今日の試合速報

ニュース

一覧へ

2018年12月28日(金) 16:11

MF小笠原が現役引退を発表【鹿島】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
MF小笠原が現役引退を発表【鹿島】
クラブを通じて小笠原は、「鹿島アントラーズという素晴らしいチームでここまでプレーでき、鹿島アントラーズでサッカー選手として引退できることを、とても嬉しく、そして誇りに思います」とコメントしています

鹿島アントラーズは27日、MF小笠原 満男が今季限りで現役を引退することを発表しました。

小笠原は1998年に大船渡高から加入。2006年にイタリアのメッシーナに移籍したものの、2007年に復帰し、通算21年に渡って、鹿島でプレーしました。

この間、J1リーグ優勝7回、 リーグカップ優勝5回、天皇杯優勝4回、 AFCチャンピオンズリーグ優勝1回と、計17個のタイトル獲得に貢献。J1リーグ通算525試合・69得点を記録し、2009年にはMVPにも輝いています。

日本代表としても55試合・7得点を記録し、2002年と2006年のワールドカップにも出場しました。

クラブを通じて小笠原は、次のようにコメントしています。

「今シーズンをもって、鹿島アントラーズで現役生活を終えるという決断をしました。これまで自分を支えてくれた方々、一緒に頑張ってきた選手達、応援してくれたサポーター、鹿島アントラーズに関わるすべての方々に感謝しています。鹿島アントラーズという素晴らしいチームでここまでプレーでき、鹿島アントラーズでサッカー選手として引退できることを、とても嬉しく、そして誇りに思います。本当にありがとうございました!」

今シーズンのACL優勝など、計17個のタイトル獲得に貢献しました
今シーズンのACL優勝など、計17個のタイトル獲得に貢献しました

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オフサイド
ビルドアップ
2021Jリーグ年間総括レポートリ

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第20節
2022年7月6日(水)19:00 Kick off

旬のキーワード