のタレントの奮起が求められる。札幌は2連敗。ともに完封負けとひとつのゴールも奪えていない。リーグ戦とは異なるメンバーで臨み、連係面に課題を残すも、菅 大輝ら若手と小野 伸二らベテランが上手く融合すれば質の高いサッカーを展開できるはずだ。

【Cグループ】

リーグ戦同様ルヴァンカップでも躍進する広島。渡(左)、森島(右)ら攻撃陣のパフォーマンスに注目が集まる
リーグ戦同様ルヴァンカップでも躍進する広島。渡(左)、森島(右)ら攻撃陣のパフォーマンスに注目が集まる

リーグ戦で首位に立つ広島は、このルヴァンカップでも2連勝と結果を出している。リーグ戦では出番の少ないメンバーが奮起し、2試合で6得点・1失点と隙のない戦いを見せている。今節もリーグ戦とはメンバーが大幅に入れ替わることが予想されるなか、渡 大生、森島 司ら攻撃陣のパフォーマンスに注目が集まる。一方の浦和は厳しい状況のなかで今節を迎える。堀 孝史監督が契約解除となり、大槻 毅育成ダイレクターが暫定的に指揮を執る。戦い方やメンバー構成など、不確定な部分が多いなか、求められるのは何より結果だろう。いかなる内容でも勝利を手にし、好転のきっかけを掴みたいところだ。

前節、浦和に快勝を収めたG大阪は、アウェイで名古屋と対戦。リーグ戦では苦境下にあるものの、浦和と同様にこのルヴァンカップで流れを変えたいところ。前節、プロ初ゴールを決めた中村 敬斗が巻き返しのキーマンとなる。名古屋は2連敗と結果を出せていない。リーグ戦で出番の少ない若手がアピールできるか。リーグ開幕戦では名古屋が勝利したが、G大阪としてはリベンジをかけた戦いとなる。

【Dグループ】
前節、初勝利を挙げた長崎は、ホームで鳥栖と対戦。リーグ戦では結果を出せていないものの、このルヴァンカップでは勢いのある戦いを見せており、プレーオフステージ進出に向けて、ホームゲームとなる今節も勝点3の確保を狙う。一方の鳥栖は2連敗。もっとも直近のリーグ戦では名古屋相手に劇的な勝利を収めており、その勢いをルヴァンカップの戦いにも持ち込みたいところだ。

湘南はホームに神戸を迎える。積極果敢な戦いを展開しながらも、リーグ戦も含めて得点力不足が課題となっている。前節ゴール奪った齊藤 未月ら21歳以下の選手が、チームに勢いをもたらしたい。対する神戸は前節、鳥栖に快勝を収めて勢いに乗る。直近のリーグ戦では柏に敗れたものの、ポゼッションスタイルが徐々に形となってきている。ターンオーバーが予想されるなか、リーグ戦で出場機会の少ない渡邉 千真、ウェリントンら実力者がこの機会でアピールを実現したいところだ。

■各試合の見どころをチェック
・Aグループ
仙台vsFC東京
新潟vs横浜FM
・Bグループ
清水vs札幌
磐田vs甲府
・Cグループ
名古屋vsG大阪
広島vs浦和
・Dグループ
湘南vs神戸
長崎vs鳥栖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

EAFF E-1サッカー選手権
2019年12月14日(土)19:30 Kick off

旬のキーワード