今日の試合速報

国立競技場に20,000様ご招待
国立競技場に20,000様ご招待

ニュース

一覧へ

2023年1月26日(木) 15:30

MF小林が現役引退を発表【大分】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
MF小林が現役引退を発表【大分】
12年に渡る現役生活では、J1リーグ通算256試合・4得点、J2リーグ通算43試合・1得点を記録しました

大分トリニータは26日、MF小林 裕紀が2022シーズンをもって現役を引退することを発表しました。

小林は明治大より2011年にジュビロ磐田に加入。その後、アルビレックス新潟名古屋グランパスでのプレーを経て、2019年より大分に在籍していました。

12年に渡る現役生活では、J1リーグ通算256試合・4得点、J2リーグ通算43試合・1得点を記録しました。

クラブを通じて小林は、次のようにコメントしています。

「2022年シーズンをもって引退することを決断しました。兄の影響でサッカーをはじめ、地元の町クラブ、ヴェルディジュニア、ヴェルディジュニアユース、ヴェルディユース、明治大学サッカー部と育成年代で素晴らしい指導者の方々に恵まれ大学卒業後、小さい頃から夢みていたサッカー選手となることができました。そしてジュビロ磐田アルビレックス新潟名古屋グランパス大分トリニータでプレーさせてもらえたこと、たくさんの経験をさせてもらえたこと、全てが僕の財産となっています。

厳しいと言われるプロの世界で12年間闘い続けてこられたのは応援してくださったファン、サポーターの皆様、チームメイト、監督、コーチ、素晴らしい環境を整えてくれたクラブスタッフのおかげだと感謝しています。 ありがとうございました。それから小さい頃から何不自由なく思いっきりサッカーをさせてくれた父さん、母さん、どんなときも明るく僕のことを支えていてくれる妻、この場を借りて感謝の気持ちを伝えたいと思います。本当にありがとう!今後は指導者としてサッカーに携わっていきたいと思います。今まで応援してくださった皆様にまたどこかで元気な姿を見せられたらなと思います。最高の現役生活でした!本当にありがとうございました!」

 

一覧へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オフサイド
ビルドアップ
2021Jリーグ年間総括レポートリ

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第17節
2023年6月10日(土) 19:00 Kick off

旬のキーワード