今日の試合速報

2019 明治安田生命Jリーグ終盤戦特集
2019 明治安田生命Jリーグ終盤戦特集

コメントをする

ニュース

一覧へ

2018年4月4日(水) 21:46

G大阪、長沢の圧巻4ゴールで名古屋に大勝!監督交代の浦和はドロー発進【サマリー:ルヴァンカップ GS 第3節】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
G大阪、長沢の圧巻4ゴールで名古屋に大勝!監督交代の浦和はドロー発進【サマリー:ルヴァンカップ GS 第3節】
プロ入り後、初のハットトリックを達成した長沢(G大阪)。カップ戦の勢いをリーグ戦に持ち込みたいところだ

JリーグYBCルヴァンカップは4日にグループステージ 第3節の8試合が行われた。

アウェイで新潟と対戦した横浜FMは1点ビハインドで迎えた後半に伊藤 翔の2ゴールなどで3点を奪取。鮮やかな逆転勝利でAグループの首位を守った。仙台は蜂須賀 孝治が2点を奪う活躍を見せ、3-0とFC東京に快勝。横浜FMに次いで2位に浮上している。

Bグループでは北川 航也と鄭 大世のゴールで清水が札幌に逆転勝利。磐田は1点ビハインドで迎えた終了間際に、途中出場の荒木 大吾が2ゴールを叩き込み、こちらも逆転勝利を収めている。この結果、札幌を除く3チームが勝点6で並び、三つ巴の争いとなっている。

Cグループでは首位の広島がホームで浦和と対戦。お互いにチャンスを作りながらも決めてを欠きスコアレスドローに終わっている。監督交代の浦和はリスタートの一戦を勝利で飾れなかった。もう1試合ではG大阪が名古屋相手にゴールラッシュを展開。主役は長沢 駿だ。5分に先制ゴールを奪うと、16分に追加点を奪取。29分には3点目を決めてハットトリックを達成すると、41分にもゴールを奪い、前半だけで4得点と驚異の決定力を披露した。終了間際に1点を返されたものの4-1と快勝を収め、G大阪が今大会2勝目を挙げている。

神戸は佐々木 大樹のゴールなどで、アウェイで3-0と湘南に快勝。長崎は1点ビハインドで迎えた76分に鹿山 拓真のゴールで追いつくと、87分に乾 大知が決勝ゴールを奪取。3-2と逆転勝利を収め、神戸と同勝点でDグループの首位に立っている。

ルヴァンカップ グループステージ 順位表

■試合データ
仙台vsFC東京
新潟vs横浜FM
清水vs札幌
磐田vs甲府
名古屋vsG大阪
広島vs浦和
湘南vs神戸
長崎vs鳥栖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旬のキーワード