今日の試合速報

2019 J1参入プレーオフ決定戦
2019 J1参入プレーオフ決定戦

コメントをする

ニュース

一覧へ

2019年11月8日(金) 18:20

前節足踏みの柏は、今節こそ昇格を決められるか。栃木と岐阜は21位以下が確定も【プレビュー:明治安田J2 第40節】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前節足踏みの柏は、今節こそ昇格を決められるか。栃木と岐阜は21位以下が確定も【プレビュー:明治安田J2 第40節】
昇格の可能性がある首位に立つ柏は、5試合負けなしで残留に大きく近づく鹿児島と激突!

明治安田生命J2リーグも、いよいよ残り3試合。今節にも昇格チームと21位以下のチームが決定する可能性がある。

昇格の可能性があるのは首位に立つ柏。現在勝点75で、3位の横浜FCに5ポイント差をつける。今節、柏が勝利し、横浜FCが引き分け以下に終わった場合、両者の勝点差は7に拡大し、柏の2位以内が確定する。

その柏は今節、ホームに鹿児島を迎える。前節は大宮に競り負け足踏みを強いられただけに、巻き返しの一戦となる。リードを守り切れなかった守備の修正が求められるだろう。鹿児島は5試合負けなしで残留に大きく近づいている。5試合でわずか1失点の堅守を武器に、首位チームに挑む。

2位の大宮は、栃木の本拠地に乗り込む。前節は柏に勝利し、水曜日に行われた36節の福岡戦にも3-0と快勝。首位の柏に勝点3差に迫っており、逆転優勝も見えてきた。7試合連続で複数得点を続ける攻撃力を打ち出し、4連勝を狙う。対する栃木は今節の結果次第で、21位以下が確定する可能性がある。条件は栃木が敗れ、19位の町田、20位の鹿児島がともに勝利した場合となる。残留の可能性を広げるためには、最低でも勝点1を確保したいところ。持ち前の堅守を取り戻し、大宮の攻撃に対抗したい。

栃木より追い込まれているのは最下位に沈む岐阜だ。今節敗れた時点で21位以下が確定。引き分けても町田と鹿児島が引き分け以上、勝利しても町田と鹿児島が勝点3を手にすれば21位以下が決まる状況だ。今節は新潟の本拠地に乗り込む。前節7失点を喫した守備を修正し、残留への望みをつなぎたい。一方の新潟は前節栃木に敗れ、プレーオフ進出の可能性が潰えた。とはいえ一つでも上の順位を目指すべく、意地を見せたいところ。レオナルドとシルビーニョの強力コンビにかかる期待は大きい。

徳島vs横浜FCは好調同士が激突!自動昇格争い生き残りを懸けた直接対決に注目が集まる
徳島vs横浜FCは好調同士が激突!自動昇格争い生き残りを懸けた直接対決に注目が集まる

徳島と横浜FCも注目の大一番となる。現在5位の徳島は12試合負けがなく、現在は4連勝中。前節は岐阜相手に7ゴールと大勝を飾った。今節の結果次第では自動昇格の可能性も生まれるだけに、高いモチベーションを備えてこの試合に臨むはずだ。一方、3位の横浜FCも2連勝と再び調子を上げている。こちらも自動昇格に向けて負けられない一戦となる。斉藤 光毅ら若きタレントのパフォーマンスがカギを握りそうだ。

4位の山形はホームに長崎を迎える。前節、水戸との上位対決に敗れたダメージを振り払い、自動昇格への望みをつなげられるか。対する長崎は4連敗と元気がない。4試合で10失点の守備の修正が何より求められるだろう。

水戸は前節、山形に快勝を収め、プレーオフ出場圏内に踏みとどまった。攻撃面に再び勢いが生まれているだけに、今節も果敢な戦いを見せるだろう。対戦相手の愛媛は前節、町田に快勝を収め、連敗を3で食い止めた。前節結果を出した近藤 貴司がキープレーヤーとなりそうだ。

7位の岡山は金沢の本拠地に乗り込む。前節は鹿児島に引き分け、3連勝ならず。不発に終わった攻撃陣が、意地を見せられるか。一方の金沢は前節千葉に敗れ、プレーオフ出場が厳しくなった。ホームで勝点3を手にし、望みをつなげたい。

8位の甲府はホームに福岡を迎える。前節は京都に競り勝ち、逆転でのプレーオフ出場の可能性を高めた。もっともここ4試合は複数得点を奪えておらず、攻撃面が湿りがち。4試合ゴールがないピーター ウタカの爆発が待たれる。対する福岡は勝ち負けを繰り返す状況ながら、今節の結果次第で残留が確定する。水曜日の大宮戦で3失点を喫した守備の改善がテーマとなりそうだ。

京都は前節甲府に敗れ、9位に転落。それでもプレーオフ出場の可能性は十分に残されている。攻撃の形はできているだけに、一美 和成の決定力にかかる期待は大きい。対する琉球は前節、山口に競り勝った。ゴール量産中の上門 知樹が今節も注目選手となる。

千葉はホームに東京Vを迎える。前節は金沢に競り勝ち、連敗をストップ。久しぶりに結果を出した船山 貴之が今節もカギを握りそうだ。一方の東京Vは2連敗と調子は下降気味。早い時間帯での失点が目立つだけに、試合の入り方に注意を払いたい。

町田は10試合勝利がなく、残留争いから抜け出せていない。10試合でわずか5得点の攻撃面を改善できないようだと、この苦境から脱することは難しいだろう。対戦相手の山口は前節琉球に競り負け、6試合ぶりに黒星を喫した。終了間際の失点に泣いただけに、90分を通した安定した試合運びが求められる。

■各試合の見どころをチェック
新潟vs岐阜
柏vs鹿児島
山形vs長崎
水戸vs愛媛
栃木vs大宮
町田vs山口
甲府vs福岡
金沢vs岡山
徳島vs横浜FC
千葉vs東京V
琉球vs京都

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ放送

一覧へ

EAFF E-1サッカー選手権
2019年12月14日(土)19:30 Kick off

旬のキーワード