今日の試合速報

ニュース

一覧へ

2019年7月16日(火) 19:00

チェルシーが来日!両チームの監督、選手が大会への意気込みを語る【会見レポート:明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
チェルシーが来日!両チームの監督、選手が大会への意気込みを語る【会見レポート:明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019】
会見には小林 悠、鬼木監督、ランパード監督、コヴァチッチが出席した(左から)

7月19日に日産スタジアムで開催される「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019」。この試合で川崎フロンターレと対戦するイングランド・プレミアリーグのチェルシーFCが、16日に来日した。

来日メンバーには、オリヴィエ ジルー、エンゴロ カンテ、ダヴィド ルイスら多くのワールドクラスが名を連ねており、当日は世界規格のプレーを堪能することができそうだ。

今季よりチームを指揮するのは、クラブのレジェンドであるフランク ランパード監督。来日早々に行われた記者会見に、チームの主力であるマテオ コヴァチッチとともに臨んだ。

ランパード監督は昨季のチェルシーの戦いを評価したうえで、「私は後ろを振り返らないでやっていきたい。たくさんの強みはあるが、自分のやり方がある」と、自らのカラーを植え付けていく覚悟を示した
ランパード監督は昨季のチェルシーの戦いを評価したうえで、「私は後ろを振り返らないでやっていきたい。たくさんの強みはあるが、自分のやり方がある」と、自らのカラーを植え付けていく覚悟を示した

「皆さん、こんにちは。まず、遅れてしまって、本当に申し訳ありません」

来日便の影響により、会見のスタートが予定時刻よりも大幅に遅れたことを冒頭で謝罪したランパード監督は、続いて今大会の抱負を次のように語った。

「日本に来ることができてうれしく思います。以前も選手として来たことがあり、その際には素晴らしいサポートをしていただいた。金曜日の試合を楽しみにしています。良いチームとの競技性の高い試合になると思いますし、私たちの新しいシーズンに向けて重要な試合になると思います」

就任間もないランパード監督にとって、今回の川崎Fとの一戦は、チームを見極めるうえで重要なチャレンジになるという。

「まだ始動して、1週間しか経っていないが、質があり、エネルギーがあり、スピードがあるチームと対戦することは、この段階で必要なチャレンジだ。日本のトップのチームに対してリスペクトの気持ちを持っていますし、自分たちが、何をできるかのテストにもなる。プレミアリーグ、チャンピオンズリーグ(CL)でもいろんなスタイルを持ったチームと対戦するわけで、異なったスタイルのチームと試合をすることはとても重要なことだと思っている」

昨季のチェルシーは、マウリツィオ サッリ監督の下、プレミアリーグで3位となり、今季のCL出場権を確保。またヨーロッパリーグ(EL)では、見事に優勝を成し遂げている。そのチームを引き継いだランパード監督は、果たして今季、どのようなチームを作り上げていくのか。「良いシーズンだったと思います」と昨季のチェルシーの戦いを評価したうえで、「私は後ろを振り返らないでやっていきたい。たくさんの強みはあるが、自分のやり方がある」と、自らのカラーを植え付けていく覚悟を示した。

「私が求めているスタイルは、エネルギーに満ち溢れ、スピード感のあるプレーだ。ボールを失ったらすぐに取り返す。ボールを持ったら早く進める。勝つために試合をするということ。それを目指しながら、選手たちが楽しくプレーできるようにするのが、私の仕事です」

「レジェンドの下でプレーできるのは素晴らしいこと。タフで、厳しいが、楽しんでプレーできる。監督に誇りに思ってもらえるようなチームになりたいと思います」と語ったコヴァチッチ
「レジェンドの下でプレーできるのは素晴らしいこと。タフで、厳しいが、楽しんでプレーできる。監督に誇りに思ってもらえるようなチームになりたいと思います」と語ったコヴァチッチ

新たな指揮官の下でプレーすることを、コヴァチッチも楽しみにしているようだ。

「レジェンドの下でプレーできるのは素晴らしいこと。タフで、厳しいが、楽しんでプレーできる。監督に誇りに思ってもらえるようなチームになりたいと思います」

「多くのサポーターが来てくれると思うので、楽しいゲーム、魅せられるゲームをしたいと思います」と抱負を語った鬼木監督
「多くのサポーターが来てくれると思うので、楽しいゲーム、魅せられるゲームをしたいと思います」と抱負を語った鬼木監督

そんなチェルシーを迎え撃つ川崎Fは、どのようなモチベーションでこの試合を迎えるのか。会見に同席した鬼木 達監督は、次のように抱負を語っている。

「まず、チェルシーという素晴らしいチームと対戦できることを本当に楽しみにしています。自分もそうですし、選手も楽しいゲームをできるようにしたいと思います。多くのサポーターが来てくれると思うので、楽しいゲーム、魅せられるゲームをしたいと思います」

小林 悠は「多摩川クラシコでのいいサッカーのイメージがみんなにあると思うので、それをそのままぶつけていきたいと思います」と意気込みを語った
小林 悠は「多摩川クラシコでのいいサッカーのイメージがみんなにあると思うので、それをそのままぶつけていきたいと思います」と意気込みを語った

同じく会見に出席した小林 悠は、この試合を次のように位置付けている。

「チェルシーは、自分たちの目指すサッカーに似ているところがあると思うので、それがどれだけ通用するか。チームとしても選手としても、この試合で成長できるところがたくさんあると思うし、戦うことでそれを得られると思います」

先週末の“多摩川クラシコ”で、勝利を収めたことも、この試合に向けての好材料だ。

「多摩川クラシコでのいいサッカーのイメージがみんなにあると思うので、それをそのままぶつけていきたいと思います」

上り調子にあるJリーグ王者が、新たにスタートを切るヨーロッパ屈指のビッグクラブにどのような戦いを見せるのか。ひと時も目が離せない、エキサイティングな一戦となることは間違いないだろう。

明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019 特集ページはこちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

天皇杯 ラウンド16
2019年9月18日(水)19:00 Kick off

旬のキーワード