今日の試合速報

台風19号接近にともなう試合開催への影響について(13日9時10分現在)

ニュース

一覧へ

2019年8月23日(金) 17:30

1試合で最も多くゴールを決めたチームは?両チーム合わせて12得点が生まれた試合も!【Jリーグ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1試合で最も多くゴールを決めたチームは?両チーム合わせて12得点が生まれた試合も!【Jリーグ】
8月17日に行われた明治安田生命J1リーグで、札幌が清水に8-0と大勝を収めた。サッカーではあまりお目にかかれないスコアとなったが、過去のJリーグではさらにゴールを記録したチームがあった!

8月17日に行われた明治安田生命J1リーグで、衝撃的なスコアの試合が生まれている。アウェイで清水と対戦した札幌が8-0と大勝。ジェイがハットトリックをしたのをはじめ、チャナティップ、鈴木 武蔵らがゴールを記録し、清水を一蹴したのだ。

サッカーではあまりお目にかかれないスコアとなったが、過去のJリーグではさらにゴールを記録したチームがあった。1998年の磐田である。C大阪のアウェイゲームで9ゴールを奪取。中山 雅史が1人で5得点を叩き込む活躍だった。

1試合で9得点は、磐田が唯一のチーム。今回の札幌と同じ8得点は、J2、J3も含め延べ8チームが記録しており、横浜FMは唯一、二度この記録を達成したチームとなっている。

ちなみに今回札幌に屈辱の敗戦を喫した清水だったが、2016年のJ2では群馬相手に同じスコアで勝利している。

一方、試合ごとで見ていくと、最もゴールが生まれたのは、1998年のC大阪vs柏だ。C大阪は森島 寛晃、柏は加藤 望がハットトリックを達成。最終スコアは7-5で柏が勝利した。実に両チーム合わせて12ゴールが生まれる壮絶な戦いだった。

10ゴール以上生まれたのは、この試合を含めて11試合。うち3つにC大阪が絡んでいるのが興味深いポイントだろう。

データ提供:データスタジアム

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第29節
2019年10月19日(土)14:00 Kick off

旬のキーワード