今日の試合速報

動画

一覧へ

2022/9/9 (金) 12:00

福岡vs名古屋 異例のゴールの経緯を徹底検証【Jリーグジャッジリプレイ2022 ♯24】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明治安田生命J1リーグ第28節 福岡vs名古屋の試合で、GKの永石選手(福岡)が味方の宮選手(福岡)と激突し、起き上がれない事態となりましたが、試合は止まらず攻撃を続けた名古屋の得点となります。まずはこのシーンについて詳しく見ていきます。続いてのシーンもこの名古屋の得点が要因となった事象でした。クルークス選手(福岡)が倒れたままのところで、レオ シルバ選手(名古屋)が一旦、ボールを外へ蹴りだします。すぐ後の福岡のスローインで、ルキアン選手(福岡)とクルークス選手がボールを名古屋に返さず、ゴールを決めてしまいます。この行為について、議論します。さらに湘南vs川崎Fの試合から。町野選手(湘南)をジェジエウ選手(川崎F)が倒しホイッスル。湘南のPKとなりますが、VARの介入はありませんでした。この他、FC東京vs横浜FMで、レオ セアラ選手(横浜FM)がスウォビィク選手(FC東京)と接触したように見えましたが、ノーファウルの判定でした。ジャッジは妥当だったのか、見ていきます。最後に、磐田vs柏と札幌vsC大阪でのゴールに繋がったナイスジャッジも見ていきます。

オフサイド
ビルドアップ
2021Jリーグ年間総括レポートリ

テレビ放送

一覧へ

ワールドカップ 決勝トーナメント1回戦 
2022年12月6日(火) 0:00 Kick off

旬のキーワード

最新ニュース

一覧へ