今日の試合速報

2019 J1参入プレーオフ決定戦
2019 J1参入プレーオフ決定戦

コメントをする

ニュース

一覧へ

2015年4月22日(水) 21:36

【サマリー:ナビスコ杯 予選リーグ 第4節】A組はFC東京が首位浮上 B組は名古屋が独走態勢に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【サマリー:ナビスコ杯 予選リーグ 第4節】A組はFC東京が首位浮上 B組は名古屋が独走態勢に
2ゴールの活躍でチームを勝利へ導いた三田 啓貴(FC東京)。

ヤマザキナビスコカップは22日に予選リーグ 第4節の6試合が行われ、AグループではFC東京が首位に浮上。グループBは名古屋の独走態勢となった。

ホームに鳥栖を迎えたFC東京は、三田 啓貴が全後半にゴールを挙げる活躍を披露し、2-0で勝利。また、広島は敵地で松本に先制点を奪われるも、佐々木 翔、野津田 岳人、浅野 拓磨らのゴールで4-2と逆転勝利を収めた。甲府vs新潟の一戦は両者譲らず2-2のドローに終わった。

この結果、Aグループは勝点を7としたFC東京が首位に浮上。同5とした広島は得失点差で2位に浮上している。

Bグループでは首位を走る名古屋が、前半終了間際の田中 マルクス闘莉王のゴールを守り切って横浜FMに1-0で勝利。清水は仙台を2-1で下し、公式戦の連敗を7で止めた。神戸と川崎Fの一戦はスコアレスドローに終わっている。

この結果、勝点10とした名古屋は首位を独走。2位の神戸に勝点5差を付けている。

Aグループ順位表>
Bグループ順位表>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

EAFF E-1サッカー選手権
2019年12月14日(土)19:30 Kick off

旬のキーワード