今日の試合速報

2019 明治安田生命Jリーグ終盤戦特集
2019 明治安田生命Jリーグ終盤戦特集

コメントをする

ニュース

一覧へ

2019年11月8日(金) 17:25

優勝争いを左右する大一番が開催! 川崎Fが鹿島に敗れれば3連覇の可能性は消滅……【プレビュー:明治安田J1 第31節】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
優勝争いを左右する大一番が開催! 川崎Fが鹿島に敗れれば3連覇の可能性は消滅……【プレビュー:明治安田J1 第31節】
首位の鹿島が川崎Fの3連覇を阻止するか? 川崎Fが3連覇の望みをつなぐか?

明治安田生命J1リーグは、9日、10日に第31節の8試合が開催。広島vs浦和はすでに10月29日に行われており、1-1の引き分けに終わっている。

今節は優勝争いを左右する重要な一戦が行われる。首位の鹿島と4位の川崎Fの直接対決だ。勝点59で首位に立つ鹿島は、9試合負けなしと盤石の戦いを続ける。前節も浦和に1-0で勝利。9試合でわずか5失点と堅守が光る。対する川崎Fは、鹿島との勝点差は5。もっとも一つ消化試合が多いだけに、この試合に敗れれば3連覇の可能性は完全に消滅する。まさに後のない状況に追い込まれているが、現在は2連勝と調子を上げている。中村 憲剛を怪我で欠くなか、脇坂 泰斗ら他の攻撃陣が意地を見せたいところだ。

最下位に沈む磐田は前節、清水との“静岡ダービー”をものにして残留の可能性が見えてきた。2試合連続ゴール中のアダイウトンが今節もカギを握りそうだ
最下位に沈む磐田は前節、清水との“静岡ダービー”をものにして残留の可能性が見えてきた。2試合連続ゴール中のアダイウトンが今節もカギを握りそうだ

2位のFC東京は磐田の本拠地に乗り込む。現在は2連勝中で、再び勢いが生まれている。2試合で5得点と攻撃が機能しており、今節もアグレッシブな戦いを演じるだろう。対する磐田は最下位に沈むものの、前節は清水との“静岡ダービー”をものにして、残留の可能性が見えてきた。2試合連続ゴール中のアダイウトンが今節もカギを握りそうだ。

3位の横浜FMはホームに札幌を迎える。7試合負けがなく、現在は3連勝中。相手を圧倒する攻撃スタイルは、ますますその精度を高めている。一方の札幌は、前節名古屋に快勝を収め、5試合ぶりに勝点3を手にした。チャナティップが復帰し、再び攻撃に勢いが生まれている。攻撃面に特長のある両者の一戦は、激しい打ち合いになる可能性が高い。

6位のC大阪はホームに湘南を迎える。前節はリードを守り切れずに松本と引き分けた。守備の安定感はあるだけに、複数得点を狙う積極性を示したいところだ。湘南は5連敗と苦しい状況に追い込まれている。今節敗れれば自動降格圏に沈む可能性もあるだけに、強い危機感を備えてこの試合に臨むだろう。5試合で19失点を喫する守備の修正が何よりも求められる。

大分はホームでG大阪と対戦。前節はFC東京に敗れ、8位に順位を下げている。立ち上がりの失点で試合を苦しくしただけに、前半の戦い方がポイントとなりそうだ。G大阪は3戦負けなしと調子を上げている。前節は湘南に3-0と快勝。復調の気配を見せる宇佐美 貴史が注目選手となるだろう。

名古屋はホームに神戸を迎える。監督交代後に勝利はなく、現在は2連敗中。ともに完封負けと攻撃面に不安を残す。6試合ゴールから遠ざかる前年得点王のジョーの爆発が待たれるところだ。一方の神戸は前節、仙台に快勝を収め、連敗を2で食い止めた。前節2ゴールの小川 慶治朗と日本代表に選出された古橋 亨梧の2シャドーがカギを握りそうだ。

仙台vs清水は勝点35で並ぶチームの対戦に。仙台は前節神戸に完敗。一方の清水は3連敗中と元気がない。お互いにまだ残留を確定できていない状況なだけに、悪い流れを断ち切り、勝点3を掴みたい。

鳥栖vs松本は勝点差2の残留争い直接対決。J1生き残りを懸けた大一番を制するのは?
鳥栖vs松本は勝点差2の残留争い直接対決。J1生き残りを懸けた大一番を制するのは?

鳥栖vs松本は残留争いの直接対決となる。勝点32で15位の鳥栖は前節横浜FMに競り負け、4試合ぶりの黒星を喫した。得点は取れているだけに、複数失点が続く守備の修正がテーマとなる。対する松本は4戦負けなしと粘り強く勝点を積み重ねている。堅守を保ち、少ないチャンスをものにする得意の戦いに持ち込みたいところ。鳥栖との勝点差はわずかに2ポイント。勝てば立場を逆転できる、まさに決戦となる。

■各試合の見どころをチェック
鹿島vs川崎F
横浜FMvs札幌
磐田vsFC東京
名古屋vs神戸
C大阪vs湘南
仙台vs清水
大分vsG大阪
鳥栖vs松本

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第34節
2019年12月7日(土)14:00 Kick off

旬のキーワード