今日の試合速報

Jリーグオリジナルネックウォーマー
Jリーグオリジナルネックウォーマー

コメントをする

ニュース

一覧へ

2019年10月11日(金) 19:25

首位の群馬はアウェイで秋田と対戦。追いかける北九州はホームに岩手を迎え撃つ【プレビュー:明治安田J3 第26節】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
首位の群馬はアウェイで秋田と対戦。追いかける北九州はホームに岩手を迎え撃つ【プレビュー:明治安田J3 第26節】
首位の群馬は、アウェイで4戦負けなしと好調をキープする秋田と対戦

明治安田生命J3リーグは、12日に開催が予定されていた藤枝vs讃岐、C大23vs福島、沼津vsF東23の3試合が台風の影響で中止となり、13日に代替開催される。また13日に予定されていた八戸vs相模原は14日に変更となっている。

首位の群馬は、アウェイで秋田と対戦。前節は藤枝と引き分け連勝が7でストップしたものの、11試合負けなしと安定した戦いを続ける。好調を維持する髙澤 優也は、今節も爆発するか。一方の秋田も4戦負けなしと好調をキープ。守備の安定が保たれているだけに、首位チーム相手にも互角の戦いを演じるはずだ。

2位の北九州は、ホームに岩手を迎える。前節はC大23に敗れ、連勝が5でストップ。今節は巻き返しの一戦となる。チャンスを作りながらも決定力を欠いた前線の奮起が求められるだろう。対する岩手は4連敗で17位に転落。今節の結果次第では最下位に落ちる可能性もある。4試合で11失点の守備もさることながら、2得点しか奪えていない攻撃面の改善も求められる。

3位の藤枝はホームで讃岐と対戦。前節は首位の群馬と引き分けたものの、終了間際に追いつかれただけに勝点2を失った印象が強いだろう。エースの森島 康仁は好調を維持しているだけに、粘り強い守備を保てるかがポイントとなる。讃岐は4試合勝利がなく、12位に沈む。得点力に課題を抱えるなか、1点を守り抜く戦いを実現できるか。

4位の熊本はアウェイで富山と対戦。2試合勝利がなく、踏ん張りどころの一戦となる。前節は最下位のF東23に完敗。2試合連続で複数失点を喫していている守備の再構築が求められる。一方の富山は5連勝と勢いに乗る。2位の北九州との差を5ポイントに詰めており、逆転での昇格も視野に入れる。上位撃破を実現し、その可能性を高めたい。

鳥取はホームにG大23を迎える。前節は讃岐に競り勝ち、6位に浮上した。決勝点を決めた三沢 直人が今節もカギを握りそうだ。G大23は4連敗と元気がない。2試合連続ゴール中の白井 陽斗が復調のキーマンとなるか。

C大23はホームで福島と対戦。前節は北九州に快勝を収め、連敗を4で食い止めた。Jリーグ初ゴールを決めた18歳の藤尾 翔太が注目選手となる。福島は2連勝で7位に順位を上げている。2試合連続2ゴールの武 颯が今節も重要な役割を担いそうだ。

長野は3試合負けなしと復調の気配を示す。今節はホームでYS横浜と対戦。守備の安定感が高まるなか、少ないチャンスをものにする戦いを展開したい。対するYS横浜は2連敗中。前節は福島に5点を奪われ敗れている。アグレッシブなスタイルを標榜するなか、リスクマネジメントの意識も高めたいところだ。

八戸はホームで相模原と対戦。2連勝と調子を上げており、今季初の3連勝を狙う。2試合連続クリーンシートを達成した守備陣の出来が、今節もポイントとなるだろう。相模原は前節沼津に快勝を収め、連敗を5で食い止めている。調子を上げてきた上米良 柊人のパフォーマンスに注目が集まる。

最下位に沈むF東23は、沼津の本拠地に乗り込む。前節は熊本に快勝を収め、12試合ぶりに勝点3を手にした。上位陣を撃破したその勢いを今節にも持ち込めるか。対する沼津は2連敗と調子を落としており、巻き返しを狙う。2試合で5失点の守備の修正が何よりのテーマとなる。

■各試合の見どころをチェック
秋田vs群馬
長野vsYS横浜
鳥取vsG大23
藤枝vs讃岐
北九州vs岩手
C大23vs福島
沼津vsF東23
富山vs熊本
八戸vs相模原

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

EAFF E-1サッカー選手権
2019年12月18日(水)19:30 Kick off

旬のキーワード