今日の試合速報

JリーグYBCルヴァンカップ30周年記念「にじさんじ」とのコラボレーション
JリーグYBCルヴァンカップ30周年記念「にじさんじ」とのコラボレーション

J’s GOALニュース

一覧へ

【ヤマザキナビスコカップ 清水 vs F東京】城福浩監督(F東京)記者会見コメント(08.03.20)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3月20日(木) 2008 ヤマザキナビスコカップ
清水 3 - 1 F東京 (15:00/日本平/10,035人)
得点者:2' 矢島卓郎(清水)、15' 平山相太(F東京)、31' 藤本淳吾(清水)、66' 高木和道(清水)

----------

●城福浩監督(F東京):

「清水のここ数年のJリーグでの成績を考えると、われわれはチャレンジャーじゃなければ勝負にならないと思っていたので、スタートからチャレンジするつもりでゲームに入った。最初の向こうのシュートで失点したが、前半はよく持ちこたえて、自分たちの時間を作って、ある程度狙い通りの得点で同点にできたのは良かった。だが、PKをとられてしまって、ジャッジがPKだったのでどうしようもないが、その後少し焦ってしまったかなと思う。後半は点を取りにいったので、ある程度カウンターされるのはやむを得ないと思っていた。後半攻めにいったところで、良い時間帯のときに点を取りたかった。また、2-1の最少失点で抑えておけば、もっといろんなことが起こり得たと思うが、3点目を取られたことは反省すべき点だと思っている」

Q.後半4-4-2にした狙いは?
「ストライカーの数を増やしたということ。やり方とかボールの運び方はそう変わらないが、ゴール前により多くのボールが供給されると想定したので、得点に絡める選手の数を増やしたということ」

Q.大竹選手は自分から仕掛けて良い動きをしていたが、彼の投入の狙いと評価は?
「点を取りにいく中で、ボールを出す選手と受ける選手という意味では、彼はDFラインからのボールを受けて、前線のストライカーに供給するという意味での役割はある程度果たしてくれたと思う。もちろん、他の選手のディフェンスやルーズボールを拾うという土台があってのプレーだが、自分が何をしなければならないのかわかった状態で入っているので、あれぐらいのことはやってくれると思っていたし、やってもらわないと困ると思っていた。だから、頭から使ったらそうできるかといったら、それはまた話が違うと思う」

以上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オフサイド
ビルドアップ
2021Jリーグ年間総括レポートリ

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第25節
2022年8月13日(土)19:00 Kick off

旬のキーワード

最新動画

詳細へ

2022/08/08(月) 10:00 明治安田生命J1 第24節の全ゴールまとめ!【ALL GOALS】