今日の試合速報

ルヴァン決勝 一般発売は26日(火)18:00から
ルヴァン決勝 一般発売は26日(火)18:00から

ニュース

一覧へ

2021年9月30日(木) 15:10

川崎Fが4連勝で再び横浜FMを突き放す。3戦全勝の浦和がACL出場争いに名乗り【マンスリーレポート(9月):明治安田J1】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
川崎Fが4連勝で再び横浜FMを突き放す。3戦全勝の浦和がACL出場争いに名乗り【マンスリーレポート(9月):明治安田J1】
9月の4試合はすべてに勝利した川崎F。2試合連続で終了間際の決勝点で勝利するなど、連覇に向けて再び勢いを加速させている

明治安田生命J1リーグは、9月に28節から30節までの3節分が開催。ただし、順延試合やACL出場チームの試合が前倒しで開催されたため、各チームの消化試合数にばらつきが出ている。

そんななかで力強い戦いを見せたのが首位の川崎Fだ。一時は2位の横浜FMに勝点1差に詰め寄られたが、9月の4試合はすべてに勝利。その差を12に広げている。2試合連続で終了間際の決勝点で勝利するなど、圧巻の勝負強さを披露。連覇に向けて再び勢いを加速させている。

一方、追いかける横浜FMは1勝1分1敗と思うように勝点を積み上げられなかった。名古屋との上位対決に敗れ、最下位の横浜FCには勝ち切れず。再び開いた川崎Fとの差を残り試合でどこまで詰められるか。最終節に控える直接対決まで、望みをつなぎたいところだ。

3位の名古屋は横浜FMを撃破するなど、3勝1分と8月から続く好調を維持した。持ち前の堅守に加え、シュヴィルツォクがフィットし、得点力が向上してきたことで勢いが生まれている。4位の神戸は直近の試合で川崎Fに敗れたのが痛かった。それでも今夏に加入した武藤 嘉紀が2試合連続ゴールを記録するなど、残り試合に向けた前向きな材料も見られている。

浦和は9月の3試合で全勝し、5位に浮上。江坂 任、酒井 宏樹ら新加入組もフィットしているだけに、さらなる浮上も狙えそうだ
浦和は9月の3試合で全勝し、5位に浮上。江坂 任、酒井 宏樹ら新加入組もフィットしているだけに、さらなる浮上も狙えそうだ

浦和は9月の3試合で全勝し、5位に浮上。江坂 任、酒井 宏樹ら新加入組もフィットしているだけに、さらなる浮上も狙えそうだ。福岡も2勝1分と無敗で乗り切り、昇格1年目での残留をほぼ確定させている。3試合で4ゴールを奪ったフアンマ デルガドの活躍が光った。

残留争いは熾烈を極める。16位の湘南が未勝利に終わったのに対し、17位の徳島、18位の仙台、19位の大分はそれぞれが1勝をあげて、わずかにその差を詰めている。一方で8月に復調の気配を見せた20位の横浜FCは、9月は1分2敗と結果を出せなかった。残留圏となる16位の湘南に8ポイント差を付けられるなか、徳島、湘南と残留争いの直接対決が待ち受ける10月の戦いが、運命を左右するだろう。

明治安田生命J1リーグ結果(9月)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020Jリーグ年間総括レポートリ

テレビ放送

一覧へ

JリーグYBCルヴァンカップ 決勝
2021年10月30日(土)13:05 Kick off

旬のキーワード