今日の試合速報

2020明治安田生命Jリーグ開幕特集
2020明治安田生命Jリーグ開幕特集

コメントをする

ニュース

一覧へ

2020年2月8日(土) 13:35

星野(横浜F・マリノスユース)「最後に監督がチャンスをくれたので、期待に応えようとしました」【試合後コメント:NEXT GENERATION MATCH】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
星野(横浜F・マリノスユース)「最後に監督がチャンスをくれたので、期待に応えようとしました」【試合後コメント:NEXT GENERATION MATCH】
横浜F・マリノスユースと日本高校サッカー選抜による「NEXT GENERATION MATCH」は3-2で横浜FMユースが勝利を収めました

8日に行われた「NEXT GENERATION MATCH」は、横浜F・マリノスユースが日本高校サッカー選抜に3-2と勝利を収めました。

試合後の両チーム選手・監督コメントです。

■筒井 紀章監督(横浜F・マリノスユース)
ミーティングでは選手たちに、積極的に攻守ともにハードワークして、自分たちの特徴を出そうと言って、送り出しました。先制点を取ったことで選手たちがリラックスできたと感じております。高校選抜には優秀な選手が多いなか、どういう展開になるか、と。チャレンジすることを重きにおいて、80分間戦いました。選手たちはしっかり戦ってくれたと思います。

僕らはトップチームの選手を輩出することを重きに置いています。トップチームのような攻撃的なサッカーをアカデミーでも目指しています。それが技術や判断のレベルアップにつながるはず。今後もトップチームを意識しながら、しっかり指導していきたいです。選手たちもトップチームを身近に感じていると思います。

■星野 創輝(横浜F・マリノスユース)
ベンチから見ていて、最初はみんな緊張していて、普段しないようなミスがありました。いつもどおりチームワークで、みんなで声を掛け合って、持ち直せたと思います。前半にリードできて折り返せたのも大きかった。自分たちのつなぐサッカーができたことが勝因だと思います。埼スタのグラウンドはきれいだし、観客の方もたくさんいて、いつもの練習や試合とは全然違う雰囲気でした。人が見ているとプレーにも影響が出るんだなと、感じました。

ベンチから見ていて、相手の最終ラインが揃っていなかったので、カウンターで裏が取れればと思っていました。自分は怪我をしているんですけど、最後に監督がチャンスをくれたので、期待に応えようとしました。チャンスには迷わず打とうと思っていて、それができて本当に嬉しかったです。最終的に決勝点を取れて、本当に嬉しいです。すぐ上のカテゴリーのチームがJリーグを制覇して、大きな刺激を受けています。少しでも早くトップチームの練習に参加できるようになりたいです。

■中村 翼(横浜F・マリノスユース)
先制点の場面は、最初は右足で打とうと思ったんですけど、切り返してシュートを打って、自分のところにこぼれてきたので、二度目は思い切って打とうと思って振り切りました。2点目は長島 大から最初はパスが来ないかなと思ったんですけど、彼を信じて走りました。いいボールが来たので、ちょっとタイミングをずらして、GKの股を抜くのを意識してしっかり決められてよかったです。

得点はただただうれしかったですね。Jクラブは高校サッカー選手権のようなこういう大舞台はないので、だからこそこういう舞台でやれたのはいい経験になりました。高体連は強かったですし、これから戦う選手もいるかもしれないので、負けたくなかった。年齢のことはあまりいいたくないですが、相手は1個上だったのでチャレンジャー精神を持ってやれたかなと思います。この経験をつなげていきたいですし、マリノスが強いんだぞということをこれからも示していきたいです。

■蒲原 晶昭監督(日本高校サッカー選抜)
ありがとうございます。高校選抜は3次キャンプ中です。メンバーも入れ替わりが激しいなか、今日の試合に臨みました。高体連の代表なので、勝利を目指しました。先制点を許したが、選手たちは最後まで諦めなかったと思います。1-3となった後も、同点、逆転を目指し、頑張ってくれました。

準備の時間は限られました。トレーニングをこの試合に向けて2回、初日の午後と二日目の午前中に行っただけです。二次キャンプからの選手がけっこういたなか、攻守のハードワーク、中盤でボールを奪うことはできていた。それを新しくきた選手と共有しようと、準備をしてきた。今日は7人の交代を最大限使いながら、うまく連携できればと思っていました。攻守の切り替え、コンパクトにしてボールを奪うなど、良いシーンもたくさんありました。チャンスをもっと増やすことが課題。これからチームを仕上げていきたいです。

■山田 真夏斗(日本高校サッカー選抜)
後半、相手を守備ではめようとしたけど、なかなか合わなくて、後半の途中から良い感じになりました。もっと早く自分たちのペースで試合を進められればよかったですね。コミュニケーションをもっと取るべきでした。自分はトップの晴山や田中の背後や足元にパスを出すことを意識していた。守備面では球際を強く。

埼スタのピッチは、雰囲気がすごかったです。高校生の代表で10番を背負った以上、責任もあるのに、ピッチで表現しきれなかったので悔しいです。もっとボールに絡みたかったけど、慌てたり、変なミスが多かったです。何回か晴山にパスを出したりできたけど、もっと攻撃に絡みたかったです。

■長江 皓亮(日本高校サッカー選抜)
勝ちにこだわって試合に臨みましたが、自分たちのミスで失点しまった。まだまだ課題があるので、修正していきたいです。(キャプテンは)監督に指名された時は僕でいいかなと思ったんですが、やるからにはしっかりチームをまとめようと思っていました。だけど勝てなくて非常に悔しいです。

(所属する)矢板中央は去年のプリンスリーグでマリノスとやっていて、前期は0-7で負けたんですけど、後期は4-2で勝ちました。その時とメンバーは違いますけど、いいイメージは持っていました。結果的に負けてしまいましたが、後半の立ち上がりは前からのプレスがはまって相手のミスも出てきたので、自分たちのリズムが作れた時間もありました。3点目を許してからもあきらめずに2点を返せたのは良かったです。

ただ欧州遠征まで時間があまりないので、修正しないといけない。コミュニケーションをもっと取らないと勝てないと思うので、そこはしっかりとやっていきたいです。

NEXT GENERATION MATCH 試合データ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第1節
2020年2月23日(日)14:00 Kick off

旬のキーワード