今日の試合速報

もうひとつのルヴァンカップ:2021JリーグYBCルヴァンカップ
もうひとつのルヴァンカップ:2021JリーグYBCルヴァンカップ

ニュース

一覧へ

2021年7月31日(土) 15:30

川崎Fが無敗記録を22試合に伸ばす。過密日程のG大阪は降格圏から脱出【マンスリーレポート(7月):明治安田J1】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
川崎Fが無敗記録を22試合に伸ばす。過密日程のG大阪は降格圏から脱出【マンスリーレポート(7月):明治安田J1】
1試合のみの川崎Fだったが、清水に2-0と快勝。無敗記録を22試合まで伸ばし、首位の座を揺るがないものとしている

明治安田生命J1リーグは7月11日に第22節の試合を行い、およそ1か月に渡る中断期間に突入した。

もっともACL出場チームの試合や開幕直後に活動休止となったG大阪の順延試合が開催されたため、完全に中断とはなってはおらず、7月はチームによって消化試合数が大きく異なった。川崎Fや名古屋は1試合のみで、G大阪は最多5試合をこなしている。

1試合のみの川崎Fだったが、その試合では清水に2-0と快勝。無敗記録を22試合まで伸ばし、首位の座を揺るがないものとしている。その川崎Fを追いかける横浜FMもきっちりと2勝を挙げ、わずかに首位との差を詰めている。

神戸は2勝1分で3位に浮上。古橋 亨梧が海外移籍したものの、22節のG大阪戦では2-1と逆転勝利。エースが抜けても、好調を保っている。

福岡は5月下旬から続く連敗を止められず、7月も2敗で終わった。同じ昇格組の徳島は22節の清水戦で連敗を止めたものの、こちらも勝利は手にできなかった。

一方で下位に沈む大分は22節の浦和戦で勝利を収め、復調の気配を示した。また最下位の横浜FCも22節の広島戦に勝利し、巻き返しの予感を漂わせている。

今後も連戦が続くが、レアンドロ ペレイラ(G大阪)を軸とした攻撃に勢いが生まれてきただけに、さらなる浮上も実現可能だろう
今後も連戦が続くが、レアンドロ ペレイラ(G大阪)を軸とした攻撃に勢いが生まれてきただけに、さらなる浮上も実現可能だろう

過密日程となったG大阪は神戸、鹿島に連敗を喫し、厳しい状態に追い込まれたと思われたが、その後、大分、札幌を連破し、2連勝を達成。降格圏から抜け出している。今後も連戦が続くが、レアンドロ ペレイラを軸とした攻撃に勢いが生まれてきただけに、さらなる浮上も実現可能だろう。

明治安田生命J1リーグ結果(7月)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020Jリーグ年間総括レポートリ

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第30節
2021年9月25日(土)19:00 Kick off

旬のキーワード