今日の試合速報

ニュース

一覧へ

2019年5月31日(金) 12:20

前節初黒星のFC東京は大分との上位対決に挑む。大槻新体制の浦和は前年王者相手に復調のきっかけを見出せるか【プレビュー:明治安田J1 第14節】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前節初黒星のFC東京は大分との上位対決に挑む。大槻新体制の浦和は前年王者相手に復調のきっかけを見出せるか【プレビュー:明治安田J1 第14節】
首位のFC東京は4位大分との上位対決に挑む!

明治安田生命J1リーグは5月31日、6月1日に第14節が開催される。

首位のFC東京は、ホームに大分を迎える。前節はC大阪に敗れ、無敗記録がストップしており、巻き返しの一戦となる。不発に終わった攻撃陣の奮起が求められるだろう。対する大分も前節は川崎Fに敗れて8試合ぶりの黒星を喫した。上位争いに踏みとどまるためにも、こちらも負けられない一戦となる。

浦和は大槻新監督の手腕に大きな注目が集まる
浦和は大槻新監督の手腕に大きな注目が集まる

その大分を破り2位に浮上した川崎Fはホームに浦和を迎える。9試合負けなしと安定した戦いを続けており、1点差をものにする勝負強さも蘇ってきた。新加入選手も徐々にフィットしてきている印象で、さらに勢いを加速させていきそうな気配だ。浦和は前節終了後にオズワルド オリヴェイラ監督の退任を発表。今節より大槻 毅監督が指揮を執る。昨季途中にも監督を務め、再建を実現した新指揮官は、再びチームを立て直すことができるのか。その手腕に大きな注目が集まる。

3位の名古屋はアウェイで仙台と対戦。前節は松本に敗れ、7試合ぶりの敗戦を喫した。ここ2試合は勝ちがなく、勢いはやや停滞気味。得点力が落ちているのが気がかりな点で、最後の精度をいかに高められるかが重要なテーマとなる。一方の仙台は2連敗でついに最下位に転落した。前節、清水に4失点を喫した守備の修正が復調のキーワードとなるだろう。

2連勝で5位に浮上した横浜FMは、アウェイで湘南との“神奈川ダービー”に挑む。2試合連続4得点と攻撃陣が好調で、マルコス ジュニオールとエジガル ジュニオの外国籍コンビが今節も重要な役割を担いそうだ。一方の湘南は前節、神戸に4失点の完敗を喫した。今節はU-20代表組に加え、山根 視来と山﨑 凌吾の2人が出場停止に。苦しい台所事情のなかで迎える一戦となるが、代わって出場する選手が意地を見せたいところだ。

鹿島はG大阪の本拠地に乗り込む。前節は鳥栖に敗れ連勝が3でストップ。終了間際の失点で敗れただけに、終盤の戦い方に細心の注意を払いたいところ。対するG大阪は2試合負けなしと復調の気配を漂わせている。2試合連続無失点と守備に安定感が生まれてきており、今節も鹿島の攻撃に対して粘り強く対応したい。

広島は前節3得点に絡んだ森島 司が今節もキープレーヤーとなりそうだ!
広島は前節3得点に絡んだ森島 司が今節もキープレーヤーとなりそうだ!

札幌はホームに広島を迎える。3試合勝ちがなく、得点も奪えていない。攻撃の形は作れているだけに、前線の奮起が求められる。広島は前節、浦和に快勝を収め、連敗を5で食い止めた。3得点に絡んだ森島 司が今節もキープレーヤーとなりそうだ。

磐田はホームで神戸と対戦。前節は横浜FMに4失点の完敗。持ち前の守備組織が崩れただけに、このポイントの修正がテーマとなる。対する神戸は湘南相手に快勝を収め、連敗から抜け出している。調子を上げてきたダビド ビジャに再びゴールが生まれるのか。そのパフォーマンスに注目が集まる。

鳥栖は3連勝と完全復調。1-0で勝つ鳥栖らしさが蘇っており、今節も粘り強い守備を保ち、一瞬の隙を突く戦いに勝機を見出すだろう。対するC大阪もここ4試合で3勝と調子を上げている。首位チームを撃破した勢いを、今節にも持ち込みたいところだ。

松本はホームで清水と対戦。前節は名古屋に1-0で勝利。得点力不足の課題は解消されていないものの、安定した守備を軸に試合を進めていくはずだ。清水は前節、仙台に競り勝ち5試合ぶりの勝利を手にした。ここ2試合で3得点と調子を上げてきたドウグラスが、今節も重要な役割を担うだろう。

■各試合の見どころをチェック
湘南vs横浜FM
札幌vs広島
仙台vs名古屋
FC東京vs大分
磐田vs神戸
鳥栖vsC大阪
松本vs清水
川崎Fvs浦和
G大阪vs鹿島

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旬のキーワード