今日の試合速報

ニュース

一覧へ

2022年2月12日(土) 15:45

浦和が江坂の2ゴールで川崎Fを撃破!今季初タイトルを獲得【サマリー:FUJIFILM SUPER CUP 2022】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
浦和が江坂の2ゴールで川崎Fを撃破!今季初タイトルを獲得【サマリー:FUJIFILM SUPER CUP 2022】
FUJIFILM SUPER CUPが12日に日産スタジアムで行われ、浦和が今季の初タイトルを手にした

FUJIFILM SUPER CUPが12日に日産スタジアムで行われ、川崎Fを下した浦和が今季の初タイトルを手にした。

リーグ王者の川崎Fは昨季と同じ4-3-3の布陣で臨み、札幌から加入したチャナティップがスタメン出場。一方の浦和も岩尾 憲、馬渡 和彰の新戦力2人がスタメンに名を連ねた。

試合は開始早々に動く。7分、右サイドでボールを拾った酒井 宏樹がそのまま敵陣深くへ持ち込むと、グラウンダーのクロスを供給。これを中央で待ち受けた江坂 任が押し込んで、浦和が先制に成功した。

その後は川崎Fが主導権を握り、浦和陣内に押し込む時間が増加。しかし、決定的な場面はなかなか作れずに、浦和の1点リードで試合を折り返した。

後半に入ると追いかける川崎Fはマルシーニョを投入し、攻撃の枚数を増やす。さらに知念 慶、新戦力の瀬古 樹を送り込み、攻勢を強めていく。ところがボールを支配しながらもゴールに迫れない時間が続くと、81分に再び浦和がスコアを動かす。ロングフィードに抜け出した明本 考浩がボールを収めると、後方から走り込んだ江坂に横パスを供給。江坂は巧みにDFをかわして、豪快な一撃を川崎Fゴールに突き刺した。

2点のリードを奪った浦和はその後、鹿島から加入した犬飼 智也を投入し、5バックに変更。川崎Fの猛攻を浴びるも、最後までゴールを割らせなかった。

2-0で逃げ切った浦和は、2006年大会以来となる二度目の優勝を成し遂げている。

■試合データ
川崎Fvs浦和

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オフサイド
ビルドアップ
2021Jリーグ年間総括レポートリ

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第19節
2022年7月2日(土)19:00 Kick off

旬のキーワード