今日の試合速報

新型コロナウイルスの影響による開催延期試合のチケットの取り扱いについて

コメントをする

ニュース

一覧へ

2019年12月20日(金) 18:30

2019年J2個人ランキングを発表!際立ったクリスティアーノの攻撃力【Jリーグ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年J2個人ランキングを発表!際立ったクリスティアーノの攻撃力【Jリーグ】
個人のパフォーマンスに目を向けると、際立ったのは柏の外国籍コンビだ。27ゴールを挙げたオルンガと19ゴールのクリスティアーノ。この2人の存在が柏の昇格の大きな要因となった

今季の明治安田生命J2リーグは、圧倒的な強さを見せた柏の優勝で幕を閉じた。この柏とともに、2位の横浜FCがJ1昇格を達成。徳島は湘南とのJ1参入プレーオフ決定戦で引き分け、昇格はならなかった。

個人のパフォーマンスに目を向けると、際立ったのは柏の外国籍コンビだ。27ゴールを挙げたオルンガと19ゴールのクリスティアーノ。この2人の存在が柏の昇格の大きな要因となった。

もっともこの2人を抑えて得点ランクのトップに立ったのは新潟のレオナルドだ。今季鳥取から加入したストライカーは、28得点とゴールを量産。最終節にオルンガが1人で8ゴールを決める驚異の追い上げを見せたが、1点差で逃げ切りを果たし、J2最強ストライカーの称号を手にしている。

日本人のトップは長崎の呉屋 大翔。G大阪から期限付き移籍加入した25歳のストライカーにとって飛躍のシーズンとなったはずだ。

※画像をクリックして拡大

データ

アシスト部門でトップに立ったのはクリスティアーノだ。その数は18と、2位に大差をつけた。ゴール数19と合わせれば実に37得点に絡んだことになり、チーム総得点の4割以上を生み出している。2位は徳島の野村 直輝。卓越したパスワークで、徳島の躍進を演出した。

※画像をクリックして拡大

データ

シュート部門でもクリスティアーノがトップ。2位はオルンガで、柏コンビが上位を独占。得点王のレオナルドは枠内率60%超と正確なフィニッシュワークを見せた。

※画像をクリックして拡大

データ

ドリブル部門のトップもクリスティアーノだ。さらにクロス部門も1位となっており、攻撃のほとんどの部門でトップに立った。そのパフォーマンスはまさにJ2レベルを超越したものだったと言えるかもしれない。

※画像をクリックして拡大

データ

スルーパス数では江坂 任(柏)が1位となり、クリスティアーノはここでも3位に顔を出している。パス数ではポゼッションスタイルを標榜した京都の3選手がトップ10に入る結果となった。

※画像をクリックして拡大

データ

空中戦の強さを見せたのは栃木のヘニキだ。敵陣では1位となり、自陣でも4位にランクイン。攻守両面でその高さが生かされた。自陣空中戦数1位の栗山 直樹(山形)は、シュートブロック数でも2位に入っており、高さと強さを生かして、山形の堅守を支える存在だった。

※画像をクリックして拡大

データ

タックル数では柏のボランチ、ヒシャルジソンが1位となり、セーブ率では柏の守護神・中村 航輔が堂々のトップに輝いている。最多得点・最少失点で優勝を成し遂げた柏勢が、ほとんどの部門でトップに立つ結果となった。

※画像をクリックして拡大

データ

なお今季、フィールドプレーヤーで全試合にフル出場したのはカルフィン ヨン ア ピン(横浜FC)と大武 峻(新潟)の2人のみ。途中出場数が最も多かったのは、新潟の矢野 貴章だった。

※画像をクリックして拡大

データ

データ提供:データスタジアム

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旬のキーワード