今日の試合速報

明治安田J1 第29節 鳥栖vs大分 開催中止および代替開催日決定のお知らせ
Jリーグ公式アプリ4周年CP
Jリーグ公式アプリ4周年CP

  • 明治安田生命2016Jリーグチャンピオンシップ特集

インタビュー 浦和レッズ 柏木 陽介

――年間勝点で1位となった今季のリーグ戦を振り返ってください。

「わりと安定した戦いができたし、強くなったという実感はあります。失速もなかったし、勝ち続けることもできた。最後は引き分けたけど、2ndステージ優勝を6連勝で決められましたからね。もちろん長いシーズンの中では、ちょっと調子が落ちた時もあったけど、そのままズルズルいかずに上手く修正できたのが大きかったと思います」

 

――浦和はこれまで「勝負弱い」と言われてきましたが、そのチームが「勝負強く」なった要因は何でしょう?

「一言でいえば、大人になりましたね。ここが守る時だぞ、ここは攻める時だぞっていう、メリハリがちゃんとできるようになった。今まではなかなか点を取れないとみんなが前がかりになって、取られてカウンター食らって、っていうのがよくあった。でも今は個人の判断ではなく状況を考えながら、みんなが共通意識をもってプレーできるようになった。それが大人になったということですかね」

 

――ターニングポイントになった試合を挙げるとすれば?

「2ndステージの終盤かな。鳥栖、FC東京、広島、G大阪との連戦を全部勝ったのが大きかった。1stステージはそういう大事なところで負けたので。鹿島、G大阪、広島に3連敗したのかな。でも2ndステージでは一回負けた相手には負けなかった。そういうところでも意地を見せたれたと思う」

 

――柏木選手個人としても、充実のシーズンとなったのではないでしょうか。まるで闘将のような存在感を放っていましたね。

「闘将は大げさでしょう(笑)。でも、自分が守備に関しても攻撃に関してもコントロールできたし、今年は満足いくパフォーマンスができたと思っています。誰が見ても良かったと言ってくれるシーズンだったんじゃないかな。まだチャンピオンシップが残っているけど、リーグ戦に関してはそういうプレーができた」

ルヴァンカップ決勝では柏木のCKから同点ゴールが生まれた。CSでも決定的な仕事が求められるだろう
ルヴァンカップ決勝では柏木のCKから同点ゴールが生まれた。CSでも決定的な仕事が求められるだろう

 

――ルヴァンカップの優勝も、浦和にとっては久しぶりのタイトルとなりましたね。

「今までG大阪とやる時は、攻めてるのに点が取れず、一発のカウンターでやられる試合が多かったけど、ルヴァンカップでは最後まで集中力があったし、先に失点したけど、それでも落ち着いて試合を運べたのが結果につながったんだと思います」

 

――柏木選手が合同記者会見でも言っていたように、チャンピンシップに向けて浦和は試合間隔が空いてしまう。そこでの調整がひとつのポイントとなりそうですね。

「特に俺は試合が空くのが苦手だから、そのあたりの難しさはありますね。でも、結局チャンピオンシップに残った3チームはリアクションでサッカーするチームがひとつもない。自分たちがどうあるべきかという3チームだから。相手どうこうではなく、こっちからしっかりとアクションを起こせれば、いい試合ができるんじゃないかと考えています」

 

――どういう決勝戦をイメージしていますか。

「お互いが良いところを出し合う試合になればいいですね。守備に関しても攻撃に関しても、スリリングなシーンが続くようなね。そういう試合のほうが見ているほうも楽しいと思う。まあ、それぞれのスタイルを考えれば、お互いに引いて様子を見るような試合にはならないでしょう。積極的に攻めて、良い守備をして、球際のところも激しく戦う。そういうサッカーができればいいですね」

「勝負強く」なった要因をチームが共通意識をもってプレーできるようになったと語る柏木。決勝の舞台でも勝負強さを発揮できるだろうか
「勝負強く」なった要因をチームが共通意識をもってプレーできるようになったと語る柏木。決勝の舞台でも勝負強さを発揮できるだろうか

 

――浦和は去年、準決勝で敗れました。その悔しさも今年に生かされるのでしょうか。

「去年は俺らが2位で、3位のG大阪に負けてしまった。リーグ戦の結果では上回っていたのに、1発勝負でやられてしまったわけだから、もちろん悔しさはありますけど、そういうレギュレーションだったわけだし、そのなかでも勝たなければいけなかった。結局勝負弱かったと言われるシーズンになってしまいましたね。でも、今年はそういうことを言わせない戦いでこのチャンピオンシップに来れた。今季示してきた勝負強さを、ここでも発揮したいですね」

 

――優勝するために鍵となるのは何だと考えていますか?

「やっぱり、自分たちがやって来たことをブレずに貫くこと。今年良かった試合は全部それができていたから。攻守に渡って切り替えも速いし、つなぐところはしっかりつないで、コンビネーションで崩す試合も多かった。それが当たり前にできたら、結果はついてくるのかなと思います。相手が前から来るからといってロングボールに頼ったり、守備の切り替えが遅くなるようでは勝てないでしょう。本当に今年やって来たサッカーを貫くこと。それが一番大事だと思います」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020Jリーグ年間総括レポートリ

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第29節
2021年9月18日(土)19:00 Kick off

旬のキーワード

観戦ガイド みんなで楽しいスタジアムを作ろう!

最新動画

詳細へ

2021/09/17(金) 13:40 藤春選手のハンド もしオフサイドがなかったら?【Jリーグジャッジリプレイ2021 #26-1】

最新ニュース

一覧へ
【ACL ラウンド16 C大阪vs浦項】