今日の試合速報

6/28 (火) 07:00-07:30の間、メンテナンスのためサイトの閲覧ができなくなります。ご了承ください。

ニュース

一覧へ

2022年6月6日(月) 22:20

少ないチャンス生かせず、終始試合を圧倒した強豪ブラジルに敗れる【サマリー:キリンチャレンジカップ2022 日本vsブラジル】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
少ないチャンス生かせず、終始試合を圧倒した強豪ブラジルに敗れる【サマリー:キリンチャレンジカップ2022 日本vsブラジル】
ネイマールにPKで先制点を許し、ブラジルの守備を最後まで崩すことができなかった

日本代表は6日に国立競技場でブラジル代表と国際親善試合を行ない0-1で敗戦を喫した。

日本は4日前のパラグアイ代表戦からスタメン8人を変更。GKは権田 修一、最終ラインには板倉 滉、長友 佑都、中山 雄太の3人が先発として名を連ね、中盤には田中 碧が入り、3トップは南野 拓実、伊東 純也、古橋 亨梧が形成。吉田 麻也、遠藤 航、原口 元気の3人は2試合連続のスタメンとなった。

試合は開始早々にポスト直撃のシュートを浴びてひやりとさせられたが、その後はブラジルの攻撃を落ち着いていなし、時折素早い攻撃から相手ゴールに迫った。

ところが20分を過ぎたあたりから強度を高めたブラジルに対し、守勢に回る時間が増えると、際どいシーンを次々に作られてしまった。

権田の好セーブもあり無失点で試合を折り返すと、後半もブラジルペースで進行。日本は選手交代などで打開を図るも、流れは大きく変わらなかった。

すると77分にネイマールにPKを決められて、先制されてしまう。追いかける日本は途中出場の三笘 薫の突破などでチャンスを作ったが、ブラジルの守備を最後まで崩すことができず、0-1の敗戦に終わった。

■試合データ
日本vsブラジル

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オフサイド
ビルドアップ
2021Jリーグ年間総括レポートリ

テレビ放送

一覧へ

明治安田生命J1リーグ 第19節
2022年7月2日(土)19:00 Kick off

旬のキーワード