今日の試合速報

Jリーグルヴァンカップ グループシリーズ第3節日程
Jリーグルヴァンカップ グループシリーズ第3節日程

2020JリーグYBCルヴァンカップ GS 第3節 サンフレッチェ広島 vs サガン鳥栖 開催中止のお知らせ
2020明治安田生命J2リーグ 第11節 京都vs水戸は雷のため19:03キックオフに変更になります。

AFC CHAMPIONS LEAGUE (ACL) 2016

浦和レッズ浦和レッズ

浦和レッズ
設立年 1950年
ホームタウン 埼玉県/さいたま市
監督 ミハイロ・ペトロヴィッチ
獲得タイトル Jリーグ(2006年)
Jリーグヤマザキナビスコカップ(2003年)
天皇杯(2005年・2006年)
FUJI XEROX SUPER CUP(2006年)
AFCチャンピオンズリーグ(2007年)

1993年の開幕時からJリーグに参戦。2003年にJリーグヤマザキナビスコカップを制覇し初のタイトルを手にすると、翌年にはJリーグの2ndステージを制覇。さらに2006年にはギド・ブッフバルト監督の下でリーグ初制覇を成し遂げた。

また、2007年には初めて出場したAFCチャンピンズリーグ(ACL)で快進撃を続け、決勝ではセパハン(イラン)を下し見事優勝。Jリーグのクラブとして初のACL制覇を成し遂げた。さらにFIFAクラブワールドカップでは準決勝のACミラン(イタリア)戦こそ敗れたものの、大会3位に輝いている。

ミハイロ・ペトロヴィッチ監督が就任したここ4シーズンはあと一歩とタイトルが届かない状況が続いており、昨年のACLもグループステージで敗退。今季は優勝した2007年の再現を狙いたい。

槙野智章

――昨年は悔しいシーズンでしたが、オフには新シーズンに向けていろいろなことを考えたと思います。自分の中で昨シーズンをどう整理して、どんな目標を立てたのでしょうか。

「シンプルに浦和レッズというチームに在籍する選手の能力であったり、やっているサッカーを考えれば、優勝やタイトルを目標に考えてやらなければいけないことは分かっています。ただ、僕が浦和に来て5年目になりますが、いつもあと一歩のところで手にできない事実があります。その結果を受けて、今シーズンは『僕たちの目標は優勝です』とか『タイトルを狙う』と言うより、自分たちが置かれている状況をしっかりと把握すること、そして自分たちが今できていないことをしっかりと見つめることが大事だと思いました。だから今シーズンの開幕前は、目標を聞かれても『優勝』とか『タイトル』と言えない自分がいるんですよね。それ以上にやらなければいけない部分がたくさんある。それが今シーズンのスタートに際して考えたことです」

続きを読む>>

ペトロビッチ監督

――昨年は悔しいシーズンになりました。新シーズンに臨むにあたって、どんなことを考え、どんな目標を立てたのでしょうか?

「昨シーズンはいい戦いができていながら、最終的に明治安田生命J1リーグでは年間2位。チャンピオンシップでは準決勝で敗退し、天皇杯も決勝まで勝ち進みながら負けてしまった。タイトルに届きそうなところまで行きながら、それを手にできなかった。我々にとっては悔しいシーズンだったと思っています。ただし、我々が見せたサッカーは非常に素晴らしいものだったと私自身は自信を持っていますし、シーズンを通じてコンスタントに自分たちのサッカーができました。最終的にタイトルという結果は手にできませんでしたが、これまで積み上げてきたサッカーを大きく変える必要はないと思っています。新しいシーズンに入るにあたって、少し変えなければいけないところは試合を通じての規律。継続性に新しい規律を付け加えることが、新シーズンに取り組むべきものだと思っています」

続きを読む>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加