今日の試合速報

ハンドソープディスペンサーが抽選で100名様に当たる!
ハンドソープディスペンサーが抽選で100名様に当たる!

ニュース

一覧へ

2021年7月12日(月) 14:45

日本勢3チームが決勝トーナメント進出!G大阪は無念のグループステージ敗退【サマリー:ACL 7/5~7/11まとめ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本勢3チームが決勝トーナメント進出!G大阪は無念のグループステージ敗退【サマリー:ACL 7/5~7/11まとめ】
川崎Fは北京FCを4-0で下し、6戦全勝でグループリーグを終えている

AFCチャンピオンズリーグは11日までにグループリーグの全日程が終了し、名古屋に続いて、C大阪と川崎Fも決勝トーナメント進出を決めた。

4節を終えてグループJの首位に立っていたC大阪は、6日に広州FC(中国)と対戦。加藤 陸次樹と松本 泰志がそれぞれ2ゴールを奪う活躍を見せ5-0と快勝を収めると、9日の傑志(香港)戦はスコアレスドローに終わったが、勝点を14に伸ばし、グループ突破を決めた。

3節終了時でグループI首位の川崎Fは、5日にユナイテッド シティFC(フィリピン)と対戦。これを知念 慶と長谷川 竜也のゴールで2-0とモノにすると、続く9日の大邱FC(韓国)戦ではレアンドロ ダミアンのハットトリックで3-1と快勝。5連勝で1試合を残して、決勝トーナメント進出を決めている。11日に行われた6節の北京FC(中国)戦にも知念のゴールなどで4-0ときっちりと勝利を収め、6戦全勝でグループリーグを終えている。

すでに突破を決めていたグループGの名古屋は、最終戦となった7日の浦項スティーラーズ(韓国)戦で、1-1とドロー。5勝1分と負けなしでグループリーグを乗り切った。

3節を終えて2位に留まっていたグループHのG大阪は、5日にチェンライ ユナイテッド(タイ)と対戦。1点ビハインドで迎えた54分に矢島 慎也のゴールで追いついたものの、1-1の引き分けに終わった。7日に行われたタンピネス ローバーズFC(シンガポール)戦では川﨑 修平のハットトリックなどで8-1と快勝。しかし突破のためには勝利が求められた最終節の全北現代(韓国)戦ではパトリックのゴールで一度は追いついたものの、終盤に決勝点を奪われ、1-2と敗戦。この結果、勝点9でグループ2位となったものの、各グループ2位のうちの成績上位3チームには入れず、決勝トーナメント進出はならなかった。

AFCチャンピオンズリーグ グループステージ順位表

■日程・結果はこちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020Jリーグ年間総括レポートリ

旬のキーワード